115件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

SCREEN、プリント基板向け直接描画装置 生産性50%増 (2020/10/22 機械・ロボット・航空機2)

【京都】SCREENホールディングスは21日、同社従来品比で生産性を最大50%改善できるプリント基板向け直接描画装置を開発、2021年1月に発売すると発表した。... 中国を中心に、スマートフォンのフ...

近畿経産局、来月にFPC3Dシンポ (2020/7/27 東日本・西日本)

近畿経済産業局は8月28日の14時から、オンラインでフレキシブル基板(FPC)の3次元(3D)モデル実装に関するシンポジウムを開く。... 大阪大学フレキシブル3D実装協働研究所と共同開催。

近畿経済産業局は17日、大阪大学やダイセルなどと共同でフレキシブル基板(FPC)の3次元(3D)モデル実装に向けた産学官連携拠点を始動すると発表した。... 阪大は1月に「大阪大学フレキシブル3D実装...

2014年設立のエレファンテックは、インクジェットと銅メッキ技術を活用し、曲げられるフレキシブル基板の開発・製造を手がける。同基板の量産に向けた製造ライン新設の資金として今回、融資契約を交わした。&#...

Eサーモの熱電変換モジュール「フレキーナ」は、薄さ15マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のフレキシブル基板上にビスマステルル系の熱電素子を高密度に実装する。

三井化学は9月をめどに、名古屋工場(名古屋市南区)内に、エレファンテック(東京都中央区)のインクジェット(IJ)技術を活用したフレキシブル基板の量産ラインを構築する。

三菱マテ、銅ナノインク開発 インクジェット印刷向け (2020/1/31 素材・医療・ヘルスケア)

エレファンテックは、必要な部分にのみインクジェット方式で金属ナノ粒子を印刷し、メッキ技術で金属を成長させる独自の製造技術により、従来のフレキシブル基板よりもリードタイムを短縮させ、製造コストの削減を実...

高耐熱で折り曲げ可能なフレキシブル基板の製造に使われる特許。画素回路の形成中にはガラス基板との密着性が良く、形成後には剥離されやすいという相反する特性を実現する。

【競争激しい】 基板材料はもっとも素材間の競争が激しい。... 【吸水性低い】 70年代から研究に取り組む老舗LCPメーカーの住友化学は「フレキシブル基板で、現行の...

2020年9月をめどに、三井化学名古屋工場(名古屋市南区)にIJによるフレキシブル基板の量産ラインを構築する。... エレファンテックはIJによるフレキシブル基板(写真)の製造を手がける東京大学発ベン...

曲げられるフレキシブル基板を活用した、ウエアラブル型の発光ダイオード(LED)表示器を10月末に投入する。プリント基板を応用したスマートフォン用ケースに続く第2弾商品。... ウエアラブル表示器は、本...

セイコーエプソン、エレファンテックに出資 (2019/8/21 電機・電子部品・情報・通信2)

セイコーエプソンはインクジェット印刷によりフレキシブル基板を製造するエレファンテック(東京都中央区)に出資する。... セイコーエプソンはエレファンテックにインクジェットヘッドを供給し、インクジェット...

わが社のモットー/伸光写真サービス (2019/7/25 中小・ベンチャー・中小政策)

◎加工にチャレンジ 伸光写真サービス(横浜市都筑区、今井俊夫代表取締役、045・933・8311)は高周波基板、多層基板、フレキシブル基板などの多様なプリント基板を手がける。

【山形】山形大学は、印刷技術とシリコンプロセス技術を組み合わせた次世代フレキシブル電子回路基板の高度化に乗り出す。... 時任研究室では、薄いフィルムに印刷方式でフレキシブル電子回路を形成する技術の開...

住化、米社と業務提携 エレ分野の新規材開発 (2019/4/18 素材・医療・ヘルスケア)

ディスプレー用光学フィルムや傷に強いハードコート材料、フレキシブル基板向け材料、接着剤などの開発を想定する。

第5世代通信(5G)機器のフレキシブル基板に提案していく。

大阪大学産業科学研究所の菅原徹准教授と菅沼克昭教授らは、大面積かつ高密度の半導体により、150度C以下で発電するフレキシブル熱電変換モジュールを開発した。... 研究グループは、柔軟性の高いフレキシブ...

天田財団、今年度前期の助成テーマ決定(下) (2018/11/22 機械・ロボット・航空機2)

【奨励研究助成若手研究者(レーザプロセッシング)】▽大阪大学レーザー科学研究所/特任研究員(常勤)上原日和「OH赤外吸収波長帯レーザを用いたガラスおよび樹脂材料加工に関する研究」▽琉球大学工学部工学科...

今回の接着技術は、軽量化が求められる自動車部品や電子機器のフレキシブル基板、建材や家電のデザイン性向上など広い分野で応用が期待できる。

山形県工業技術センター、あす研究・成果発表会 (2018/7/11 中小企業・地域経済1)

「インクジェット印刷によるフレキシブル基板への配線形成」など、7分野で計12件の口頭発表のほか、ポスター発表が計23件を予定。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる