電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

104件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

SCMの世界には「ソーシング」と「プロキュアメント」という微妙に異なる二つの概念がある。... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者である山本圭一・水谷禎志・行本顕の3氏によっ...

サプライチェーン(供給網)を挙げての取り組みとしてサプライチェーン・マネジメント(SCM)の観点より考察してみたい。 ... 世界標準のSCM教本&#...

登場以来、SCM実務家の間ではよく知られたランキングである。SCMの観点から世相を読み解く上で見逃せない情報の一つともいえよう。... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者であ...

部材の重要度、見極め肝要 ビジネスパーソン同士の会話において「垂直統合」あるいは「自前主義」という表現はやや自虐的なトーンで用いられがちだ。... 世界標準のSCM教本(日刊...

SCMのプロフェッショナルたちはどのような人々なのか。... SCM先進国である米国ならではの状況ともいえるが、SCMの標準化が進めば各国においても同様の変容が見られることになるだろう。 &#...

SCMは需要・供給の不確実性を前提とする意思決定の連鎖だ。... もっとも、平時のSCMはこの限りでない。... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者である山本圭一・水谷禎志・...

サプライチェーン・マネジメント(SCM)の観点より考察してみたい。 ... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者である山本圭一・水谷禎志・行本...

再資源化へと拡張・変容 本講座の第44回では谷川俊太郎の短編『いっぽんの鉛筆のむこうに』についてサプライチェーン・マネジメント(SCM)の立場から考察した。... S...

つまり、現在30―40歳前後のビジネスパーソンの多くが実は小学生の頃にサプライチェーンについて学ぶ機会を得ていたことになる。 ... これを学ぶ機会は長らく米国への留学・駐在の機会に...

日本のSCM実務家にとってもなじみ深い辞書だ。... SCMのグローバルなコミュニティーに貢献するマインドがSCM実務家に期待されるのである。 ... 世界標準のSCM教本(...

この活動をSCM用語では「リソース・プランニング」という。 ... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者である山本圭一・水谷禎志・行本顕の3氏によって創設され...

SCMのフロンティアは日々開かれ続けており、実務家自身の手によってダイナミックに変容・進化しているのである。 ... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者であ...

米SCM協会(ASCM)が24年に取り組むべきSCMトピックの筆頭として挙げるのは「サプライチェーン(供給網)のデジタル化」だ。... 世界標準のSCM教本(日...

SCMはもろ刃の剣 2023年が間もなく終わる。... さらに歴史をたどるとSCMの基礎概念は教授が戦火の下で行った研究活動に行き着く。... 世界標準のSCM教本(日刊工業...

さまざまな事象の共通点や異なる点をサプライチェーン・マネジメント(SCM)の観点から読み解くことが重要だ。 ... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)...

しかし、SCMにおいてより重要性が高いのは回収の方だ。... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者である山本圭一・水谷禎志・行本顕の3氏によって創設された世界標準のSCM普及推...

いま一度サプライチェーン・マネジメント(SCM)の観点より考察してみたい。 ... SCMはこれを克服するための知見が体系化されたものである。 .....

SCMは需要を起点とする活動だ。... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者である山本圭一・水谷禎志・行本顕の3氏によって創設された世界標準のSCM普及推進プロジェクト。......

SCMでは両者を視野の内に捉え、変化に対峙(たいじ)する姿勢が求められる点に留意したい。 ... 世界標準のSCM教本(日刊工業新聞)』の著者である山...

サプライチェーン・マネジメント(SCM)の観点より考察してみたい。 ... 需要側に向けたSCMとしては奏功したといえそうだ。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン