電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

727件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

SBTは温暖化対策の国際ルール「パリ協定」達成に貢献する企業の温室効果ガス排出量削減目標を認定する民間主導の活動。

現行の第6次エネルギー基本計画では2030年の二酸化炭素(CO2)削減目標がマイナス46%となっており、次期の第7次計画では、23年末のパリ協定締約国会議を受けて、これを35年...

交渉の場としての意義は継続しつつも、パリ協定への移行、さらにコロナでの限定開催を経て再開したCOP28は、大規模化・商業化が進んだようだ。 ... 罰則を含む詳細...

このプロジェクトは17年にトランプ政権下の米国がパリ協定から離脱したことを契機としてスタートした。

公約通りにパリ協定から離脱することは必定である。 ... それを受けてパリ協定の交渉が始まり「全ての国が参加する枠組み」と銘打ったパリ協定が15年に合意された。... これは30年目...

パリ協定(気候変動問題に関する国際的枠組み)からも再離脱し、保護貿易へと大きく舵(かじ)を切る。

クライメートテックが盛り上がった契機は、パリ協定における2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の達成と、締約国会議(COP)26で確認された...

最も注目されたのは、パリ協定史上初めて化石燃料の廃止に合意できるかだった。

CO2数値目標と決別すべき パリ協定では2025年2月に35年の二酸化炭素(CO2)削減数値目標を「国別決定貢献(NDC)」として各国が提出することと...

その意欲的な目標は、国際的な活動「サイエンス・ベースド・ターゲッツ(SBT)イニシアティブ」から、パリ協定達成に貢献する水準として認められた。... 原貿易と二幸産業は、パリ協定達成に...

バイデン政権で復帰したパリ協定(気候変動問題に関する国際的枠組み)から再離脱する可能性もある。

しかしながら、既に選挙演説で言及されているように、パリ協定からの再離脱で環境対応が後退し、輸入品への一律関税10%付加などの形で第1次政権以上の「米国優先主義」が展開されることとなればその他ア...

例えば、トランプ前米政権のパリ協定(地球温暖化対策の国際的枠組み)からの離脱である。

15年のパリ協定採択や18年の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による「1・5℃特別報告書」発表などにより、国際社会での注目度が高まっていった。... 2015年のパリ協定では、...

レンゴー、温室ガス削減でSBT認定 (2024/1/17 素材・建設・環境・エネルギー2)

レンゴーが掲げるスコープ1、2での21年度比42%削減、スコープ3における同25%削減などが、気候変動対策の世界ルール「パリ協定」が求めるGHG削減目標と整合し、気候科学に基づく共通基...

ケリー氏は環境保護積極派として知られ、オバマ政権では、国務長官として、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の取りまとめに尽力した。 気候変動対策を看板政策に掲げるバイデン政権は2021...

GX実行、新たな成長へ 2023年末のドバイ締約国会議(COP28)では、パリ協定の目標に向けた世界全体での進捗(しんちょく)を確...

(編集委員・松木喬) 「パリ協定」への参加国は、25年中に目標を再提出する。

(2)パリ協定の目標範囲内にとどまるためには、化石燃料の生産と消費の管理的かつ公平で段階的かつ迅速な廃止が必要である。

米国はトランプ前政権時代に地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から離脱したのち、バイデン現政権が同協定に復帰した経緯がある。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン