電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,363件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

政府はデフレ脱却後に向けた経済政策の検討に入った。... デフレ脱却宣言の環境は整いつつあり、宣言の時期は賃上げや定額減税の効果が出る24年夏以降が取り沙汰される。... 9月の自民党総裁選を見据え、...

デフレからの完全脱却に向け、労使が「共闘」した2024年春季労使交渉(春闘)。

十倉会長は「デフレマインド払拭に向け、新たに行動規範をつくっていく。

岸田文雄政権は今春闘をデフレ脱却に向けた千載一遇のチャンスと位置付け、中小企業の価格転嫁を「新たな商習慣」とするよう労使に訴えていた。... 雇用の7割を占める中小企業の収益を改善し、政府が「デフレ脱...

政府の経済政策についてはデフレ脱却の大きなチャンスという。

13年12月にデフレの表現は削除したが、デフレ脱却の定義を「物価が持続的に下落する状況を脱し、再びそうした状況に戻る見込みがない」とし、デフレ脱却宣言は出していない。 ... 民間は...

日本経済はデフレ脱却の好機にあるが、世界的に地政学リスクが高まっているほか、主要国で重要選挙が控えており先行きは不透明だ。... 「賃金と物価の好循環」を伴う、デフレ脱却が見えてきた。 ...

連合の目標「賃上げ率5%以上」を現時点でクリアしており、デフレ脱却に向けた労使の熱量を感じる。

賃金も物価も上がらないというデフレ思考が解消されるには「相当な時間がかかる」と強調した。

2カ月連続の上昇で、デフレ圧力は緩和されつつある。

内需の落ち込みでデフレ懸念が強まる中、財政出動により景気対策を加速する方針を打ち出していた。

堅調な企業業績やデフレ脱却を背景に、日本株式市場は一定の上昇基調が続くとみられる。

デフレ環境からインフレ局面へと移り変わる中、取引慣習も変わろうとしている。 ... デフレ下では不当な値下げを規制することに意味があった。

高付加価値を追求 成長・変化余力に期待 日本経済がデフレ脱却に向けた正念場を迎える中、政府は国内投資や地方の賃金水準の上昇をけん引してきた中堅企業を成長の担い手と位置付け、中...

中小として成長するのではなく、中堅へとジャンプアップするシームレスな成長を後押ししていく」 ―日本経済は長期のデフレマインドから脱却する重大な局面を迎えています。

デフレからの完全脱却に向け、親事業者には価格転嫁への全面的な理解・協力を求めたい。

日本経済はデフレが長年続いてきたが、コロナ禍を経て物価上昇圧力が強まっている。

新NISA、大きな追い風 デフレ脱却の進展や想定を上回る賃上げ、新しい少額投資非課税制度(NISA)の導入などを受け、個人と企業の投資意欲が増加している。

同一労働同一賃金による処遇改善や、非正規の正規化も推進することでデフレに戻らない経済に再生したい。

岸田文雄首相が「政策を総動員して(中小の賃上げを)後押しする」と表明したのは、雇用の7割を占める中小企業の動向がデフレ脱却のカギを握るからだ。... (長野県佐久市)&...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン