電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

208件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

ガスバリアー性に優れリサイクルできる素材として、食品包装のモノマテリアル化や食品の長寿命化によるフードロス削減などで採用が進む。

三菱ケミ、PVOH特殊銘柄の生産能力倍増 生分解性包材向け (2024/3/25 素材・建設・環境・エネルギー)

同ポリマーを使った生分解性バリアー包装材向けなど、フードロス削減に関わる需要増に対応する。... 生分解性樹脂と組み合わせた生分解性バリアー包装材などに採用されており、食品の風味や品質を長持ちさせるこ...

人工知能(AI)を活用した需要予測によりフードロスの削減も図る。

ミツカン、体験型博物館きょう新装開業 (2024/3/15 生活インフラ・医療・くらし1)

デジタル技術を駆使してフードロスなど社会課題を楽しみながら学べるほか、映像に映し出される見学者のアバターを通じてお酢づくりを体験できる。 ... 見どころの一つとする「光の庭」ゾーン...

今日では、自国中心主義、保護主義の台頭が国際秩序を不安定にし、気候変動や自然災害、パンデミック、安全保障、エネルギーの安定供給、フードロスなど、単一企業では解決できない社会課題が山積している。

既存事業で培った調達力やシェフとのネットワークを生かし、食品ロスを缶詰やスープなどに活用する。... フードロス削減につなげたい」と佐藤広志社長は話す。

経営ひと言/富士通・高橋美波執行役員「SXも重要」 (2024/2/19 電機・電子部品・情報・通信)

ユーバンスの適用範囲は広く、流通業向けでは「フードロスの削減も重要だ」。

未来にはばたくスタートアップ(4)KOMPEITO 職場でサラダ無人販売 (2024/2/16 中小・ベンチャー・中小政策)

販売売上を向上させるほか、食品ロスを低減させる狙い。... 大企業を含め多くの企業に導入されており、「健康経営」の一助となるサービスとして、またフードロス解消にも資するサービスとして期待している。

「(世界的な課題であるフードロスの解決などを)世の中に広げる機会をいかに作るか」と語るのは、池田泉州銀行頭取の鵜川淳さん。

ミツカングループ、体験型博物館を刷新 (2024/2/12 生活インフラ・医療・くらし)

映像に映し出される見学者のアバターを通じてお酢作りを体験したり、フードロスなどの社会課題を学ぶことができる。

フードロス対策や脱プラスチック分野などで、課題解決につながる技術開発を支援。... 技術の応用や既存技術の組み合わせ、技術の高度化などによってフードロスの削減やプラスチックの3R(リデュース、...

クラダシ、鹿児島・喜界町で食品ロス削減支援 (2024/1/19 中小・ベンチャー・中小政策)

クラダシ(東京都品川区、関藤竜也社長)は、鹿児島県喜界町と日本エアコミューター(鹿児島県霧島市)との間で「鹿児島県喜界町におけるSDGsの推進にかかる食品ロス削減等に向...

J―オイルミルズ、賞味期限「年月」表示に変更 家庭用食用油で (2024/1/12 生活インフラ・医療・くらし2)

食品流通の段階において日単位の在庫管理から月単位の在庫管理にすることで、保管・配送・入出荷などの業務を効率化できるほか、月単位の在庫管理により倉庫間の在庫量調整が容易になり、廃棄によるフードロスの削減...

ユニチカ、高バリアーフィルム増産 食品向け3割拡大 (2024/1/10 素材・建設・環境・エネルギー)

ガスバリアー性が高いフィルムは賞味期限を従来より延ばせるため、フードロス削減の観点で需要が拡大している。

展望2024/富士通・時田隆仁社長 量子計算機活用、顧客と挑戦 (2024/1/10 電機・電子部品・情報・通信)

それ以外にもヘルスケア、ウェルビーイング(心身の幸福)、フードロスといった課題もあり、小売業や医療分野などの関心度も上がっている」 ―SXではサプライチェーン(...

都産技研、循環経済学ぶオンラインセミ 来月1日開催 (2024/1/9 中小・ベンチャー・中小政策)

都産技研では中小企業の強みを生かしてサーキュラーエコノミーへの転換につながる技術開発を支援するため、フードロス対策や脱プラスチック分野に着目した「サーキュラーナビ」を作成。

京阪百貨店(大阪府守口市)が22年に守口店(同)に開設した直営の冷凍食品・キッチン用品売り場「5.0°F(ゴエフ)」では健康に配慮した...

例えば今、世界中で考えなければならないのは二酸化炭素(CO2)排出量やプラスチックごみの削減、フードロスの問題などさまざまだが、これらの社会課題を本当に自分事として捉えられる主体性が必...

国連支援上回る日本の廃棄 2000年、日本のフードロス(食品廃棄)量は年間約980万トンあった。... ムダなく流通、意義共有を 30年までにフード...

それまでの苦労を全て捨てるのではなく、品質を回復させ、フードロスならぬ“シードロス”を減らしたいという思いで研究を進めた。 ... 選別強度も調整でき、目標の適格率から品質スコアの下...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン