168件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

研究用の熱電材料として使われるビスマス・アンチモン合金を棒状に加工し試料として使用。

Eサーモの熱電変換モジュール「フレキーナ」は、薄さ15マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のフレキシブル基板上にビスマステルル系の熱電素子を高密度に実装する。

トポロジカル絶縁体として、タリウムとビスマス、セレンで構成された化合物に着目した。

さまざまな元素を加えて、粒界すべりによる変形を検証した結果、微量のマンガンまたはビスマスを添加することで、蛇腹変形可能や高速変形可能なマグネシウム合金の開発に成功した。

11月、ビスマス(数量など不明)。 ビスマスの売却に際し、中国内の報道では簡単に以下のように市況との関連を述べている。... 15日のビスマス取引価格の主体はトン当たり4万1500―...

ビスマスと毒性が高いテルルを含む化合物を利用した従来の熱電材料に比べ、材料コストを5分の1以下に減らせると期待される。

研究グループは大阪大核物理研究センターの大型加速器を用いて、電荷を帯びた粒子を元素のビスマスに照射し、α線を放出する原子を製造した。

加えてビスマス・テルル系は毒性元素で廃棄処理やリサイクルで課題がある。一方、新しい鉄系材料は発電コストはビスマス・テルル系を上回ったという。

強磁性と電気を蓄える強誘電性が共存したセラミックス結晶「コバルト酸鉄酸ビスマス」の薄膜に、電圧を加えて電気分極を反転させ、磁化の方向も反転させた。... その結果、コバルト酸鉄酸ビスマスの強磁性区域と...

【薄膜を操る】 ADSには、鉛とビスマスの合金を液体として使用する。... J―PARCセンターの持つ鉛ビスマス試験装置群が、腐食のメカニズムの解明と腐食抑制技術の開発を担う。...

融点270℃の無鉛ハンダ材、広島大が開発 (2018/12/14 科学技術・大学)

ビスマス系の合金で現行品に比べ数十度C融点が向上した。

研究グループは、2017年にイッテルビウムとシリコンで材料を開発し、室温付近での熱電変換性能が最も高い材料「ビスマス・テルライド」に迫った。今回は、17年開発の材料に含まれるシリコンの半分をゲルマニウ...

我々は、理研AVFサイクロトロンで加速したヘリウムのイオンビームをビスマスの標的に照射してアスタチンを製造し、所内外の研究者と共同で新しいがん治療用医薬品の開発を目指している。

現行の熱電材料はビスマス・テルルが有毒元素を含むなど扱いが難しかった。

その中からスズ・ビスマス・セレン化合物など二つを実際に合成し、超電導になることを確認した。

【融合確率は極小】 113番元素ニホニウムは、30番元素の亜鉛を加速器で光速の約10%に加速し83番元素のビスマスの原子核に衝突させ、原子核どうしを融合させて合成した。

アモルファスシリコンの中にビスマスの微小結晶をちりばめる。... この予測モデルを利用して複合材料の2000以上の組み合わせの中から元素を絞り込み、シリコンとビスマスを選んだ。... この複合薄膜を調...

東工大の前田和彦准教授は「有毒な鉛が含まれるので、毒性が低いスズやビスマスに置き換える研究をしたい」と話した。

ビスマスについて、生産量は安定し、川下産業は長期契約で調達。... 17年の中国内のビスマス地金生産量は1万2000トンで、18年は1万2480トン。... 地金輸出は下降傾向、三酸化ビスマスの輸出は...

レアアース系酸化物超電導線材の超電導層を鉛ビスマスでコーティングして保護することに成功した。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる