184件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

現実に発生している災害情報を提供できるリアルハザードマップをコンソーシアムで開発中だ」 ―上場企業は気候変動の進行で多発する災害からの被害予測と対策の開示が求められています。

富士通・ほくほくFG、水害リスク算出手順開発 TCFD開示支援 (2022/8/3 電機・電子部品・情報・通信1)

取引先データと行政が発行しているハザードデータを一つのマップ上に自動で配置し、水害発生時の取引先の物理リスクを算出する。 ... アルゴリズム開発に当たって行った実証実験では、北陸銀...

東大生研、災害対策基礎プログラム開講 (2022/6/9 大学・産学連携)

災害後の対応と事前対策を学び、ハザードマップの活用などを通じて災害に強い国土形成を考える。

2005年に作成した「大雨浸水ハザードマップ」を改訂した。 20年度に洪水・高潮のハザードマップを全戸へ配布。... 「このハザードマップを参考に避難を考えてほしい」と重要性を示す。...

2021年ハザードマップが17年ぶりに改訂され、22年3月、静岡、山梨、神奈川の3県と関係機関などによる富士山火山防災対策協議会は、避難計画を転換し、原則徒歩避難の方針を出した。 &...

分科会テーマは、災害の事前予測やリアルタイムハザードマップの開発、災害後の復旧・復興など。

新システムは、気象庁の気象データや国土交通省のハザードマップなど行政をまたいだ災害関連情報を一元的に表示可能。

こうしたデータが礎となり、ハザードマップなどの災害対策資料や防災教育へと展開されている。 ... ここで、ハザードマップほど読み解くことが難し...

輝け!スタートアップ(102)レジリエンスラボ (2021/12/9 中小・ベンチャー・中小政策)

ハザードマップやパンフレットなどの作成も手伝い、印刷の実務を請け負う。

マニュアルやハザードマップ(防災地図)の制作のほか、防災備蓄品の調達なども請け負う。

ハザードマップ(災害予測地図)など公開情報を活用して被害を見える化し、拠点移設や設備の移動など、より現実的な対応も考えるべきだ。

自治体のハザードマップを参考に、浸水の恐れが小さい高さに置いた場合、建物の大きさを規制する容積率の緩和を認める。

気候変動の影響でハザードマップはどんどん塗り替えられている。

ゲリラ豪雨への備え (2021/7/9 特集・広告)

ソフト面においては浸水予想区域図や洪水ハザードマップの確認をし、水害リスクや避難ルートの把握が重要になる。

例えば、自治体で公開されているハザードマップ(災害予測地図)において、設置箇所が土砂災害警戒区域や浸水想定区域の対象になっているが、その事実を認識していない、あるいは認識はしているもの...

アクセンチュアと京大、AIモデル共同開発 SDGs実現に貢献 (2021/6/10 電機・電子部品・情報・通信2)

共同で取り組む研究の第1弾として、各種気象情報や地球観測データとAIなどの先進技術を組み合わせ、ハザードマップ(災害予測地図)などのリスク情報の詳細化を行い、自然災害に対する社会のレジ...

無償で一般公開し、地震のハザードマップや都市インフラ整備などの活用につなげる。

水害についてはハザードマップの確認が重要だが、電力不足も問題となる。... まとめ 新しい大きなリスクを説明したが、これからのBCPはマルチハザードに対応しなければならない。

ミダック、SDGs推進体制構築 貢献活動に還元金 (2021/4/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

還元金は、災害ボランティアや地域の子どもたちへのスポーツ指導などのボランティア活動、保護動物の里親、地域防災訓練への参加、ハザードマップや防災グッズの確認などが対象になる。

同日の「ナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会」では委員から「国民が安全だと思っている下水の内水氾濫リスクをハザードマップで正しく知らせること」や「カーボンニュートラルの視点を加...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン