414件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

オンラインメディアのベトナムファイナンスによると、ベトナム自動車工業会(VAMA)は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自動車業界への影響を分析したリポートを政府機関などに送付した。 ...

日本生命保険と第一生命保険、明治安田生命保険は秋田県での洋上風力発電プロジェクトに投融資する。... 丸紅や大林組が中心となって出資する特別目的会社のプロジェクトファイナンス案件。

執行役法人営業本部副本部長 小寺徹也氏 【横顔】不動産ファイナンスに長く携わった。... 15年プロジェクトファイナンス部長、19年法人営業本部副本部長。

その後にソ連が崩壊し、プロジェクトが中断。大混乱の中でもファイナンスのスキームを構築し、プラント立ち上げを実現できた。

また、船舶ファイナンスの歴史は古く、傭船者、船主および金融機関などの関係者間におけるリスクシェアの仕組みが発達していることもあり、LNG船向けPFは、金融機関にとって比較的取り組みやすいものといえる。...

国営石油会社と関係構築 国際協力銀行(JBIC)の石油精製・石油化学(以下「石化」)セクター向けプロジェクトファイナンス(以下「PF」)の実績は、1993年のベネズエラにおけるメタノ...

モロッコのタザ陸上風力発電事業を対象とするプロジェクトファイナンスで、融資金額は約4400万ユーロ(約53億円、JBIC分)限度。

また、JBICが2017年にプロジェクトファイナンス(PF)による融資を行ったトルコの病院PPP事業では、同国PPP関連法制に基づき、政府が医師・看護師の派遣を含む医療サービスを提供する一方で、民間事...

中部電、鈴川エネ石炭発電をバイオマスに転換 (2019/12/17 建設・生活・環境・エネルギー2)

プロジェクトファイナンスを組成する。

レアメタル確保が重要に 今回は鉱物資源事業に対するプロジェクトファイナンス(PF)を概観する。 ... こうした鉱物では、1年間のうちに販売価格が倍増/半減すること...

中部電など、静岡に木質専焼バイオマス発電所 23年に稼働 (2019/11/22 建設・生活・環境・エネルギー)

御前崎港バイオマスエナジーは、三井住友信託銀行と新生銀行をアレンジャーとするプロジェクトファイナンスによる融資契約を結んだ。

市場拡大で融資案件多様化 今回は液化天然ガス(LNG)事業に対するプロジェクトファイナンス(PF)を概観する。... 金融機関から見ると、LNGプロジェクトは、資源メジャーなどが操業...

国際協力銀行(JBIC)は、カタール法人ウム・アル・ホール・パワー(UHP)との間で、天然ガス火力発電・淡水化事業の増設計画を対象として融資金額約1億9400万ドル(約210億円、JBIC分)を限度と...

国際協力銀行(JBIC)は、三井物産が出資するタイの電力事業者ガルフPDカンパニー(GPD)との間で、同国のガルフPD天然ガス焚複合火力発電事業を対象として、融資金額2億800万ドル(約225億円、J...

太陽光発電など技術的難度が比較的低いものから浮体式洋上風力のように高難度のものまでさまざまで、一般化はできないものの例えば全世界ベースで太陽光発電プロジェクトの資本コストをみると、2010年対比で4分...

発電向けプロジェクトファイナンス(PF)は、民間企業主体のIPP(独立系発電事業者)向けに供与されることが一般的だ。

世界の調達額3685億ドルに 日本企業が相次いで国内外の社会インフラ整備など大型事業案件を手がける中、プロジェクトファイナンス(PF)が一段と注目を浴びるようになってきた。... (...

栃木銀行は栃木県が管理する県央地域約6500個の道路照明灯を発光ダイオード(LED)化する事業に対してプロジェクトファイナンスを実施した。

中部電、出力5万kWのバイオマス発電所 23年に茨城で稼働 (2019/10/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

三井住友信託銀行をアレンジャーとするプロジェクトファイナンスによる融資契約を結んだ。

経済産業省は26日、「LNG産消会議2019」を都内で開き、菅原一秀経産相がアジアの液化天然ガス(LNG)需要を創出するインフラ整備などのプロジェクトに「官民で100億ドル(約1兆円)の追加ファイナン...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる