電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

407件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

豊田織機、電池事業着々と HV需要ふまえ量産 (2024/4/16 自動車・モビリティー)

2021年に車載電池として世界初となるハイブリッド車(HV)用バイポーラ型ニッケル水素電池の生産を開始。... (名古屋・川口拓洋) 豊田自動織機はバ...

FDK、ニッケル水素電池の容量1.6倍に 長時間バックアップ用 (2024/4/4 電機・電子部品・情報・通信1)

FDKは停電時の電源バックアップ機器向けのニッケル水素電池「HR―AATU」のサンプル出荷を始めた。... ニッケル水素電池は高崎工場(群馬県高崎市)で生産している...

FDK、水素吸蔵合金製造の中国社を子会社化 (2023/12/6 電機・電子部品・情報・通信2)

FDKは水素吸蔵合金の製造・開発に関する技術を持つ中国の包頭三徳電池材料(包頭市)を子会社化する。ニッケル水素電池の主要原材料である水素吸蔵合金の安定確保が目的で、FDKのニッケル水素...

「レクサス」新型SUV トヨタが受注開始 (2023/11/10 自動車・モビリティー)

豊田自動織機と共同開発した小型・高出力のバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載する。

豊田自動織機は26日、電動車向け電動コンプレッサーとDC―DCコンバーター(電圧変換器)、バイポーラ型ニッケル水素電池の供給体制を拡充すると発表した。... バイポーラ型ニッケル水素電...

大阪市は家庭から排出されるリチウムイオン電池(LiB)などの回収を7月から始める。... LiBやニカド電池、ニッケル水素電池などの小型充電式電池、モバイルバッテリー、加熱式たばこ、電...

トヨタ、レクサスに新小型SUV 新たな顧客層開拓 (2023/6/7 自動車・モビリティー)

1500cc直列3気筒エンジンを搭載するハイブリッドシステムには、豊田自動織機と共同開発した小型かつ高出力なバイポーラ型ニッケル水素電池を採用した。

(敬称略) 【学術貢献賞】▽森一俊(帝京大学、企業および大学における研究活動を通じたディーゼル燃焼技術の発展と人材育成への貢献) 【...

さらに充電式電池を交換しやすくなるようスライド式に変更。... 充電式ニッケル水素電池2本で作動する。

【神戸】三徳(神戸市東灘区、角田達彦社長)は、ニッケルやコバルトなどを使わない低コストな水素吸蔵合金を開発した。... 合金重量単位当たりの水素吸蔵量が、ニッケルやコバルトなどを使う場...

車両120台分のリチウムイオン電池とニッケル水素電池を再利用した。鉛蓄電池やトヨタ車以外の電池も使える。 ... 運転を止めずに劣化した電池を取り外せる。

性能の異なる各種電池が混ざっていても制御でき、容量を使い切れる技術を搭載し実現した。... トヨタのHVやEV、燃料電池車(FCV)などに搭載されたリチウムイオン電池、ニッケル水素電池...

FDK、ニッケル水素電池の極板量産 大型蓄電池向け (2022/10/13 電機・電子部品・情報・通信2)

FDKは高出力大型円筒形ニッケル水素電池用極板を開発し、海外メーカーに量産出荷を始めた。... 蓄電池の大容量化に伴って構成する電池が大型化するため、その部材である正極および負極の品質・特性...

ハイブリッド車(HV)向けの新構造電池を製造し、月産能力は2万台分。... 生産するのは「バイポーラ型ニッケル水素電池」で、正極と負極を一つの構造体に集約することで小型化と高出力化を両...

新型のハイブリッド車(HV)では低い床下に合わせて、フラットな電池を搭載している。GA―Bモデルでは、車種によってリチウムイオン電池やニッケル水素電池などを使い分けている。... 大電...

「ハイブリッド車向けニッケル水素電池は国内自動車メーカーの採用で実績がある。... ニッケルを扱った電池材料の研究開発を進めるのに必要な設備を充足させる。... ニッケルも含め安定供給できるかがカギを...

プラットフォーム(車台)を刷新したほか、高出力のバイポーラ型ニッケル水素電池を採用した新開発のハイブリッドシステムを採用。

豊田自動織機は2022年度内に、愛知県東浦町でハイブリッド車(HV)用電池の新工場を稼働する。... トヨタ自動車と共同開発し、従来品と比べ出力を2倍に高めた「バイポーラ型ニ...

FDKは主力のニッケル水素電池やリチウム一次電池の材料であるニッケル、亜鉛、レアアースなどの値上がりが営業利益を約12億円押し下げると見る。... 原材料高の一因はウクライナ危機だが、より根本には脱炭...

キャパシターは、二次電池の数十分の1という短時間での充電が可能で、高速・高出力で電気を取り出すことができる。一方、ためられるエネルギーは二次電池の数分の1にとどまる弱点がある。 .....

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン