1,059件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

メタネーションは既存のガスパイプラインを利用して供給できる利点があるが、環境に配慮し再生可能エネルギー由来の水素を用いると、原料価格は跳ね上がる。

ニュース拡大鏡/東ガス・ガスパイプライン「茨城幹線」、来春供用 (2020/11/20 建設・生活・環境・エネルギー)

東京ガスにとって国内では最後のパイプラインの建設だ。... 茨城幹線の完成により、千葉、茨城、栃木、埼玉のパイプラインが環状に結ばれる。 ... 【知見生かせるか】 ...

展示に合わせていわきバッテリーバレー推進機構が開いたイベントでは、水素社会実現に向けて福島県が進める水素パイプライン計画も紹介された。 ... またバッテリーバレー推進機構の猪狩謙二...

洋上風力発電基地で作られた電力で水を電気分解して水素を製造し、既存のガスパイプラインによって、ルール工業地帯などに輸送したり、地下のガスタンクに貯蔵したりする。

また、FH2RのPtGプラントで生産する水素をパイプラインで供給。... 水素輸送では同町で開発が進んでいる水素の柱上パイプラインで供給する最初の事業化となる可能性もある。

豪APA、再生エネ投資に慎重姿勢 (2020/10/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

【シドニー=時事】豪天然ガスパイプライン大手APAグループのロブ・ウィールズ最高経営責任者(CEO)は、風力と太陽光発電事業に対するさらなる投資に対して、慎重な姿勢を示した。

ブラザー工業・巴商会・横浜国立大学 水素パイプライン、浪江町に柱上設置 ブラザー工業、巴商会(東京都大田区、深尾定男社長、03・3734・1111)、横浜国立大学の共同企業体が福島県...

MCHによる水素輸送の実用化は早くても25年とみられるが産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所(FREA、福島県郡山市)は「国内でMCHを水素パイプラインに代替供給する事業も可能」(辻村拓再生...

日本は水素燃料電池車用の液化水素や有機ハイドライトによる輸送、石炭混焼発電にアンモニアを使うグリーンアンモニア構想、金属貯蔵、パイプラインで水素を家庭に送り燃料電池で発電するエネファームなど、水素経済...

次世代システム基盤にはオープンシフトを採用することで、サービス提供の工程を見える化して自動化する「デリバリーパイプライン」の構築や開発手法の変革を推進。

カバーする資産は現在、発電容量が650ギガワットを超え、風力タービン数は3万3000基、送電線は42万5000キロメートル、天然ガスパイプラインは3万5000キロメートル以上。

【フランクフルト=時事】欧州東部との貿易促進を目的とするドイツ経済東欧委員会(OA)は7日、ロシアへの制裁措置として天然ガスパイプライン「ノルドストリーム2」の建設停止について、反対する姿勢を明らかに...

猪狩社長は「水素はまだコスト高だが、今後RE100を実現する企業の進出も視野に、これらのユーザーへ水素をパイプラインで供給する基地として実用化を目指す」としており、水素事業の段階的な展開を進める。

この二つのライセンス製品は、フォードズ・ファーマの複合注射製剤パイプラインポートフォリオの主要技術資産。

【シンガポール、北京=ロイター時事】中国のガス供給大手、ENNグループの液化天然ガス(LNG)ターミナルと地域供給網をつなぐ海底パイプラインの連結工事が完了した。... 19年にガスパイプラインの稼働...

化学メーカー、変わる定修 人手不足、時期分散化 (2020/8/11 素材・医療・ヘルスケア)

パイプラインでつながったコンビナート内の複数工場で連動して定修を実施するため、エチレン装置の定修分散は効果がある。

パイプラインの拡充につなげる。

水深3000メートルの過酷な環境下における海底パイプラインの近接検査で試用する。

一方、ポンペオ国務長官は15日の記者会見で、ロシアとドイツをつなぐ「ノルドストリーム2」などの天然ガスパイプライン計画について「欧州のロシア産エネルギーへの依存を強め、最終的に米欧の安全保障を弱体化す...

検査用のロボットアームを自律制御しながら、パイプライン上を安定して進めることを確認した。... 日本財団の連携助成プログラムに基づき、パイプラインを模擬したパイプを敷設して実証した。産業用ロボットと潜...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる