36件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

持続的な成長を遂げるために長期を見据えた「バックキャスティング」で策定。

バックキャスティング思考によりイノベーションも加速するだろう。

バックキャスティングに加えて、シナリオ策定という手法を取り入れることで、気候変動だけではなく、広義の将来リスク対応の道筋が見えてくる。

私自身も、このバックキャスティングを活用して大きく人生が変わった。... そこでサステナブルな社会とクレアンの2020年ビジョンをバックキャスティングで描いてみた。... 日本で最初にバックキャスティ...

「最新の技術シーズから展開を予測するフォーキャスティング、社会が欲する技術ニーズを起点とするバックキャスティング、それに日本の技術が世界のどこに位置するかというポジショニング分析を組み合わせる。

こんな時にこそ「バックキャスティング」という逆算の思考法が有用だ。... バックキャスティングはもともとスウェーデンの環境教育団体ナチュラルステップ創設者のカール=ヘンリク・ロベール博士が提唱者だが、...

そのためには、地球1個分の範囲で将来世代も私たちも健康で幸せに暮らせる未来の姿から考える「バックキャスティング」という発想法が適している。次回以降は、バックキャスティング思考と未来ビジョンの創り方をご...

「新しい時代には、将来のゴールからのバックキャスティングの発想で白地に絵を描く能力が重要」としテクノロジー活用とともに人間の強みを生かした銀行変革に挑む。

とりあえずは30年の姿を描いてそこからバックキャスティングしながら、次と次の次の中計を作っていくというのが布石。

中小機構東北など、26日に青森で通販経営セミナー (2017/5/12 中小企業・地域経済2)

菅原渉中小機構販路開拓支援アドバイザー(バックキャスティング社長)が講演する。

未来の姿から今何をすべきかを発想する「バックキャスティング」の考え方で、将来に先回りした改善にも取り組む。

当初は2045年を起点にバックキャスティングの手法で税や社会保障について具体的数値を盛り込む予定だったが、議論がまとまらず、まずは目指す社会像を示すにとどめた。

将来の社会のあるべき姿から、必要な技術を発掘する「バックキャスティング」視点で取り組む。

経済と政治は車の両輪だが、全く同じである必要はない」 「目指す未来を起点に、いま何をするべきかを考えるバックキャスティングの発想で、国のあり方を長期的な視点から議論できるところに、経...

50年からバックキャスティング(逆算)し、ゼロにたどり着くための具体的な活動を中期環境計画に落とし込んでいる。

そこで登場するのが「バックキャスティング」と呼ばれる手法だ。... JR東日本はバックキャスティング手法で未来の新しい駅のあり方を構想。... 亀田所長は「バックキャスティングで何をやればいいかわかっ...

指標の開発は環境制約の上に成立する心豊かなライフスタイルを「バックキャスティング手法」で検討。

テーマは「ネイチャー・テクノロジーのビジネス化への課題II―バックキャストでつくったライフスタイルから新しいビジネスが見えるか―」。 ... 石田教授は研究会の目標として「バックキャ...

講演では、東北大学大学院の古川柳蔵准教授(写真)が、30年の環境制約下におけるライフスタイルを“バックキャスティング”で描くことで「ビジネスの創出につながる」と説明。

その時々のやりたいことはあるが、それはゴールでなく本当の目標を突き詰めたところにあるのが弔文というわけだ▼スウェーデンの環境団体ナチュラル・ステップが提唱したバックキャスティングという手法がある。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる