668件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

同フィルムは銅配線形成時のシード層に従来の銅ではなく、DIC製の金属ナノ粒子を使うもの。

水素検出面には白金のナノ粒子(ナノは10億分の1)を固定する。水溶性のPEDOT/PSSをナノ粒子懸濁液と混ぜて膜状とし、ナフィオンなど重ねて柔軟な3層シートにする。 ... プロト...

契約対象は育毛剤のナノインパクトシリーズと、化粧品のナノクリスフェアシリーズ。... 同社のポリ乳酸とグリコール酸の共重合体「PLGA」ナノ粒子を用いた百洋健康産業ブランドの商品展開も計画。

撥水性分子を表面修飾したナノ粒子の自己組織化を巧みに操ることで、分子スケールからマイクロスケールまでの階層構造を設計し、超撥水・超撥油性の発現、そしてその構造の堅牢化や自己修復性の両立を試みている。....

メタリン酸アルミニウムに白金ナノ粒子を担持させる。

バイオエポック/抗ウイルス効果99.9%のスプレー (2021/4/5 新製品フラッシュ1)

バイオエポックは白金ナノ粒子を使用した抗菌・抗ウイルススプレー「Ptnano除菌スプレー」を発売した。

ITRIが持つナノ粒子のリアルタイム検出技術を応用し、計測装置を共同開発する。

自然に生成するナノ粒子(ナノは10億分の1)が鉱水に含まれるウランやヒ素などの有害元素を取り込み沈殿し鉱水中の有害元素を減らしていることが分かった。 ... ナノ粒子の形成と同時に重...

例えば、強い免疫応答を起こすように糖鎖をリン脂質やナノ粒子で修飾する技術の報告があるが、これらは限られた種類の糖鎖に対する抗体の産生だけで有効性が確認されており、汎用技術としては開発の道半ばにある。&...

メッシュ目詰まりや帯電防止、防塵、撥水(はっすい)、ナノ粒子付着による抗菌機能など付加価値加工に強み。

【共有結合を生成】 産業技術総合研究所(産総研)では紫外光を利用した温和で簡便な表面化学修飾ナノコーティング技術によるポリマー材料やカーボン材料の各種官能基化技術の開発を行っている。...

【熊本】熊本大学と京石産業(京都市下京区)は、金など貴金属で平均粒径1ナノメートル(ナノは10億分の1)以下の極小のナノ粒子を合成する技術を確立した。... 金ナノ粒子は、透過型電子顕微鏡を使用する際...

北海道大学や大阪府立大学、北海学園大学などの研究グループは、液体中のナノサイズ(ナノは10億分の1)の粒子を1粒ずつ捕集し、種類ごとに選別・輸送する技術を開発した。... この仕組みを利用し、ナノ粒子...

カンセンガードは、基材に一価銅化合物ナノ粒子を塗工。

【南大阪】大阪府立大学、大阪府立大学工業高等専門学校のグループと堺化学工業は、酸化亜鉛ナノ粒子を利用して植物細胞の成長を促進させる手法を共同で開発した。... 粒子サイズが35ナノメートル(ナノは10...

アプティア法はJNCの熱応答性磁性ナノ粒子「サーマ・マックス」と、同大の池袋一典教授が開発したDNAアプタマーを検体と混ぜ合わせる。

【京都】堀場製作所はカーボンナノチューブなどの繊維状物質をはじめ、多様な材料を高精度測定できる遠心式ナノ粒子解析装置「パーティカセントリヒュージ=写真」を12月に発売する。... 粒子をサイズごとに分...

ナノサイズの金属粒子の形や向きを調節すると、光照射時に出る散乱光と逆向きの力がナノ粒子に働くことを発見。... さらに微細加工技術で微小マシン上にナノ粒子を適切に配置。... ナノ粒子の大きさで駆動す...

糖鎖ナノ粒子法と呼ぶ独自の検査手法で、従来1時間以上かかっていた検査を、新開発の検査装置により8検体を20分で行うことができる。

吸い込んだナノ粒子がどこに蓄積し、その後に体がどう反応したかも見られる。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる