44件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

近隣住民に職能訓練プログラム JX金属グループは、チリのカセロネス銅鉱山で、雇用機会の平等や人材の多様性の確保を進めている。... 2006年の権益取得以降、JX金属グループが中心と...

【切り替え急ぐ】 JX金属はチリのカセロネス銅鉱山で使用する電力を全て再生可能エネルギー由来に切り替えた。... 住友金属鉱山は生産拠点でのCO2フリー電力の切り替えを進める。...

非鉄各社、資源事業強化 権益取得・操業改善で生産拡大 (2021/2/25 素材・医療・ヘルスケア)

JX金属の村山誠一社長はチリのカセロネス銅鉱山の全権益取得について狙いを語る。... 選鉱工程の自動化を導入するなどJX金属グループを中心に3社共同で開発を推進してきた銅鉱山だ。 ....

ENEOSの4―12月期、営業益39%減 チリ鉱山減損響く (2021/2/11 建設・生活・環境・エネルギー)

ENEOSホールディングス(HD)が10日発表した2020年4―12月期連結決算(国際会計基準)は、チリのカセロネス銅鉱山の減損損失694億円を計上した影響などで営業利益が前年同期比39・6%減の13...

一方、データ通信需要が増え、半導体用ターゲットや圧延銅箔の需要が好調に推移している。... ベース事業のうち資源事業では、チリのカセロネス銅鉱山の操業改善に取り組み、22年度までに完全黒字化を目指す」...

JX金属は、チリのカセロネス銅鉱山において、二酸化炭素(CO2)フリー電力へ全量を切り替える。... これによりカセロネス銅鉱山で使用する電力の全量が再生可能エネルギー由来となるとともに、電力使用に係...

JX金属の同4―9月期は、データ通信需要の増大に伴い機能材料・薄膜材料の販売量が増加したが、チリのカセロネス銅鉱山の減産や硫酸市況の悪化により、売上高は前年同期比で微減となった。住友金属鉱山は、車載用...

JX金属は9日、チリのカセロネス銅鉱山の全権益を取得すると発表した。... これによりJX金属がカセロネス銅鉱山の全権益を取得し、今後はJX金属がカセロネス銅鉱山の経営を担う。... カセロネス銅鉱山...

自動車の生産減や半導体関連の需要が失速したほか、銅価格の大幅下落が各社を直撃した。... JX金属はチリのカセロネス銅鉱山の生産量増加も、銅価格下落や電子材料の販売減などから当期減益。... 住友金属...

「チリのカセロネス銅鉱山については、操業の安定化や生産性向上などに注力した結果、挽回して着実な生産量の増加を実現した。銅価格は下落基調にあったが、19年度も営業黒字の達成を維持できる見通しだ。しかし一...

JX金属と三井金属は、銅製錬の共同事業を解消する。... 2社は銅製品の共同販社として00年にPPCを設立し、06年には製錬機能も統合するため、2社の傘下にあった製錬所・工場をPPCへ集約した。......

「チリでは冬場の厳しい季節であるこの上期に前年比プラス20%の生産量改善を実現することができた」とうれしげなのは、JXTGホールディングス(HD)社長の杉森務さん。チリのカセロネス銅鉱山の2019年度...

米中貿易摩擦を背景に銅の国際価格が下落し、“上流”の鉱山開発を主体とした資源事業の収益悪化が業績を直撃した格好だ。... 住友金属鉱山の安川修一執行役員は、19年4―9月期連結決算の減益要因についてこ...

「チリのカセロネス銅鉱山の生産量が計画を上回った」と金属事業を語るのは、JXTGホールディングス(HD)取締役常務執行役員の太内義明さん。... 懸念材料は銅価格だ。... カセロネス銅鉱山の収益力強...

JX金属はチリのカセロネス銅鉱山の生産改善が進み営業損益で黒字に転換した。... また、圧延銅箔など生産能力の増強が寄与した。 ... 三井金属はスマートフォン向け極薄銅箔が減販。

三井金属はスマホ向け極薄銅箔が減販。... 東邦亜鉛は豪州の亜鉛・鉛鉱山の採掘計画変更に伴う減損損失を計上。... 一方、JX金属はチリのカセロネス銅鉱山の生産改善が進み、連結営業利益予想を同30億円...

JXTGの4―12月期、増収増益 原油急落もしのぐ (2019/2/11 建設・エネルギー・生活)

金属事業もチリのカセロネス銅鉱山の生産が回復しており、全セグメントが営業増益だった。

我々の営業努力次第だ」 ―今後の銅鉱山投資については。 「まずは17年度に減損損失を計上したチリのカセロネス銅鉱山の財務体質をしっかりさせる方が先だ。... 将来の...

JXTGの4―9月期、営業益2.3倍 原油高を製品に転嫁 (2018/11/8 建設・エネルギー・生活1)

金属事業ではチリのカセロネス銅鉱山の生産が回復。

金属事業では銅価上昇とともにチリのカセロネス銅鉱山の生産が回復し、収益を押し上げた。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる