電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,187件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

中部電力、植物資源再生に出資 (2024/4/17 素材・建設・環境・エネルギー2)

グリーンアースは伐採や剪定(せんてい)で発生する枝葉を活用したチップを製造しており、同資源を元に中部電がバイオマス発電などのサービス提供を検討する。

東ソー、燃料用チップ受け入れ基金創出 林業振興 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

燃料用チップは同社の南陽事業所(山口県周南市)で自家発電用燃料として活用し、燃料用チップの受け入れ量に応じた基金を拠出する。... 東ソーは南陽事業所にバイオマス発電所の新設を計画する...

イノフィス、福島林業にアシストスーツ42台納入 (2024/4/11 機械・ロボット・航空機2)

日本の林業では最近、花粉症対策のスギ人工林の植え替えや木質バイオマス発電所向けのバイオマスチップ需要増加など、各工程で新しい動きが起きている。

バイオマス発電や洋上風力発電の導入拡大、発電用燃料・部材などの増加のための港湾利用を推進する。

石油資源開発、愛媛・大洲の発電所に木質ペレット供給 (2024/4/4 素材・建設・環境・エネルギー2)

石油資源開発は出資する大洲バイオマス発電(愛媛県大洲市)が運営する大洲バイオマス発電所に、燃料用木質ペレットの供給を始めた。... 大洲バイオマス発電は石油資源開発、前田建設工業、四電...

対象は燃料電池、アンモニア発電、水素燃料モビリティーなどに加え、二酸化炭素(CO2)と水素からメタンを製造するメタネーションなどのCO2回収・利用技術、カーボンリサイクル技術、バイオマ...

今夏から熊谷組、神鋼環境ソリューション(神戸市中央区)などによるバイオマス発電施設が操業を始める。... 9700平方メートルの用地に産業廃棄物の中間処理施設などの再資源化事業を立ち上...

姫路にバイオマス発電所、大ガスが竣工式 専焼4カ所目 (2024/3/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

大阪ガスは13日、同社で4カ所目となるバイオマス専焼発電所「広畑バイオマス発電所=写真」(兵庫県姫路市)の竣工式を行った。発電容量は約7・5万キロワットで、...

エイブル、双葉町に新工場 再生エネ・ロボ事業拡大 (2024/3/13 素材・建設・環境・エネルギー1)

同社はプラントエンジニアリングを手がけており、再生エネ分野では太陽光発電(PV)やバイオマス発電で実績がある。... 足元では、秋田県鹿角市に地元の国産材を活用した複数の小型バイオマス...

NTTアグリテクノ、排熱栽培シイタケ増産 バイオマスエネ地産地消 (2024/3/7 電機・電子部品・情報・通信2)

NTTアグリテクノロジー(東京都新宿区、酒井大雅社長)は、小型木質バイオマス発電所の排熱を用いたシイタケやドライフルーツの生産を強化する。提携企業のフォレストエナジー(東京都品...

石油資源開発、CO2回収・貯留で協業 カナダ投資誘致機関と事業創出 (2024/3/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

覚書により、アルバータ州でCCS・CCUS事業や、バイオマス発電とCCSを組み合わせてCO2排出量を実質ゼロ以下にする事業、ブルー水素・アンモニアの事業創出を検討する。

タクマ、ロボで金属くず搬送・回収 播磨工場に導入 (2024/3/1 機械・ロボット・航空機)

播磨工場は、ゴミ焼却施設やバイオマス発電施設など向けに、1時間当たりの蒸発量が10-300トンの大型ボイラを製造するマザー工場。

DMG森精機、木質バイオマス発電ガス化炉が連続2000時間稼働 (2024/2/28 機械・ロボット・航空機1)

DMG森精機は27日、伊賀事業所(三重県伊賀市)に導入した木質バイオマス発電のガス化炉が、メンテナンスせずに連続2000時間稼働したと発表した。

住重が新中計、設備投資1900億円 ロボ・半導体など重点 (2024/2/15 機械・ロボット・航空機1)

一方、売上高が最小のバイオマス発電用ボイラなどの部門は増益だが小幅な増収にとどまるとみる。

経営ひと言/タクマ・南條博昭社長「脱炭素で貢献」 (2024/2/15 機械・ロボット・航空機2)

社会的な環境意識の高まりで、ゴミ焼却施設やバイオマス発電施設の環境対応が求められている。 同社は発電効率を高めるだけでなく、プラントから排出される二酸化炭素(CO2)...

セイコーエプソン、長野にバイオマス発電所 26年度後半稼働 (2024/2/14 電機・電子部品・情報・通信)

南信州の未利用木材など使用 セイコーエプソンは自社発電所として初となるバイオマス発電所の建設計画を長野県飯田市で始めた。... 発電出力は1990キロワットで、想...

バイオマスを扱う発電所での発煙・火災事故は相次いでいる。... 中部電などで構成する米子バイオマス発電所(鳥取県米子市)では貯蔵施設が爆発火災を起こし、関西電力の舞鶴発電所(京...

ダイセキ、可燃ゴミを固形燃料化 愛知・蒲郡市で実証 (2024/2/2 素材・建設・環境・エネルギー)

実証実験を通じて、将来的にカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出量実質ゼロ)な燃料としてバイオマス発電などでの利用を目指す。

石炭と木質バイオマス燃料を混焼する5号機で、燃料を運ぶベルトコンベヤーで火災があった。... バイオマスを扱う発電所では火災が相次ぐ。2023年9月に中部電などで構成する米子バイオマス発電所(...

日本紙パルプ商事傘下の2社、再生エネ由来電力に転換 (2024/1/31 素材・建設・環境・エネルギー1)

エコペーパーJPは従来、構内の木質バイオマスによる発電、蒸気の有効活用などに取り組んでいる。... 大豊製紙は木質バイオマス発電による電力・蒸気を使用してきたが、今回、中部電力からの購入電力分を岐阜県...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン