18件中、1ページ目 1〜18件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

「海外と比べ国内の新薬普及が遅れる『ドラッグ・ラグ』が起きる可能性がある」(アストラゼネカ)という。

MSD、がん免疫薬開発 優先事項で促進 (2018/3/14 素材・ヘルスケア・環境)

(新薬の普及が海外よりも遅れる)ドラッグ・ラグが起こるかも知れないと懸念している」と語った。

企業の開発意欲が減退し、新薬の普及が海外よりも遅れてしまうドラッグ・ラグが起こるとの見方も出た。... 「今回の抜本改革で軽々にドラッグ・ラグが拡大するとは考えていない」とも述べた。 ...

ただドラッグ・ラグ(新薬承認の遅延)の影響もあり、日本への投資が鈍っていた。

背景にはドラッグ・ラグ(新薬承認の遅延)の解消や新薬創出等加算などの環境を整えても、日本企業と外資系企業が差別なく恩恵を受け、日系企業のプレゼンスにつながらなかったことがある。

また、「政府における検討分野」としては、確実に実施すべき事項として健康・医療分野では医療機器と医薬品の規制分離と中小企業の医療分野への参入促進、雇用分野では解雇が無効であった場合の労働者救済措置の多様...

海外では利用できる画期的な新薬が国内で使えないという『ドラッグ・ラグ』の解消だ。... 医療業界も日本から世界に優秀な人材を送り出し、日本の優れた医療制度や技術の利点を世界に理解してもらえるようにした...

政府部内でドラッグ・ラグ(新薬承認の遅延)の解消に向けた抜本的な規制改革を含む薬事法改正の検討が進んでいる点を踏まえ、規制や承認審査のあり方について医薬業界の意向を反映させるための提言活動などに引き続...

薬事法改正、今国会法案提出困難に ドラッグ・ラグ(新薬承認の遅延)、デバイス・ラグ(新しい医療機器承認の遅延=用語参照)の解消を狙った薬事法の改正作業が遅れる見通しとなった。... ...

日本で新薬を上市する際によく話題になるのが、他国と比べて承認が2―3年遅れるドラッグ・ラグの問題だ。... スコットランドの・ドラッグ・デリバリーは、こうした課題を逆手に取り、開発速度を上げたい日本の...

ただ日本で新薬を上市する際、問題になるのが、欧米に比べて新薬承認が2―3年遅れると言われるドラッグ・ラグだ。特にIMSは設立間もないベンチャー企業のため、「なるべく早く収益を上げる必要がある」(同)と...

海外で使用可能な医薬品や医療機器が日本では使用できない「ドラッグ・ラグ」や「デバイス・ラグ」は知られているが、IVDでも同様の問題が起きている。

「グローバル試験に中国を組み入れることで日本とアジアのドラッグ・ラグ(海外で新薬が先行販売され国内で販売されていない状態)を一気に解決したい」(林秀樹専務執行役チーフプロダクトクリエーションオフィサー...

外国人医療関係者の受け入れや、海外で承認された医薬品が日本ではなかなか承認されないドラッグ・ラグ問題の解消など、さまざまな課題がある。

■ラグ解消に また投資回収に時間がかかるという日本市場の問題点が改善され、欧米の製薬企業にとっても、投資先として日本の優先度が上がり、ドラッグ・ラグの解消につながることも期待できる。

「ドラッグ・ラグはあっても、専門性の高い薬剤はいずれ日本に入ってくる。

ドラッグ・ラグ(海外に比べ日本での新薬承認・販売の遅れ)の解消も含め、今後も日本は投資を続けていく国」(デビッド・ブレナンCEO)と位置づける。 ... 今後も日本・アジアを含む国際共同開発の...

「ドラッグ・ラグ(薬の承認などの時間差)を解消するため、政府も国際共同治験を推進している。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる