電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

27件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

ニコン、高速トラッキングカメラ試作 複数視野を1台で同時取得 (2023/12/6 電機・電子部品・情報・通信1)

同カメラは、ニコンが戦略事業に位置付けるデジタルマニュファクチャリング事業に含まれる。

サンワテクノス、エムテックとシステム開発 高精度にロボ位置補正 (2023/11/16 電機・電子部品・情報・通信2)

サンワテクノスは自動化設備などの開発を手がけるエムテック(北九州市八幡西区)と共同で、仮想空間を用いたデジタルマニュファクチャリングを実現する「3D Connect シ...

ニコンの売上高規模はデジタルカメラを主力とする映像事業が低迷し縮小傾向にある。... 半導体露光装置などの精機事業ではデジタル露光、映像事業では映像コンテンツ、ヘルスケア事業では細胞受託生産・創薬支援...

経営ひと言/ニコン・馬立稔和社長「大きな進展」 (2022/11/22 電機・電子部品・情報・通信)

「デジタルマニュファクチャリング事業において(2023年3月期の)上期に大きな進展があった」と振り返るのは、ニコン社長の馬立稔和さん。

ニコン、独SLMを840億円で買収 金属積層造形シェア拡大 (2022/9/5 電機・電子部品・情報・通信)

こうした背景から3Dプリンターでの材料加工を含めた「デジタルマニュファクチャリング事業」を戦略事業と位置付けており、21年4月には宇宙航空機部品の受託加工を手がける米モーフ3D(カリフォルニア...

直近では20年6月に発売したデジタル一眼レフ「D6」以降、新たな製品を投入していなかった。... デジタルカメラを含む映像事業ではコスト削減に取り組んできた。... ニコンは4月に発表した中期経営計画...

細胞受託生産や創薬支援などを行うヘルスケア、光学・EUV関連などのコンポーネント、材料加工などを手がけるデジタルマニュファクチャリングを戦略事業とし、売上高全体に占める同事業の比率を、21年度の27&...

インタビュー/ニコン・柴崎祐一執行役員 材料加工、新たな柱に (2021/11/2 電機・電子部品・情報・通信1)

加工受託サービスから装置販売までを網羅できる」 ―成長領域に置くデジタルマニュファクチャリング事業を柱にしていく戦略は。 ... デジタルでの部...

モーフ3D、米LAに新拠点 製造プロセス共同開発 (2021/10/21 電機・電子部品・情報・通信2)

ニコン子会社で宇宙航空機部品の受託加工を手がける米モーフ3D(カリフォルニア州)は、2022年初頭にも米ロサンゼルスに新拠点「アプライド・デジタル・マニュファクチャ...

そのため将来を見据えて取り組むのが、設計データを仮想空間と現実空間で連携するデジタルマニュファクチャリングだ。

経営ひと言/ニコン・馬立稔和社長「3領域に自信」 (2020/6/8 電機・電子部品・情報・通信)

デジタルマニュファクチャリングやロボットと映像の活用、ヘルスケアが長期成長領域。

ミスミグループ本社では設計データの連携など「デジタルマニュファクチャリング」を推進し、製造工程のデジタル化を進めてきた。

デジタルマニュファクチャリングを大幅に取り入れる。... 「産業界の役割はデジタル変革(DX)により新たな付加価値に結びつけ、世界経済を活性化につなげていくことではないか。

SAP、製造業向け新ソリューション 供給網全体つなぐ (2018/8/10 電機・電子部品・情報・通信2)

SAPジャパン(東京都千代田区、福田譲社長、03・6737・3000)は、製造業向けの新しいソリューション「デジタル・マニュファクチャリング・クラウド」の提供を始めた。... デジタル...

ワークプレイスハブは、関連機器やソリューションをセットで提案する「デジタルマニュファクチャリング」のIoT基盤にも使える。

コニカミノルタは2017年度以降に、IoT(モノのインターネット)を使った自社開発の生産改善手法「デジタルマニュファクチャリング」をサプライヤーへ展開する。... それら改善作業で使う...

展望2017/コニカミノルタ社長・山名昌衛氏「M&Aで不足要因 補完」 (2017/1/25 電機・電子部品・情報・通信1)

デジタルマニュファクチャリングなど、現在(のビジネス)とかけ離れているものもある。... 例えば監視カメラは、既存製品やサービスの付加価値を高め、新事業のデジタルマニュファクチャリング...

コニカミノルタ、国内子会社2社を統合 (2016/2/23 電機・電子部品・情報・通信1)

今後はモノのインターネット(IoT)を活用した「デジタルマニュファクチャリング」を進めて、生産自動化や効率化を加速する。

粉末床溶融結合法は3Dデータから最終製品を直接製作する工業用DDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)で、造形物の高い寸法精度と強度を実現できる。

キャッチフレーズは「ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング(DDM)」。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン