1,616件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

日本時間4日午前10時50分現在、中心限月8月きりは1オンス=1807ドル近辺と、1日の清算値(1801・50ドル)を上回る水準での出合い。週明け早朝は1814・40ドルまで上...

主原料の銅やスズの国際相場が5月中旬にかけて水準を切り下げたことや、ドル高・円安基調が一服したことを映した。... また、4月下旬に約20年ぶりに1ドル=130円台をつけたドル高・円安基調に一...

CPL価格下落 UBE、5月アジア契約2170ドル (2022/5/30 素材・医療・ヘルスケア)

UBEはナイロン原料のカプロラクタム(CPL)の5月のアジア契約価格を前月比150ドル安のトン当たり2170ドルとした。... 原料であるベンゼンの価格は同15ドル安い同11...

日本時間24日午前10時50分現在、中心限月の6月きりは1オンス=1848・80ドルと、23日の清算値(1847・80ドル)を上回る水準での出合い。対ユーロでのドル安が影響して...

主原料の銅やスズの国際相場の高騰に加え、ドル高・円安の進行が円建ての非鉄金属価格を押し上げた。... 3月下旬に約6年半ぶりに一時1ドル=125円台まで円安が進んだ。 ...

29日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=123円台前半に上昇した。... 29日正午現在は1ドル=123円33―34銭と、前日比59銭の円高・ドル安。 ... ...

日本時間1日10時40分時点、中心限月4月きりは1オンス=1799ドル近辺の出合い。前日のJPX市場の終了時点(1788・90ドル)、ニューヨークの清算値(1796・4...

日本時間12日10時30分時点、中心限月2月きりは1オンス=1820ドル近辺の出合い。前日のJPX市場の終了時点(1808・60ドル)、ニューヨークの清算値(1818・...

ニューヨーク市場の米国産標準油種(WTI)先物は日本時間12日昼時点でバレル当たり81・5ドル近辺と年初比で約7%高い。... 米国の金融引き締めへの警戒が一巡して米長期金利の...

宇部興産、CPL価格140ドル安の2070ドル 12月アジア契約 (2021/12/24 素材・医療・ヘルスケア)

宇部興産は、ナイロン原料のカプロラクタム(CPL)の12月のアジア契約価格を前月比140ドル低いトン当たり2070ドルとした。原料であるベンゼンのアジア契約価格は同90ドル低い915ド...

主原料の銅の国際相場が11月に底堅く推移したほか、ドル高・円安が進んで円建ての銅地金価格が小幅高となったことを映した。... 中国の冬場の電力需給のタイト化に伴う供給不安から、銅の国際相場は11月に底...

9月以降のドル高・円安が円建て銅価格の下支えとなっている。外国為替は11月17日昼時点で1ドル=114円90銭近辺と約4年半ぶりの円安水準にあり、直近2カ月で5円ほど円安が進んだ。 &...

NY金先物堅調、ドル安が支え (2021/11/11 商品市況)

9日のJPX市場の終了時点(1828ドル)、ニューヨーク市場の清算値(1830・80ドル)をともに上回っている。引き続き、米連邦準備理事会(FRB)の早...

NY金上値重く 整理売り優勢 (2021/11/3 商品市況)

1日のJPX市場の終了時点(1786・10ドル)に比べ水準を切り上げているものの、NY市場の清算値(1795・80ドル)は下回っている。... 1日のNY金は対ユーロで...

前日のJPX市場の終了時点(1762・40ドル)からは30ドルほど水準を切り上げている。NY市場の清算値(1794・70ドル)との比較では、やや軟化しているが、これまで...

NY金、堅調 ドル安など懸念 (2021/10/5 商品市況)

日本時間4日10時55分時点、中心限月12月きりは1オンス=1763・00ドル近辺で推移し、1日のNY市場の清算値(1758・40ドル)を上回っている。ドル安やインフレ懸念を背...

足元では米国の雇用回復が足踏みしてドル安が進み、ドル建て資産に割安感が生まれていることも国際相場を下支えしている。 ... また、足元では米国の雇用指標の弱さを受けてドル安が進んだこ...

ドル安が進行してドル建て資産の割安感が醸成されたことも、金に買いが集まる要因となった。 ... また、米長期金利の低下を受けて、市場ではドル安が進行した。ユーロなど主要通貨に対するド...

同年7月には約9年ぶりに史上最高値を更新して1トロイオンス=2000ドルを超え、同年8月に年初比で約4割高となる同2100ドル台をつけた。 ... ただ、米国の“双子の赤字”...

市場心理の改善により基軸通貨のドルを売ってユーロなどを買う動きが広がり、ドル安がドル建て資産の割安感を醸成したことも銅相場の支えとなっている。 ... 為替市場では基軸通貨のドルが売...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン