307件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

データ教育体系を整備 東京工業大学は学士、大学院修士、同博士の全課程にわたる理工系データサイエンス(DS)・人工知能(AI)の教育体系を整備する。... 一方、学...

経済産業省はプログラミングやデータサイエンスなどの人工知能(AI)活用に必要な知見を持つ「AI人材」との協業で中小企業の課題解決を促進する事業を強化する。... 企業の実データを基に受講生同士で学び合...

NTTコンピュータ&データサイエンス研究所の徳永裕己特別研究員が量子コンピューターの最新動向をテーマにした特別講演に加え、上平教授、鷹野孝典教授によるAIの教育や福祉分野への応用を主題とした講演も行わ...

日立・インテル、AIハッカソン開催 発想・実装力競う (2021/7/7 電機・電子部品・情報・通信2)

日立のトップデータサイエンティスト(分析官)が集まる組織「ルマーダデータサイエンスラボ」が主催し、アイデア発想力や実装力の向上、業界内のネットワークづくりのほか、日立のAI・データサイエンスの認知向上...

「これからの時代はデータをいかに加工・分析し、ビジネスに活用していくかが求められている」と語るのは、中央大学理工学部長で理工学研究科委員長の樫山和男さん。 中央大は文理を問わず全学部...

ほしい人材×育てる人材(13) (2021/6/29 マネジメント)

こうした経験から強い精神力を養ってほしい」 ―人工知能(AI)・データサイエンス教育も始まりました。 「あらゆる分野でデータ分析とその活用が必要不可欠だ。理工学部で...

また、社会がモノづくりから知識集約型へ移行する中で、データサイエンスのリテラシーはどの分野でも求められる。

東京大学数理・情報教育研究センターは数理・データサイエンス(DS)・人工知能(AI)の「応用基礎レベル」教材を開発し、他大学・高等専門学校向けに無償提供を始めた。

患者データや論文情報をもとにAIを用いて判定し、通常5―10年要する作業を約3年に短縮できた。... AIの専門家が創薬部門と人材交流を盛んに行えば、データ活用のノウハウを新たな医薬品開発に生かすとい...

人材ニーズの高い情報・データサイエンス(DS)における産学・社会連携も女性活躍の後押しになる。... 言語や舞踊、地理などのデータ分析で、AIの偏見助長を防ぐジェンダーの視点を入れる。

同センターの一部署であるデータサイエンス部などが一連の取り組みを担い、関連人材の育成にも力を入れる。

対面の実習・実験を午後とし、オンラインの座学を午前に集めるなど時間割を変える必要がある」 「さまざまな専門分野を横断するデータサイエンス(DS)と人工知能(AI)の教育も、オンライン...

これで得られるデータは道路の維持管理計画の効率化や、渋滞緩和のための施策の立案などに役立つ。... さらに、こうした調査業務で得たデータをもとに「予測までするような仕組みづくりまでやりたい」と東出社長...

ジェンダー視点で独自研究 お茶の水女子大学は2023年度に人文科学のデータサイエンス(DS)・人工知能(AI)活用と、人の暮らしに役立つ生活工学などを学ぶ「共創工学部」を設置する。言...

データサイエンス(DS)と人工知能(AI)解析をいち早く全学テーマにし、2019年度には博士人材を育成する文部科学省の「卓越大学院プログラム」に採択され、注目を集めた。... 「本学なら何でもそろう海...

数理・データサイエンスなどに関する理系的な素養を身に付け、社会科学的な知識も体得して実践的に活躍できる人材を養成していく」 「本学が立地する神奈川県は首都圏の都市機能を担う一方、高齢...

経済復活、カギはデータ 出口の見えないコロナ禍。... 日本はまだデータ解析のプロが少ない。幸い、データサイエンスに取り組む大学が増えており、優れた分析者が生まれることを期待する」&...

デジタル人材の不足が指摘される中、大学で身に付けるべき素養として注目を集めるのがデータサイエンス(DS)教育だ。... 数理的思考でデータを扱い、人工知能(AI)などで分析するDSは産業、官公庁、医療...

同大は「アントレプレナー道場」やデータサイエンス分野、留学生向け、国の事業との連動などの起業教育を実施してきた。

データサイエンス(DS)に必要な3分野の専門教員が多数在籍する環境を生かし、同センター所属の教員と連携しながら系統的な教育を進める。 ... データ科学を自然科学、情報学を独立した分...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる