電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

21件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

米国の大統領選挙の結果次第では円高に振れる可能性もあり、リスクとして考慮すべきだ」 ―バッテリーパウチは鶴瀬工場の新ライン稼働計画を1年後ろ倒し、24年10月からの稼働を予定します。...

印刷2社の通期見通し、増収営業増益 ポートフォリオ改革寄与 (2024/5/14 電機・電子部品・情報・通信1)

一方、DNPは電気自動車(EV)などに搭載するリチウムイオン二次電池の外装材「バッテリーパウチ」の中長期的な伸びを見込む。

印刷×情報技術で価値創造 大日本印刷(DNP)は2023年度から3カ年の中期経営計画で、メタルマスクといったエレクトロニクスやバッテリーパウチなどの成長けん...

展望2024/大日本印刷社長・北島義斉氏 XRなどM&Aで成長 (2024/1/25 電機・電子部品・情報・通信2)

何が起きるかよく注視しながら事業を行いたい」 ―バッテリーパウチは米国の新工場を26年度に稼働する見込みですが、電気自動車(EV)市場の伸びは鈍化しています。 ...

辰年生まれの経営者 (2024/1/1 辰年生まれの経営者)

主力事業であるメタルマスクやバッテリーパウチは花開くまでに数十年以上かかったが、持続的に成長することが我々の使命だと認識している。

大日印、バッテリーパウチの米新工場に100億円 (2023/11/23 電機・電子部品・情報・通信2)

バッテリーパウチは電気自動車(EV)などに搭載するリチウムイオン二次電池の外装材。... 今後もバッテリーパウチ世界首位の維持に向けた成長投資を続ける。 DNPはリチ...

例えば鶴瀬工場(埼玉県三芳町)は出版の印刷からバッテリーパウチ生産に転換し、今秋に2ライン目が稼働予定だ。同工場に所属する数十人規模の社員に戸畑工場(北九州市戸畑区)で...

大日本印刷は米国の電気自動車(EV)需要増を見込んでバッテリーパウチ工場の新設を計画する一方、収益性の低い事業は縮小・撤退を検討する。

印刷2社、成長を加速 新中計の実効性高め収益向上 (2023/6/7 電機・電子部品・情報・通信2)

凸版はデジタル変革(DX)やサステナブル変革(SX)を、DNPはメタルマスクやバッテリーパウチなどを軸に成長戦略を描く。... 営業利益1300億円以上の早期達成に向け...

今後5年間で総額3000億円程度の自己株式取得を計画するほか、バッテリーパウチなどの注力事業にも2600億円以上の投資を行う。

このうち半導体関連やバッテリーパウチなど注力事業に2600億円以上投資する。

現中計では、バッテリーパウチといった注力分野に対し、「毎年600億円前後の投資を実行」(小島拓也IR室副室長)してきた。

展望2023/大日本印刷社長・北島義斉氏 “オールDNP”意識強める (2023/1/25 電機・電子部品・情報・通信2)

注力分野のバッテリーパウチ、メタルマスクなどは投資を継続。バッテリーパウチでは10月に鶴瀬工場(埼玉県三芳町)に新設の生産ラインを、デンマーク工場ではスリット加工ラインを(23...

大日印、オフセット・オンデマンド印刷一貫体制 埼玉・久喜で (2022/2/4 電機・電子部品・情報・通信)

21年に電気自動車(EV)などに搭載するリチウムイオン二次電池の外装材であるバッテリーパウチの生産を始めていた。

展望2022/大日本印刷社長・北島義斉氏 バッテリーパウチ増産 (2022/1/31 電機・電子部品・情報・通信)

―電気自動車(EV)などに搭載するリチウムイオン二次電池の外装材であるバッテリーパウチの需要が拡大しています。 ... 鶴瀬工...

大日本印刷は、電気自動車(EV)などに搭載するリチウムイオン二次電池の外装材であるバッテリーパウチの生産能力を順次拡大する。... 大日印はバッテリーパウチの世界首位。... 近年は脱...

全体では2020年4―9月期ほどの大きな影響には至らないとみている」 ―リチウムイオン二次電池用バッテリーパウチは対照的に需要が高まっています。

経営ひと言/大日本印刷・橋本博文常務取締役「焦らず構える」 (2020/8/24 電機・電子部品・情報・通信)

業務委託(BPO)やリチウムイオン二次電池用バッテリーパウチは需要増を見込めるが、全体をどこまで補えるかは不透明。

近年はリチウムイオン電池用バッテリーパウチの引き合いも強く、電気自動車(EV)が拡大すればさらなる需要増も見込める。

デジタル時代 総合印刷の進む道(2)大日本印刷社長・北島義斉氏 (2020/2/4 電機・電子部品・情報・通信1)

リチウムイオン電池用バッテリーパウチやタッチ操作できる加飾パネルなど提案できる製品が増えている。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン