380件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

ゴミ由来のエタノールを使ったポリオレフィン製造技術や廃プラスチックのケミカルリサイクル技術、二酸化炭素を用いた化学品製造技術、省エネルギー排水処理システムなどに取り組む。

廃棄プラスチックを中心に可燃ゴミを日量230トン焼却処理。

プラスチックゴミ削減の一環として、スーパーやコンビニで無料配布されているプラスチック製レジ袋が、今年7月から有料化。

プラスチックゴミが問題視される中、19年秋から引き合いが急増。... 食品トレーがゴミの分別収集対象の自治体は多い。... 現状は専用プラスチックフィルムで包装しているが、環境負荷の低い紙フィルム開発...

製品ボトルに貼られているシールで、商品の特徴や正しい使用方法などを伝達する役割があるが、プラスチックゴミを増やしている。... プラスチック製アイキャッチシールを廃止することで、プラスチックゴミ削減に...

挑戦する企業/住友化学(14)環境問題と石化 (2020/3/17 素材・医療・ヘルスケア)

樹脂の再原料化で生き残る 気候変動や海洋プラスチック問題を受け、世界で脱プラスチックが叫ばれている。... 「正しく処理すれば、海洋ゴミは流出しない。... 積水化学工業とは、食べ残...

ダイセルとTBM(東京都中央区、山崎敦義社長、03・3538・6777)は、酢酸セルロースと石灰石を組み合わせたプラスチックや紙の代替となる新素材を共同開発する。2020年度中に企業への採用を目標に開...

ジョーカー2枚にはプラスチックなどの海洋ゴミと赤潮を用い、海流が穏やかな三河湾の抱える問題点も示した。

大阪大学大学院工学研究科の麻生隆彬准教授と宇山浩教授らは、日本食品化工と共同ででんぷんとセルロースナノファイバーを使った、高強度で耐水性のある海洋生分解性プラスチックフィルムを開発した。... 海の微...

日本郵船は、千葉工業大学と共同で、プラスチックゴミによる海洋汚染地図の作製に取り組む。日本郵船の運航船(写真)が航海中に世界各地の海でプラスチックの粒子「マイクロプラスチック」を採取し、千葉工大がサン...

従来は浮遊物に向かって航走しなければ回収できず、油や小さなゴミを回収できなかった。水面浮遊物回収船はこれらを含む浮遊プラスチックゴミをも回収できる。

日本バイオプラスチック協会や産業技術総合研究所、東京大学との共同研究。 ... プラスチックゴミによる海洋汚染は世界的な問題で、毎年800万トン以上が海に流れ込んでいると推定される。...

混合プラゴミをエチレンに 住友化学、室蘭工大と研究 (2020/3/5 素材・医療・ヘルスケア)

住友化学は4日、複数種類のプラスチックが混ざったゴミを、直接エチレンやプロピレンなどに変換するリサイクル技術の共同研究を室蘭工業大学と始めたと発表した。... 積水化学工業との連携では、食べ残しを含む...

産業春秋/レジ袋の有料化 (2020/3/3 総合1)

プラスチックゴミの誤飲を続けると疑似満腹感に襲われ、栄養失調で餓死してしまう。... 海洋プラスチック汚染が厄介なのは、被害が消費者から遠くにあることだ。 ... プラスチックと環境...

挑戦する企業/住友化学(5)サステナビリティー100年 (2020/3/2 素材・医療・ヘルスケア)

積水化学工業と、食べ残しや紙、プラスチックの混ざった可燃ゴミから、汎用的なポリオレフィン系プラを生産する。... 多様なゴミからプラ生産の出発点であるエチレンを生産し、後に続くプラ生産プロセスは石化由...

【ポイント付与】 同社の提案は、廃プラスチック製品を焼却施設まで運んだ市民に電子ポイントを付与するアイデア。... 現地はゴミ収集のインフラが十分に整っていないため、街にゴミがあふれ...

積水化学工業と住友化学は27日、ゴミを原料にした汎用プラスチックの生産に向けて協力すると発表した。... だが、多様なゴミが混ざっているため、再利用が進まなかった。 ... 食品包装...

海洋プラスチックゴミ問題を背景に、プラスチック代替素材の需要が高まっている。... 現行のプラスチック包装フィルムのヒートシール特性や強度特性を維持したまま、プラスチック使用量を削減できる。また、植物...

海洋環境や生態系に大きな影響を与える海洋プラスチックゴミ問題などを受け、企業は環境経営としてプラスチックの削減やリサイクルに取り組む。... 陸から海へゴミを流入させずに、製品へアップサイクリングさせ...

ミニストップ、千葉市指定の可燃ゴミ袋 レジ袋として販売 (2020/2/25 建設・生活・環境・エネルギー)

ミニストップは千葉市指定の可燃ゴミ袋(10リットル)をレジ袋として使用するため、3月2日から店頭販売する実証実験を始める。... 商品を購入した客が、指定可燃ゴミ袋を買い物袋として使ってもらうことで、...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる