電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

79件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

NECと米ホートン、ビッグデータ用高速分析基盤 今年度中に提供へ (2018/10/16 電機・電子部品・情報・通信1)

ビッグデータ活用での戦略的協業の一環として、SXオーロラ・ツバサを大規模分散処理ミドルウエア「ハドゥープ/スパーク」で主流とされる管理基盤「ヤーン」に対応させる。 これによ...

CS新時代/クラウデラ Hadoop導入支援 (2018/4/27 モノづくり)

同社は分散ファイルシステム上のビッグデータを処理するソフトである「Hadoop(ハドゥープ)」を商用で利用できる形で提供している。 ハドゥープは設計図が公開され、だれ...

NEC、業務課題を素早く解決 データ分析専門サービス (2018/4/4 電機・電子部品・情報・通信1)

NECは3日、ビッグデータ(大量データ)の分析基盤「データ・プラットフォーム・フォー・ハドゥープ」を強化し、デジタル変革などの業務課題をデータ分析で素早く解決する専門サービスを発売した...

雲(クラウド)の上の頭脳戦(12)データの“湖”を作ろう (2018/2/27 電機・電子部品・情報・通信2)

ビッグデータ(大量データ)の利活用ではオープンソースの分散処理技術「ハドゥープ」の台頭で大きく進化したが、それらを含めて「すべてのデータを統合・管理するデータレイク(貯水湖&#...

両社は販売促進で協力し、ホートンワークスが提供する大規模分散処理向けアプライアンス(特定用途向け製品)「データ・プラットフォーム・フォー・ハドゥープ」の国内展開に力を注ぐ。

ビッグデータを利活用するには、アパッチ・ハドゥープなどの非構造化データを簡単に使える仕組みが必要。

SAPジャパン、PaaS型サービス強化−「iOS」やIoT対応拡充 (2017/5/11 電機・電子部品・情報・通信2)

このほか、画像操作環境(GUI)を使って、新しいワークフローを素早く作成できるサービスや、ビッグデータ(大量データ)アプリの基盤となる「ハドゥープ」サービスなどもHAN...

NEC、オラクル「統合型」5製品で一次保守対応 (2016/9/1 電機・電子部品・情報・通信2)

対応するのは大量データの一括分散処理基盤のハドゥープと、インメモリー処理の特性を分散処理で生かす基盤技術のスパーク。

そうした情報基盤は「Hadoop(ハドゥープ)」が知られてきたが、門脇氏はこれを「使いこなすのに職人技が必要」と評する。... スパークを使う際は、ハドゥープのファイル管理システムであ...

データサイエンティスト・未来を読み解く(23)日本テラデータ (2015/11/30 電機・電子部品・情報・通信)

大量データを効率的に分散処理する情報基盤『ハドゥープ』は廉価で利用できる。

SAPジャパン、ハドゥープ向けソフト提供 (2015/11/11 電機・電子部品・情報・通信2)

SAPジャパン(東京都千代田区、03・6737・3000)はビッグデータ(大量データ)を分散処理・管理する基盤「Hadoop(ハドゥープ)」向けのソフト...

NEC、IoT対応基盤強化−関連製品開発1000人体制に (2015/11/10 電機・電子部品・情報・通信1)

DX2000は大量のデータを分散して処理できるミドルウエア「ハドゥープ」と組み合わせることにより、従来システムでは数時間かかる分析を数秒から数分で処理することが可能だ。

大量データを分散処理するオープンソース(無償公開・利用改変自由)ソフトウエア「ハドゥープ」を活用し、検索速度を高めた。

新たに、データをメモリー上に読み込んで高速に実行するDBのインメモリー化、並列分散処理「アパッチ ハドゥープ」「同スパーク」による大量データ分析、データ全文検索などの機能をDSEで利用できる。...

伊藤忠テクノソリューションズでは今回の構築で、マップアール・テクノロジーズ(東京都千代田区)の無償公開されている高速処理分散ソフト「ハドゥープ」を利用しやすくした製品を活用した。...

ビッグデータ(大量データ)を分散処理する無料公開ソフト「ハドゥープ」のシステム基盤として提案する。... また今回の発売に伴い、ハドゥープに関する導入支援サービスを強化。

クラウデラは大規模データを効率的に分散処理・管理するオープンソース(仕様公開)ミドルウエア「アパッチ・ハドゥープ」の供給元。NECは今後アパッチ・ハドゥープを中心にビッグデータ活用のS...

既存資産を活用しながらオラクルDB上の既存データとハドゥープや、NoSQLの新たなデータを組み合わせた活用が可能。 エクサデータDBマシンの独自のアーキテクチャー(設計概念&...

企業が「ハドゥープ」をはじめとする、データの分散処理システムを独自に構築・運用するのに比べ、低価格で簡単にデータを分析できるという。

日本ユニシスは、MapRが無償公開されている高速処理分散ソフト「ハドゥープ」を利用しやすくした製品と、ビッグデータ分析基盤を組み合わせて提供する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン