35件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

血圧降下作用がある「プロスタグランジン」の合成や工業的な不斉酸化で使うバナジウム触媒などに使われている。

血圧降下作用のある生理活性物質「プロスタグランジン」の合成や、工業的な不斉酸化で使うバナジウム触媒などで実用化されている。

痛みの原因物質の一つであるプロスタグランジンの生成を抑制し、鎮痛効果を示す。

新薬候補は緑内障治療薬「DE―117」「既存プロスタグランジン誘導体」で日本やアジア、米国で展開を検討。

アレルギーを起こすヒスタミンと同時に生理活性物質の「プロスタグランジンD2(PGD2)」が作られていた。

代表的な炎症因子のプロスタグランジンE2とインターロイキン1αに着目して研究したところ、UVを照射した表皮角化細胞にヒアルロン酸を加えると、両炎症因子の産生を抑制することが分かった。

化合物の基本骨格に不斉が導入できるため、大変な数の研究者が関連の反応に取り組んだ」 ―生理活性物資で、血圧降下作用などのある「プロスタグランジン」合成など実用化例はあるのに、一般に研...

炎症の原因物質である「プロスタグランジンE(PGE)」ががんの転移に関わることに着目。

小野薬品工業の経口プロスタグランジンE1誘導体製剤リマプロストアルファデクス(製品名オパルモン錠)について、MeijiSeikaファルマが腰部脊柱管狭窄症などの適応取得を目的に現地で治療剤の開発・販売...

非ステロイド系の消炎鎮痛剤「アルミノプロフェン」が胃粘膜を保護する「プロスタグランジン」を抑制しにくいため、服用しても胃への負担が少ない。

東京大学大学院農学生命科学研究科の岩永剛一大学院生と村田幸久准教授らのグループは、体内で合成される生理活性物質の一種「プロスタグランジンD2」に、大腸がんの発症を抑える作用があることをマウスで特定した...

有効成分の生理活性物質「ビマトプロスト」(プロスタグランジンF2a誘導体)の働きで、毛の生え替わりサイクルにおける成長期間を延ばし、まつげの発育を促す。

トレプロストはプロスタグランジンI2の誘導体で血管を拡張させて血圧を下げる。

そのことから、カンジタが生理活性物質である「プロスタグランジンE2」を産生、同物質が血液を介して肺に到達し、炎症に関与する免疫細胞であるマクロファージを活性化するという経路を見つけた。 ...

生理活性物質であるプロスタグランジンの受容体拮抗(きっこう)剤で、排尿筋の収縮を抑える。

EP4拮抗薬は生理活性物質「プロスタグランジンE2」が受容体の一種「EP4」に作用するのを妨げることで、炎症性の疼痛や免疫性の炎症を抑える働きをする。

一方のCOX―2阻害薬は、さまざまな働きをする生理活性物質のプロスタグランジンを合成する酵素、シクロオキシゲナーゼの一種で炎症や痛み、がんの発症などに関与する「COX―2」の働きを妨げる。 &...

開発中のEP4拮抗薬は、生理活性物質「プロスタグランジンE2」の受容体で炎症性疼痛などに関与する「EP4」の働きを阻害する。

レスキュラは細胞膜にあるカリウムイオンチャンネルの一種「BKチャンネル」の開口を促す代謝型プロスタグランジン誘導体(プロストン)系の薬剤。

10年前に発売されたプロスタグランジン系製剤は外科手術減少を招いた。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる