73件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

誘電体の周期構造(フォトニック結晶)を変形させるという簡単な手法で、レーザーの偏光状態や出射方向を自由に制御できるようになる。 ... 今回、フォトニック結晶の対称性を操作するだけで...

京都大学工学研究科の野田進教授らは、電気による制御と2次元的な出力方向の変化が可能な新しいフォトニック結晶レーザーチップを開発した。光の屈折を制御する微細格子構造「フォトニック結晶」の穴の位置と大きさ...

自動走行実現へ一歩 京都大学工学研究科の野田進教授らは30日、北陽電機(大阪市西区)と、光の屈折を制御する微細構造「フォトニック結晶」を使ったレーザーを搭載し、光の反射にかかる時間で...

超微細構造体であるフォトニック結晶やカーボンなどの軽元素で、この状態を作れる可能性がある。

野田教授は、周期的な屈折率で光をさまざまに制御する微細構造「フォトニック結晶」を使ったレーザーを1999年に発明した。フォトニック結晶レーザーは、光の拡散を容易に抑え、低コストで高品質のレーザー光が得...

光を閉じ込めるフォトニック結晶材料の開発や、生体内での凝集現象の解明につながる。

30m先からレーザー加工 NTTと三菱重工、高品質光伝送に成功 (2018/4/26 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTと三菱重工業は25日、フォトニック結晶光ファイバー(PCF)を用い、出力1キロワットの高出力シングルモードレーザー光を300メートル、同10キロワットでは30メートルにわたり伝送することに成功し...

今後、光学特性や摩擦係数を制御できる薄膜材料の探索を進め、光を制御するフォトニック結晶などでの応用につなげる。

光の波長より細い半導体ナノワイヤを人工的な周期構造であるシリコンのフォトニック結晶上に配置し、光を空間的に閉じ込める光ナノ共振器を形成した。

東大、単結晶形成の物理因子を解明 (2017/3/2 科学技術・大学)

大きさのそろった球形の固体粒子が液体に分散した「コロイド」のフォトニック結晶の形成のほか、たんぱく質の良質な結晶成長に道を開く。 ... 単結晶の形成はさまざまな分野で重要であり、一...

フォトニックラティス(仙台市青葉区、佐藤尚社長、022・342・8781)は、独自の光学素子「フォトニック結晶」を活用した製品を製造、販売する東北大学発ベンチャー。... フォトニック結晶は、光の屈折...

(藤木信穂) ▽主な所在地=神奈川県厚木市森の里若宮3の1▽電話=046・240・3312▽主要研究テーマ=量子コンピューター、フォトニック結...

京都大学工学研究科の野田進教授らは、フォトニック結晶チップ上の微小点に保存した光を、制御光の照射により、別の離れた微小点へ瞬時に転送することに成功した。... フォトニック結晶は光の波長程度の周期性を...

京都大学の野田進教授らと浜松ホトニクスは最近、フォトニック結晶を使ったレーザーを世界で初めて開発した。

屈折率を変化させる媒質としてフォトニック結晶ファイバーを使い、光通信波長帯の単一光子の波束に対して、実際に波長変換が行えることを確認した。

開発したのは、シリコン製のフォトニック結晶(光を制御する特徴を持つ光素子)を使った光ナノ共振器。

【長野】電気通信大学フォトニックイノベーション研究センターの白田耕藏センター長・特任教授は、光ファイバー通信網に容易に光子制御機能を組み込める「フォトニック結晶ナノ光ファイバー」の二つの作製方法を開発...

集積回路に積みやすいシリコン薄膜にナノ寸法の穴を周期的に開けたフォトニック結晶構造を利用。... 今回、フォトニック結晶を使った光ナノ共振器を、集積回路と同じCMOSプロセスを使って作製。

今回、光の取り出し面となる窒化アルミニウム基板の表面に、2次元のフォトニック結晶とナノ構造を組み合わせたハイブリッドの光取り出し構造を作製。

フォトニック結晶は、屈折率の異なる材料が周期的に並んだ微細な構造体。... 川上取締役ファウンダーは「フォトニック結晶をいち早く実社会に役立たせたい」との思いで起業した。 長年、光フ...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる