電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

これは、より良いコンテンツがより多く生まれる可能性を高める一方、フェイクニュースが爆発的に増えていくという問題も生じさせる。... フェイクニュースに対しては、情報が流通するSNSなどでの対応、消費者...

卓見異見/web3と生成AI 日立製作所会長・東原敏昭 (2024/1/15 ひと カイシャ 交差点)

生成AIについては、フェイクニュースの増加や知的財産権の侵害、さらには個人情報の漏えいや政府、企業などのセキュリティーが破られて機密情報が盗まれるといった課題について、幅広く議論されている。

裏読み科学技術(112)利用盛ん「チャットGPT」 (2023/11/27 科学技術・大学)

「フェイクニュース、生成AⅠ、読み解く能力高めたい」(同20日付)。

フェイクニュース(虚偽報道)という言葉が広く定着したのは2016年の米大統領選ごろとされる。... 生成人工知能(AI)を利用して作った岸田文雄首相の偽動画がSNS上で...

情報化の恩恵を受けられる人と受けられない人の格差、いわゆるデジタルデバイドの問題や、人工知能(AI)を悪用したフェイクニュース、プライバシーに関する潜在的な法的および倫理的問題、機械学...

これらはフェイクニュースと呼ばれ、選挙結果に影響を及ぼすなど社会を混乱させる。「ChatGPT(チャットGPT)」のような大規模言語モデルを使うことで、フェイクニュースを簡単かつ大量に...

データの悪用はフェイクニュースや知的財産の侵害にもつながりかねず、信頼性のあるデータ流通基盤の必要性が高まっていた。

また、会員制交流サイト(SNS)の普及により、誰もが簡単に情報を発信できるようになったが、一方で、虚偽の情報が含まれるフェイクニュースにより世論が誘導されたり、真偽が定かでない情報など...

フェイクニュースに代表されるように、本当に大事な情報は対面で人を介さないと取れない」 ―問屋組合の活動は間口を広げました。

中国軍の動向分析として毎年刊行している報告書で、8月の台湾海峡における演習時などに中国がサイバー攻撃やフェイクニュースの流布など非軍事手段の攻撃を加速している現状について分析している。 ...

「語弊を恐れずに言えば、有権者がフェイクニュースを発信すること、それを信じることも権利であり仕方がない。

現在、ヘイトスピーチやフェイクニュースなどが人類を苦しめている」 ―間違った言葉の使い方は人類にどのような負の影響をもたらしたのでしょう。

議論を公平に“交通整理” フェイクニュースやポピュリズムの台頭で民主主義が揺らいでいる。

ところが昨今、フェイクニュースによる世論誘導、なりすましによる詐欺被害などが社会問題化している。

私たちの身近でもフェイクニュースなどの「みえないもの」に安心・安全が脅かされるようになった。

産業春秋/米国航空に新規参入 (2021/8/30 総合1)

にわかに信じがたい話だが、情報の出所はウォールストリートジャーナルの記事なのでフェイクニュースではない。

このようなデマやフェイクニュースの拡散は、人々の思想や世論をも左右する社会問題にまで発展しており、ITを活用したサービスや情報そのものへの不信感を招いている。

フェイクニュースなど使い方を間違うと社会を混乱に陥れてしまうが、人に寄り添う使い方もできるはずである。

フェイクニュースが跋扈(ばっこ)するようになったが、それを淘汰(とうた)する仕組みも確立できていない。

意図されたフェイクニュース(虚偽報道)やデマ、時には称賛が拡散。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン