電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

155件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

双日は4月1日付で前執行役員経営企画、新エネルギー・脱炭素領域担当本部長の植村幸祐氏が社長に就任した。社長交代は7年ぶり。藤本昌義前社長は成長投資を単発で積み上げず事業の幹を着実に...

北越製紙が紀州製紙を吸収合併し、誕生から13年たつ北越コーポレーション。国内洋紙メーカーの連結売上高では4番手に位置する。事業運営は地道なものだが、2012年に大王製紙の筆頭株主と...

マクセルは技術畑出身者が現社長の中村啓次氏(57)を含めて3代続いている。混合分散、精密塗布、そして高精度成形の三つの技術を軸とした「アナログコア技術」の強みを発揮...

カーリットホールディングス(HD)の2024年は新たな節目を迎える年だ。7月に社名を「カーリット」に変更し、10月には子会社の日本カーリット(東京都中央区&...

横浜ゴムは自動車用タイヤや農業用機器などで使用する非自動車用タイヤを生産、販売している。プレミアムタイヤやスタッドレスタイヤなど自動車用タイヤは自動車ユーザーの中で高い認知度と人気...

本業の建設以外の事業の強化は、高瀬社長がトップになった18年からのテーマでもある。... トップに就任する6月以降、計画達成に向けてスピード感の一層の向上が期待される。... いずれにしても「伝統と革...

ジェーシービー(JCB)は主要株主だった旧三和銀行(現三菱UFJ銀行)とのつながりが強く、歴代の社長には三和銀行出身者が就いている。銀行からJCBの...

このため、今後の日立ではいずれ海外出身のトップが誕生する可能性も考えられる。

上月社長はマーケッターとして消臭芳香剤「消臭力」をシェアトップに押し上げた実績を持ち、業務用事業のエステーPRO社長も務めた。

同省との交渉の面などから事務系トップが有利とみる向きも業界にはある。 ... 芝田社長はトップの条件について「我々の会社で最も仕事をするのは現場の社員だ。私は彼らのことを“子どもたち...

経営の連続性を鑑みてもこの傾向は続くとみられ、技術に精通していることがトップの素養の一つになっているようだ。

アズビルは計測・制御大手としてプラントやビルの稼働を支える。旧社名の山武でも知られる。2020年就任の山本清博社長の下、24年度までの中期経営計画では売上高3000億円、営業利益360億円達成に向けて...

次期トップには永守氏が目標に掲げる10兆円企業への道筋を示すことが託される。

同社は印刷インキで世界トップシェアを誇る。... 今後は買収事業の経営統合作業(PMI)によって得られる果実の刈り取りや既存事業の稼ぐ力の強化など、成長の実現に向けてトップの手腕が試さ...

住友生命保険は創業者の岡本敏行氏により1907年に「理想の会社を創ろう」との志の下、「日之出生命保険」として誕生した。26年には住友生命保険に社名変更し、信用・確実や進取の精神を持ちつつも浮利に走るこ...

クラレは2021年から、繊維・樹脂の営業、経営企画出身の川原仁氏が社長を務める。2000年代以降の同社社長は、00年就任の和久井康明氏、08年就任の伊藤文大氏と、人事出身者が2代続いた。その後、同社社...

昭和電工と昭和電工マテリアルズ(旧日立化成)が統合し、2023年1月に発足したレゾナック・ホールディングス(HD)。新たなパーパス(存在意義...

タイヤ事業やゴルフなどスポーツ用品事業、産業品事業と幅広い事業を展開している住友ゴム工業。特に主力事業とも言えるタイヤ事業では、ブランド「ダンロップ」「ファルケン」で豊富な商品群を...

07年には「CEOサクセッション」を始め、透明性の高いプロセスで次世代のトップを育成、選抜する体制を作った。

国内投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)陣営によるTOB(株式公開買い付け)成立で2023年12月20日に上場廃止となる見込みの東芝。今後の経営方針は東芝とJI...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン