92件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

強みは発電、熱、負荷の制御だ。同本社では一般的なビルに比べCO2排出量を約6割減らした」 ―バイオガス発電機にも注力しています。 ... バイオガスの原料は多くの種...

大栄環境と神鋼環境ソリュ、バイオガス発電に参入 三重に新会社 (2020/10/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

【神戸】大栄環境(大阪府和泉市、金子文雄社長、078・857・6600)と神鋼環境ソリューションは、バイオガス発電事業を行う特別目的会社(SPC)「リエネルミエ」を三重県伊賀市に設立した。... 食品...

ヤンマーホールディングス(HD)は、廃棄物を活用したバイオガス発電機の導入を小規模の食品工場や畜産農家に提案する。... バイオガス発電機はヤンマーHDグループのヤンマーエネルギーシステム(YES、大...

9月10日は下水道の日 (2020/10/6 特集・広告)

下水処理場では集積した汚泥をバイオマス資源として活用する取り組みも行われている。... 汚泥から発生するメタンガスや炭化した汚泥はバイオマス発電の燃料として使用されており、19年までに国内の下水処理場...

非鉄、再生エネ転換加速 温暖化対策に動く (2020/9/22 素材・医療・ヘルスケア)

各社は経営戦略などに、解決すべき重要な社会課題の一つとして地球温暖化対策を掲げ、太陽光発電やバイオガス発電といった再生可能エネルギーの利活用を進めている。(山下絵梨) 三菱マテ バイ...

三菱マテ、バイオガス発電稼働 1日40トン処理 (2020/9/8 素材・医療・ヘルスケア)

三菱マテリアルは、食品廃棄物のバイオガス発電プラント(写真)の営業運転を始めた。処理能力は1日当たり40トンで、発電能力は550キロワット。食品廃棄物のバイオガス事業を行う子会社のニューエナジーふじみ...

大阪大学先導的学際研究機構と北海道興部町は15日、家畜ふん尿由来のバイオガスからメタノールとギ酸の製造に成功したと発表した。... 興部町は基幹産業の酪農で出る大量のふん尿処理のため、バイオガス発電に...

水ing、バイオガス発電開始 北海道の下水処理場で (2020/4/3 建設・生活・環境・エネルギー)

水ing(東京都港区、中川哲志社長、03・6830・9000)は、北海道恵庭市の下水処理場でバイオガスによる発電事業を始めた。... 子会社の水ingエンジニアリングが発電設備(写真)を建設し、下水処...

メタン発酵の残さを堆肥に マルトー、再生処理システム製品化 (2020/3/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

福岡県久留米市にあるバイオガス発電所のメタン発酵工程で3月末から本格稼働する。資源循環型の発酵処理技術を強みに、バイオガス発電をはじめ有機汚泥処理など幅広い分野で需要が見込めそうだ。 ...

YES、栃木でバイオガス発電所稼働 年56万kW時売電計画 (2020/2/28 建設・生活・環境・エネルギー)

【宇都宮】ヤンマーのグループ会社のヤンマーエネルギーシステム(YES、大阪市北区)は27日、思川浄化センター(栃木県野木町)で、バイオガス発電所の発電開始式を開いた(写真)。... 下水処理で生じる消...

水ing、金沢市でバイオガス発電事業 (2020/2/6 建設・生活・環境・エネルギー2)

水ing(東京都港区、中川哲志社長、03・6830・9000)は、子会社が金沢市の下水処理場「臨海水質管理センター」でバイオガスによる発電事業を始めた(写真)。... バイオガスは下水処理中の汚泥から...

いとまんバイオ、バイオガス発電開始 沖縄・糸満市の製塩工場で (2019/11/5 建設・生活・環境・エネルギー)

いとまんバイオエナジー(那覇市、與儀盛輝社長、098・951・1700)は、沖縄県糸満市で消化ガスを使ったコージェネレーション(熱電併給)事業を始めた。... 同センターで発生するガスを約400メート...

解散したファンドは、大型で取り組みの難易度が高い開発中の発電案件を中心に投資する計画だった。... 日立キャピタルは太陽光発電や風力発電のほか、長芋の残渣(ざんさ)を活用したバイオガス発電などを手がけ...

ビジネストレンド/金融業界、意識高く時代はESG (2019/10/23 ビジネストレンド/ESG金融)

オリックスは傘下のオリックス資源循環(埼玉県寄居町)が乾式バイオガス発電施設を同町で建設し、2021年秋に完成予定。... 三菱UFJリースは中部電力などと共同で茨城県神栖市に木質専焼バイオマス発電所...

環境省、JCM設備補助事業でトヨタなど4件採択 (2019/8/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

トヨタはタイ工場に出力3万7000キロワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)と高効率溶解炉を導入し、年1万9483トンのCO2削減を見込む。 伊藤忠商事がフィリピンで実施する缶詰...

日立キャピタルが、長芋の残渣(ざんさ)を原料にバイオガス発電に取り組むなど再生可能エネルギーに注力している。

現地のスララ・バイオガスベンチャー(VC)が発電を請け負い、発電した電力をドール・フィリピンが自社工場で利用する。... フィリピン・ミンダナオ島の工場に隣接する土地に、スララ・バイオガスVCがバイオ...

日立キャピタルなど、青森でバイオガス発電 原料に長芋残渣 (2018/11/21 建設・エネルギー・生活2)

【青森】長芋残渣(ざんさ)を原料とするバイオガス発電所が、青森県東北町のJAゆうき青森敷地内で運転を始めた。... 同発電所は、豊橋技術科学大学の熱田洋一特任准教授らが加わった産学コンソーシアムで開発...

家畜のふん尿を発酵させ、メタンなどの可燃性ガスを得るバイオガス発電は実用化されている。尿素燃料電池は尿を直接かけて発電する。... 「アンモニアも1.74ミリワットと発電材料になる。

三菱マテリアルは22日、食品廃棄物由来のバイオガスを使った発電事業を2020年4月に埼玉県内で始めると発表した。約17億円を投じ、同県ふじみ野市にバイオガスプラントを建設する。.....

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる