電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

99件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

日本自然保護協、多様性評価に6手法 (2024/7/25 素材・建設・環境・エネルギー2)

ネイチャーポジティブ(自然再生)や自治体の目標に対する貢献が評価でき、企業は自然に関連した情報開示にも活用できる。

社会貢献にも力を注ぐ方針で、「ネイチャーポジティブ(自然再生)の実現にも役立ちたい」と意気込む。

電機・電子4団体、生物多様性保全の教材改訂 (2024/7/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

世界目標で自然を回復させる「ネイチャーポジティブ」もキーワードとなり、企業緑地の位置付けも変わった。

野村不HD、生物多様性方針を策定 自然再生促進 (2024/7/11 素材・建設・環境・エネルギー2)

ネイチャーポジティブ(自然再生)達成に向けた行動を促進することなどを掲げている。

23年のG7広島サミット、今年のG7プーリアサミットの首脳コミュニケでも言及されているように、こうした「地球の三重の危機」に対し、温室効果ガスの排出実質ゼロで、循環経済、ネイチャーポジティブ(...

国立公園保全、若者に支持 イオン、電子マネー8000枚超す (2024/6/25 素材・建設・環境・エネルギー1)

同社や環境省にとっても効果のある取り組みとなっており、ネイチャーポジティブ(自然再生)の推進が期待できる。

深層断面/建設業界、木材活用進む (2024/6/24 深層断面)

さらにサーキュラーエコノミー(循環経済)、ネイチャーポジティブ(自然再生)といった考えの浸透も木材の活用の大きな原動力になっている。

自治体を巻き込んだシンポジウムの開催も助言し、ネイチャーポジティブ(自然再生)の先導役を担う地域金融機関を支援する。

22年末、国連の会議で「昆明・モントリオール生物多様性枠組み」が採択され、30年までに自然を回復軌道に乗せる「ネイチャーポジティブ」が世界目標となった。... 現状、すでに自然が守られた緑地を認定して...

ファンドを通じ、資源消費の最小化、廃棄物の発生抑止を目指すサーキュラーエコノミー(循環経済)や、自然生態系の損失を防ぎ、回復するネイチャーポジティブ、気候変動問題を解決するクライメート...

こうした地球の3重の危機に対し、温室効果ガスの排出実質ゼロで、循環経済、ネイチャーポジティブな経済に向けたトランスフォーメーション(変革)を実現することを目指す。

シンク・ネイチャー(那覇市、久保田康裕最高経営責任者〈CEO〉)は、住友商事九州(福岡市博多区)と、九州・沖縄エリアにおける「ネイチャーポジティブ」推進に向けた連携協定...

見えなかった価値を定量化できるため、生物多様性を向上させる「ネイチャーポジティブ」活動の評価にも活用できる。

鹿島、新環境ビジョン策定 再資源化率など指標見直し (2024/5/20 素材・建設・環境・エネルギー)

だが近年はサーキュラーエコノミー(循環経済)やネイチャーポジティブ(自然再生)といった新たな概念が浮上し、経営戦略上の重要度も高まっていることを踏まえ今回、内容を見直す...

日本自然保護協会、地域の自然保護支援 (2024/5/14 素材・建設・環境・エネルギー2)

日本自然保護協会(東京都中央区、亀山章理事長)は、企業と市町村が連携した生物多様性回復活動を後押しする「ネイチャーポジティブ支援プログラム」を始めた。... 市町村の活動に協力した企業...

30年までに生物多様性の損失を止め、回復軌道に乗せることを目指す概念である「ネイチャーポジティブ」の台頭である。... ネイチャーポジティブの観点では、バリューチェーン全体において生物多様性への影響の...

ネイチャーポジティブ、生物多様性で企業連携 (2024/5/1 素材・建設・環境・エネルギー)

自然を回復させる「ネイチャーポジティブ(NP、自然再生)」が世界目標となり、生物多様性をめぐる企業の連携が起きている。... 24年3月には、自然資本の減少による経営リスクの分析に使え...

環境金融の拡大促進 環境省が指針見直し (2024/4/24 素材・建設・環境・エネルギー1)

自然を再生させる「ネイチャーポジティブ」が世界目標になったことを受け、生物多様性向上に貢献する事業の説明も充実させた。

挑戦する企業/鹿島(9)藻場再生技術を確立 (2024/4/22 素材・建設・環境・エネルギー)

持続可能な開発目標(SDGs)目標やネイチャーポジティブへの貢献にもつながる」と説明する。

日本フィランソロピー協会、23日にサステナ講座開講 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

経営、ESG(環境・社会・企業統治)、ネイチャーポジティブ(自然再生)、ビジネスと人権などテーマ別に全5回で、初回は損害保険ジャパンの関正雄シニアアドバイザーが「真のサ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン