5,708件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

新型コロナウイルス感染拡大で直近ピーク時から半減した株価も回復基調にあり、ファンドの取締役選任案への賛同が集まらなかったもよう。... 筆頭株主のエフィッシモ・キャピタル・マネージメントと、3D・オポ...

ただ今回、新型コロナによる株価急落などを背景に、大口株主のエフィッシモ・キャピタル・マネージメントと、3D・オポチュニティー・マスター・ファンドから推薦する取締役の選任を求める株主提案をそれぞれ受けた...

支援連携パートナーとなった複数のベンチャーキャピタルや、滋賀銀行、関西みらい銀行など地方銀行が、プログラム提供やファンドを通じた支援を表明。

JFEエンジ、新興3社に出資 (2020/7/30 機械・ロボット・航空機1)

スタートアップを支援するファンド2件への出資を決めたことも同日発表した。

マニュファクチャリングUSAのインスティテュートの予算は総額で約5億ドルであるが、その5億ドルのうち連邦政府のプログラム資金は37%で、残りは参画企業や団体のマッチングファンドだ。 ...

一方で、「日銀の買い入れ増強により、その銘柄が日銀の買い入れ対象かどうかを重視するディーラーやファンドマネージャーが多く、発行体の業績評価や将来性分析がおろそかになりがちだ」(新堂デット・シンジケート...

【クアラルンプール=時事】マレーシアの政府系ファンド「1MDB」をめぐる巨額資金流用事件の首謀者の一人とされるナジブ元首相(67)の公判が28日、クアラルンプール市内の裁判所で開かれ、裁判官はマネーロ...

当初、同プログラムはファンド形式を想定していた。

政府は研究開発資金確保のため、最大で10兆円規模のファンドを創設し、若手人材の育成などに充てる方針。

大株主で一時は同社に経営陣刷新を迫った旧村上ファンド系の投資会社レノは、関係者が総会に出席したものの、発言はなかった。

シンガポールも、政府系VCファンドのSGイノベートがアーリー・シードステージの投資を支援。... しかし依然、レイターステージでの巨額資金調達の壁は厚く、同ステージ向けVC、プイライベート・エクイティ...

日本赤十字社への義援金、非政府組織(NGO)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと共同設立したファンドからの拠出、グループ社員による募金などを含む。

【チューリヒ=ロイター時事】ソフトバンクグループがスイスの金融大手クレディ・スイスのサプライチェーン・ファイナンスファンドに対する5億ドルを超える投資を引き揚げたことが複数の関係筋の話で明らかになった...

フェローテック、中国新工場の投資上積み 60億円増 (2020/7/21 電機・電子部品・情報・通信1)

資金は中国子会社と中国政府系ファンドから調達予定。

その場合は、経営者の意欲と、事業の将来性を判断材料に、金融支援を決めたい」 「当行は自前で再生ファンドを持ち、企業再生のノウハウを蓄えてきた。

さらに科学技術・イノベーションの取り組みで「世界に伍(ご)する規模のファンド」を創設し、世界レベルの研究基盤整備に取り組む方針を盛り込んだ。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化の兆しを見せる中、融資だけでなく資本性資金提供やファンドなどを組み合わせた多面的支援を本格化する。 ... 今後、資本性資金提供やファンド活用、...

清水建、ベンチャー投資100億円 技術・業務提携目指す (2020/7/17 建設・生活・環境・エネルギー)

清水建設は16日、技術開発・事業化段階(アーリーステージ)にある国内外ベンチャーやベンチャーファンドを対象に100億円を上限とする出資枠を設定したと発表した。

東芝が31日に開く定時株主総会をめぐり、筆頭株主の投資ファンドなどが求める取締役候補5人の選任議案について、米議決権行使助言大手インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)が反対を...

研究開発資金確保に向けて、最大で10兆円規模のファンドを創設し運用益などで共用施設やデータ連携基盤の整備、若手人材育成などに充てるとした。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる