72件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

三菱地所の経営トップは代々、東京・丸の内エリアを軸に時代が求める街づくりを追求してきた。... 不動産業界のトップは他業種に比べ在任期間が長く、三菱地所も6年前後での交代が多い。

地元・東北大学出身のトップが初めて就いたのは6代社長の明間輝行氏。... 9代・高橋氏以降、トップの在任期間は5年が続く。「地域とともに」との思想を今後のトップも受け継ぐことになる。

橋本社長は経営トップの資質について「一番大事なのは私心がないこと。

次のトップはこれらの担当者が候補になりそうだ。

この中から将来のトップが誕生する可能性は高い。

NTTデータは、かねてより掲げている「(ITサービス市場で)グローバルトップ5」の実現に向け、海外事業の拡大を目指している。... 現社長の本間洋氏も海外事業の収益性向上に向...

沖縄の本土復帰から50年たった5月15日、沖縄電力も設立50周年の節目を迎えた。米国統治下で電力事業を担った琉球電力公社から、1972年に特殊法人として発送電事業を引き継いで発足。その後、配電会社を統...

日産自動車は2018年に前会長のカルロス・ゴーン被告が逮捕され、ガバナンス(企業統治)の機能不全が表面化した。1人に権限が集中した反省から、19年に指名委員会等設置会社に移行...

トップには海外でのビジネス経験やM&A(合併・買収)の実績などが求められる。 21年に就任した社長の勝木敦志氏は豪州の現地法人トップを経て海外事業の担当役員と...

次のトップ交代時期は、早くても25年頃になりそう。... 最近の歴代トップの就任年齢は、50代前半から中盤。

半導体製造装置の事業トップの矢後夏之助氏が社長に就き、立て直しを進める中で、ガバナンス改革にも取り組んだ。... 産業機械の事業トップの前田東一氏が13年に社長に就いてからも、外部の経営参画の仕組みづ...

次のトップ人事は、トヨタとの距離感、関係の変化が大きく影響する。

来月67歳になる桐山氏の次のHDトップは、3社合併後の入社組まで若返る可能性がある。

伊藤忠兵衛が始めた麻布の「持ち下り」をルーツとし、伊藤忠商事と同根ながら別々の道を歩んできた丸紅。巨額減損を出した米穀物取引大手ガビロンなどを教訓に近年は投資を厳選。財務...

ホンダ社長に2003年に就いた福井威夫氏、09年に就いた伊東孝紳氏もこの系譜だった。

近年のトップにおける共通点の一つは経営企画本部長。

次のトップは指名委員会が諮るが、現在のエネルギー業界の環境は「プロ経営者を据え利益の最大化を図る」という状況ではない。... 事務系がトップにつく慣例に従えば総合企画部長や日本ガス協会専務理事を経てカ...

トップには改革の実行力が求められている。

危機対応能力と、好機を逃さず成長につなげる大胆さの両軸がトップには求められる。 ... 長谷川氏の方向性を踏襲しつつ、ポストコロナに向けた一手を打ち出せるか、次期トップは問われること...

同社は社外取締役を主たる委員とする人事・報酬諮問委員会が中心に、トップ候補者を選定。... 歴代トップの就任年齢は50代後半が多い。... 次期トップは、技術系出身者が有力視されそうだ。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン