114件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

寡黙で慎重に物事を進めるリーダーの本間教授はブラックホールの撮影に貢献。

この穴が「ブラックホールの影」であり、ドーナツ状の部分はブラックホールにまとわりついた光の粒だ。 ブラックホールの存在を視覚化し、銀河の中心にある天体が巨大ブラックホールであることが...

宮沢賢治が度々足を運んだ歴史ある観測所でもある 国内4カ所の電波望遠鏡つなぎ、直径2300km性能 2019年4月に発表された史上初のブラックホ...

2019年4月、ブラックホール(用語参照)の撮影成功に世界中が驚いた。... M87のブラックホールとは性質が異なり、そこではジェットは見られない。... 性質の異なるブラックホー...

近畿大学と国立天文台、東京大学、台湾の中央研究院は、チリに設置されている巨大電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」で、超巨大ブラックホールから超高速で噴き出すガス流「ジェット」が、星間のガス雲に衝突して激しく揺さ...

グザイ粒子と核子の間に働く力は、超新星爆発の後に中性子星かブラックホールのどちらができるかを決める要素と考えられている。

星の最期の超新星爆発や、中性子星やブラックホールの合体などの重力波を発生する天体現象の観察ができると期待される。

発生源が分かればブラックホールや大規模な爆発現象など、宇宙最高規模のエネルギーを発する天体を観測できる。

1時間半、ブラックホールの質量が時空をゆがめる理論式が紡がれていく。

ブラックホールは重力が大きく周りの物質を捕まえる。... 同プロジェクトを進める国際共同研究グループは、ブラックホールの周りにある高温で明るく輝くガスを撮影。... このブラックホールは太陽の65億倍...

初期銀河に炭素ガス雲 東大など発見 (2019/12/17 科学技術・大学)

星が死ぬ際に星の内部で作られた炭素が超新星爆発で周囲にばらまかれ、爆発時のエネルギーや銀河の中心にある巨大ブラックホールによる高速のガスの流れにより、銀河の外や宇宙全体に炭素が広がっていった可能性があ...

東京大学宇宙線研究所やドイツ・マックスプランク物理学研究所などの国際研究グループは、45億年前に太陽の質量の約100倍の天体が崩壊し作られたブラックホールから、従来観測の10倍となる1000ギガ電子ボ...

銀河系の中心にある巨大ブラックホールに、互いに回り合う連星が接近した際、片方の恒星が猛烈な重力の影響ではじき出されたと考えられ、約1億年後には銀河系の外へ飛び出すという。 ... ブ...

銀河やブラックホール形成の仕組みの解明が期待される。 ... 銀河やブラックホールの形成や成長には水素が主成分のガスが必要。... 宇宙網の中でガスが凝集して銀河やブラックホールが形...

19年4月には日本を含む国際研究グループがブラックホールの輪郭を撮影したとのニュースが世界を駆けめぐり、物理学賞の候補に急浮上した。

産業春秋/不吉な兆し (2019/9/17 総合1)

かろうじて堅調とされる日本の景況も、いつブラックホールに転落するかわからない。... 「今と昔はまるで違うじゃないか」と言いたいところだが、ミルクティーに沈む黒い球体が、得体(えたい)の知れないブラッ...

国際的な天体観測プロジェクトが4月にブラックホールの撮影に初めて成功したことに世界が注目した。

【電子版】先週の注目記事は? (2019/5/14 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(5/6~5/12) 1位 ミサワ・トヨタホーム・パナソニックホームズ、来年1月に経営統合 業界首位に 2位 マ...

■アクセスランキング・ベスト10(4/29~5/5) 1位 水素液化技術「磁気冷凍」実用化へ 日本の材料研究、底力に期待 2位 令和の科学技術、...

 中性子星とブラックホールの合体により生じた重力波を初めて観測した可能性があると、米国とイタリアにある観測装置を運用する二つの国際チームが3日までに合同で発表した。... LIGOでは2015年9月に...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる