50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

全ての物質はクォークという素粒子から構成されるハドロンという粒子の集合体であり、物質の成り立ちや宇宙の進化を理解するためにはそれらハドロン間にどのような相互作用が働いているのかを知る必要がある。

【中性子星の中身】 前回紹介したミュオンに続き、ハドロンについて紹介する。... これらは強い相互作用で結合しているが、そのように強い相互作用を及ぼしあっている粒子をハドロンという。...

理研の最前線(20)「京」で核力の導出実現 (2018/9/3 科学技術・大学)

(月曜日に掲載) ◇仁科加速器科学研究センター量子ハドロン物理学研究室室長 初田哲男

12年にヒッグス粒子を発見したスイスにある欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)は、陽子と陽子をぶつける円形の加速器だ。

「順調に整備してきたが、11年の東日本大震災、13年のハドロン施設の漏えい事故、15年には中性子発生の際に必要な水銀標的で不具合を起こした。

ところで、12年に質量の起源である「ヒッグス粒子」をとらえ、13年のノーベル物理学賞に貢献した欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)とはどう...

千葉大学ハドロン宇宙国際研究センターの石原安野准教授、吉田滋教授らは、宇宙から来る超高エネルギーニュートリノの数が、これまでの予想よりも少ないことを発見した。

茨城県東海村にある加速器実験施設「J―PARC」で2013年に起きた放射能漏れ事故で、運営する高エネルギー加速器研究機構と日本原子力研究開発機構は9日、事故が起きたハドロン実験施設の利用再開に向けて量...

【ジュネーブ=AFP・時事】スイス・ジュネーブ郊外にある世界最大の加速器「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」が5日、性能向上のための約2年間に及ぶ改良工事を終えて稼働を再開し...

万物に質量を与える「ヒッグス粒子」の存在を突き止めるため、CERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)による実験を行った国際実験グループ「アトラス」の代表を09年から13年まで務めた。...

ノーベル物理学賞に輝く偉業を導いたのが欧州合同原子核研究機関(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器。

この成果を導いたのが欧州合同原子核研究機関(CERN)が運営する大型ハドロン衝突型加速器(LHC)だ。

ちょうど、この本を執筆中に、欧州合同原子核研究機関(CERN)のLHC(大型ハドロン衝突加速器)でヒッグス粒子が発見された。

2013年5月にJ―PARC内の原子核素粒子(ハドロン)実験施設で起きた放射性物質の漏えい事故後、全施設を停止した。

昨年夏、欧州合同原子核研究機関(CERN)は大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使ってヒッグス粒子の存在を実験で確認した。

12年7月4日、欧州合同原子核研究機関(CERN)は大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使った実験で、ヒッグス粒子と思われる粒子を発見したと発表。

日本も大きく貢献した欧州合同原子核研究機関(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)は、約3800億円をかけて建設され、ヒッグス粒子の発見を最大の目的に掲げていた...

欧州は日本誘致を支持しているが、背景には欧州合同原子核研究機関(CERN)が運営する大型ハドロン衝突加速器「LHC」で、ヒッグス粒子を発見するなど研究が進んでいることがある。 ...

それによると、建設に約1兆円という巨費を必要とすることから(1)課題検討への調査費などの経費措置(2)高度化される欧州の大型ハドロン衝突加速器「LHC」計画を見据えたI...

スイスのジュネーブ郊外にある、欧州合同原子核研究機関(CERN)が運営する大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の後継機となる。

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン