620件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

太陽光パネルに使う銀など産業用途主体の貴金属は低調だが、景気変動時には市場が動意づくため「投資家へ情報提供し、まだまだ啓発していく必要がある」(楽天証券の横沢厳美株式・デリバティブ事業部長)と取引拡大...

大手銀行は契約ごとに基準の切り替えに追われるが、残高は金融派生商品(デリバティブ)を含め2000兆円を超えるため作業量は膨大。... 金融派生商品(デリバティブ)を含めると取引残高は2100兆円前後に...

既存社員ではデリバティブ(金融派生商品)部門を中心に約10人の対象者がおり、認定を受けて7月から新しい処遇が適用される。... エキスパート・コースのうち金融工学などのハイレベルな金融知識を持つ人材は...

既存社員においてはデリバティブ(金融派生商品)部門を中心に10人程度を初回認定する」 *会見・インタビューはオンラインで実施(写真は19年12月撮影)

また同日、JPX傘下の大阪取引所と東京商品取引所は、2022年9月をめどに金融派生商品(デリバティブ)の祝日取引を始めると発表した。

「9月にデリバティブ売買システムを全面更新する。... デリバティブのバックアップシステム運用は大阪で始めており、人員も40数人増えた。9月にはそのシステムを関東から関西に移す」 ―...

今後、コメ先物の本上場からその他の農産物、22年度に経済産業省所管の金・銀・プラチナなど、23―24年度には金融庁所管の指数先物・天候金融派生商品(デリバティブ)などに取り扱いを広げ、総合取引所となる...

米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの株式デリバティブ取引をめぐる巨額のデフォルト(債務不履行)問題が明るみに出た。

ポクラント氏は「デリバティブ市場はグローバルで、顧客は世界中で取引場所を探している。

「大阪取引所の岩永守幸新社長にはデリバティブ市場の機能拡充に全力を挙げてもらう」と話すのは、日本取引所グループ(JPX)最高経営責任者(CEO)の清田瞭さん。

金融サービス事業で扱う代表的な商品の一つに「デリバティブ(金融派生商品)」がある。 ... 保険とデリバティブともに見識が深い営業社員しか提案に至らなかった現状を変える狙いがある。....

デジタル化の余地が大きい新種の保険やデリバティブ商品について、原本をリップコードに送付。

拠点集積で先行する東京と差別化するため、大阪府は先物取引などの「デリバティブ(金融派生商品)」と「技術革新」を軸とした拠点整備に取り組む方針だ。

吉村洋文知事は商品先物などの金融派生商品(デリバティブ)を扱う取引所を核とし、「デリバティブと技術革新をキーワードにエッジの効いた国際都市を目指す」方針。... 大阪は集積のあるデリバティブ分野の取引...

【ロンドン=ロイター時事】ドイツ取引所は、ユーロ建てのデリバティブ(金融派生商品)のクリアリング(清算)について、各金融機関がロンドンからフランクフルトに移すための奨励策を強化する。 ...

大阪では日本取引所グループ(JPX)が7月、傘下の東京商品取引所の貴金属やゴムなど商品先物を大阪取引所に移管し、株式指数や商品先物など金融派生商品(デリバティブ)を一元的に扱う総合取引所が始動した。

大阪取引所は7月、従来の金融デリバティブ(派生商品)だけでなく、同グループの東京商品取引所から貴金属やゴムなど商品先物を移管し、国内初の総合取引所が始動した。

三井住友海上火災保険は、独立系新電力のLooop(東京都台東区)と共同で、天候デリバティブ商品を開発した。... 天候デリバティブ商品は、あらかじめ契約で定めた指標と実際の気象現象...

金融派生商品(デリバティブ)を扱う大阪取引所は別システムを使っているため、通常稼働した。

日本取引所グループ(JPX)は来秋をめどに、傘下の大阪取引所のデリバティブ市場に「米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)原油等指数先物」が上場する。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる