208件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

その一環が、2004年からグループ傘下となった応用技術とのBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)総合サービス「to BIM」。

(大阪・市川哲寛) りそなグループは、博覧会協会の会場基盤整備工事や施設整備事業、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データマネジメ...

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)をキーワードに、大型ビジョンでデジタル技術とリアルスケールの双方を体感する。

JR東など、デジタルツインでDX支援 鉄道・インフラ向け (2022/5/24 建設・生活・環境・エネルギー)

さらに取得時期の異なる点群を重ねたり、建物・建設情報を3Dモデル化するビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)データを点群に重ねるなど、過去や計画構造物との比較が可能にな...

大林組、工程管理システム拡充 2画面で比較・確認しやすく (2022/5/18 建設・生活・環境・エネルギー2)

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)モデルと部材の一覧を並べて比較したり、計画と実績の進捗(しんちょく)を確認したりできる。

ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)との連携により、壁ボード工事に関する出来高の自動算出も可能になる。

建設デジタル化、3K払拭 担い手確保へ異例のライバル連携 (2022/5/2 建設・生活・環境・エネルギー)

タワークレーンの遠隔操作、自動搬送システム、照度測定、コンクリート打設、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)の共通化などがテーマとなるが、飛行ロボット(ドロー...

「タワークレーンの遠隔操作やBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の共通化などテーマごとに各分科会が進める。

インタビュー/丸紅アークログ社長・三川亮氏 建材検索サイト好調 (2022/4/27 建設・生活・環境・エネルギー2)

建設業界のDXけん引 ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)に対応する建築建材総合検索サイト「アークログ」を展開する丸紅アークログ(...

建物・建設情報を3Dモデル化するビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)データが読み込み可能で、増築部の3Dモデルに合わせて現況をスキャンし、現場の点群データを照合して工...

経済透視図(59)建設業のDX普及 (2022/3/30 金融・商品市況)

特に注目すべき内容は、23年度までに小規模なものを除く全ての公共工事について、建物・建設情報を3Dモデル化する「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)/CIM...

大成建設、建築生産DX技術をパッケージ化 省人化・品質向上を両立 (2022/3/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

工事ではフルBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)によるデジタル技術を活用し、設計から施工まで一連の作業を実施した。

清水建、鉄筋の照査・作図を省力化 BIMソフト機能追加 (2022/3/15 建設・生活・環境・エネルギー)

土木工事に3Dモデリング技術を活用した躯体設計プロセスの合理化が狙い。同社が活用する米社製ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)ソフトウエア「Revit」に実装した。....

国交省はニーズを持つ企業と解決技術を持つ企業とのオープンインベーションが実用化まで達成している点や、「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)/CIM(...

準大手・中堅ゼネコン トップに聞く(6)東急建設社長・寺田光宏氏 (2022/2/24 建設・生活・環境・エネルギー)

「建築部門ではビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)によるフロントローディング(設計段階での作り込み)などで原価低減を図る。

リケジョneo(175)共同カイテック・中田美晴さん (2022/2/21 ひと カイシャ 交差点)

特にビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)の導入に尽力しています。

設計にBIMの威力 共同カイテックの中田美晴(29)さんは、3次元(3D)モデルを使うビルディング・インフォメーション・...

高砂熱学工業は17日、米オートデスクと建設業界向けソフトウエア「ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)」の普及に向けて戦略提携の覚書を結ん...

大林組、DX本部設置 (2022/2/3 建設・生活・環境・エネルギー)

各本部・事業部が連携を強めることで、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)生産基盤の強化とデジタル活用の業務プロセス変革(BPR)、デジタル人材の育成、...

安藤ハザマ、AIでボリューム設計自動化 システム開発着手 (2022/1/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

さらに、この企画ボリューム案はビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)データに変換し、基本計画提案資料の作成や今後の業務プロセス(基本設計)のプロジェクト...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン