263件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

大阪大学産業科学研究所と阪大大学院医学系研究科は、独自の球状構造のシリコン製剤で、細胞が酸化する酸化ストレスが関わる疾患であるパーキンソン病や慢性腎臓病の悪化を抑制できる可能性を発見した。... 慢性...

アルツハイマー病やパーキンソン病など多くの精神神経疾患の原因となるシナプスの形態異常の早期発見につながる。

エーザイは25日、パーキンソン病治療剤「エクフィナ」について、韓国当局「韓国食品医薬品安全処」の承認を取得したと発表した。韓国で適用となったのは、運動症状の日内変動があるパーキンソン病患者への治療。....

大日本住友製薬の米国子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ(マサチューセッツ州)は、パーキンソン病の薬物治療後も再発・悪化する「オフ症状」を改善する治療剤について、カナダで初めて製造販売承認...

京都大学iPS細胞研究所の井上治久教授らの研究チームは4日、遺伝性のアルツハイマー病を対象に、パーキンソン病治療薬などとして使われる「ブロモクリプチン」の治験を始めると発表した。... 遺伝による家族...

主力の非定型抗精神病薬「ラツーダ」に次ぐ成長エンジンとして期待が高いだけに、販売戦略への影響が注視される。 ... 特に筋萎縮性側索硬化症(ALS)や重度パーキンソン病などを適応症と...

神経回路が価値判断、情報を眼球運動に変換 京大など解明 (2020/4/21 科学技術・大学・中小・ベンチャー)

大脳基底核が担う多様な機能やパーキンソン病など疾患の仕組み解明につながる。

挑戦する企業/住友化学(12)化学と医薬の間 (2020/3/12 素材・医療・ヘルスケア)

5種のiPS細胞種でプロジェクトが進行し、最も進んでいるパーキンソン病治療用のドパミン神経前駆細胞製品は2022年度の市場投入を目指す。

「米国では筋萎縮性側索硬化症(ALS)や重度パーキンソン病などを適応症とした開発品目が今後フェーズ3試験に入り、21年度から22年度の市場投入をやり遂げたい。

ケアコム(東京都調布市、池川充洋社長、042・485・7111)は、脳卒中後遺症やパーキソン病の患者向けにリハビリ用発声・発話トレーニング装置「スピリハ」を開発した。... リハビリの対象は脳卒中や頭...

レビー小体病は、パーキンソン病(PD)とレビー小体型認知症(DLB)を含む疾患で、DLBはアルツハイマー型認知症に次いで患者数が多い。... 研究チームは、レビー小体病が発症する10―20年前から、便...

協和キリンは、経皮吸収型パーキンソン病治療剤「ハルロピテープ」(一般名ロピニロール塩酸塩)を発売した。

商工中金、医療・バイオVB3社に融資 SDGsへの貢献評価 (2019/11/28 中小・ベンチャー・中小政策)

また、遺伝子治療に関する専門の特許を保有し、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病、アルツハイマー病などに関する基礎研究から臨床研究までを一貫して対応する。

エーザイは、パーキンソン病治療薬「エクフィナ」(一般名サフィナミドメシル酸塩)を発売した。適応は「レボドパ含有製剤で治療中のパーキンソン病におけるウェアリング・オフ現象の改善」。... パーキンソン病...

パーキンソン病などの難治性疾患の早期診断での活用も視野に入れ、研究を進めているという。

神経損傷後のリハビリテーションにおける運動野機能の変化やパーキンソン病などの運動失調の解明、新たな治療方法の開発などにつながる。

Meiji Seika ファルマ(東京都中央区、小林大吉郎社長、03・3273・6030)は、パーキンソン病治療薬「エクフィナ」(一般名サフィナミドメシル酸塩)が、「レボドパ含有製剤で治療中のパーキン...

筆者の住むコンドミニアムでは、毎朝82歳のパーキンソン病の父親を介護する家族が散歩している。

同社は、パーキンソン病治療薬を開発するイスラエル企業で、買収額は約11億ドルだった」 ―JIINの下で、今後取り組みたいことはありますか。

日本ピストンリングは、神経変性疾患「パーキンソン病」の治療に使用する脳内の刺激装置の部品を開発した。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる