225件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

佐川急便は9日、9月から神奈川県横須賀市で、スマートメーター(通信機能付き電力量計)から得られる電力データを元に、人工知能(AI)が在宅を推定して最適配送ルートを設定する実証実験を行うと発表した。.....

ドイツ銀、グーグルと提携 (2020/7/9 金融)

さらに、同行はインターネット上で業務データを処理するクラウドへの移行も加速させる狙い。ドイツ銀行は発表文で、提携により世界最高水準のデータサイエンスや人工知能、機械学習といった技術の一段の活用が可能に...

DXを担う人材の確保に向けては、データサイエンス教育や統計学の専門教員を、早期に育成する体制を整える。

今後、ビッグデータなどの利用が企業価値や競争力を左右するとみて、即戦力を育てる。 ... 飛行ロボット(ドローン)やIoT(モノのインターネット)などの実習を通じ、データ活用に必要な...

(編集委員・山中久仁昭) JFEスチールの北野嘉久社長は1日、日刊工業新聞の取材に「設備投資は3年間の計画を1割圧縮する苦渋の選択をしたが、安全、環境、防災関連投資とデータサイエンス...

データサイエンスや人工知能(AI)に関する質の高い教育を、文理の壁を越えて提供するなどの人材育成策も求めた。 ... このほか行政事務のデジタル化や中小・小規模事業者のためのAI導入...

全学の基礎教育においてもコンピューター利用などの授業を行い、各学科の専門科目でコンピューター利用解析(CAE)やネットワーク、データ利活用、データサイエンスに取り組んできた。

特に近年、企業ニーズの高いDXや人工知能(AI)、データサイエンス分野の人材育成などの内容に力を入れる方針。

ソニーコンピュータサイエンス研究所(東京都品川区)社長で内閣府人工知能研究開発ネットワーク会長の北野宏明氏ら約10人の専門家から、感染症とデータサイエンスの両観点で助言を得た。

NEC、オンラインでAI人材育成 3年で20講座 (2020/6/17 電機・電子部品・情報・通信1)

加えて、内閣府の「AI戦略2019」に基づく「数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)モデルカリキュラム」準拠のAIリテラシー教育をオンライン講座内で9月から提供する。 .....

北海道大学、東日本高速道路(NEXCO東日本)などは、データサイエンス(DS)による高速道路の橋の維持管理手法を開発した。データ分析ツールを使い、複数の点検データを組み合わせて状況把握するための研修を...

島津の先端計測技術と、理研の脳科学を中心としたライフサイエンスやデータサイエンスの知見・研究成果を融合。... 設立予定の共同ラボは、ヒトの理解を深めるため、脳計測、データ解析、脳機能の本質理解といっ...

ビッグデータ(大量データ)分析などを主導する専門人材「データサイエンティスト(DS)」は20年度中に累計約350人まで増やす。... 製造現場のビッグデータ解析技術などを用いて開発したもので、全国に広...

旧帝国大学のようにサイエンスの深いところを極めるよりも、社会への実装、実用化を産学連携を通じてどんどん発信し、技術科学で最高の大学を目指したい」 ―特に期待する研究分野は。 ...

この次世代蓄電池の研究開発の現場において、近年、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)と呼ばれるデータサイエンスを用いた材料探索の高速化・効率化に関する試みが盛んである。... また、解析の基となる...

そんな数理、データサイエンス(DS)、AIの人材育成が急ピッチで進む。... 大規模な取り組みとなるため「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」で後押しする。... 「データサイエンス学...

業務内容を確定した高給与の求人は、すでにAIやデータサイエンス、セキュリティーの高度専門職人材で出始めている。

企業が求めるデータサイエンティスト(分析官)の人材像とは―。データサイエンティスト協会の調査によると、求められるデータサイエンティスト(DS)とは「データによるビジネス課題解決を得意とする人材」が最も...

これらのデータ分析や客観的根拠を示すための論理的思考は日常業務で訓練され向上する。人口減やAIやデータサイエンスの進展で大転職時代を迎えている。モノづくり企業がこのようなデータ分析・論理的思考の基本を...

新たなキャリアパスとしては「データサイエンス」「コンサルティング営業」などを設置。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる