電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

122件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

プロロジス、物流施設を100坪貸し 岡山で来年 (2024/4/23 生活インフラ・医療・くらし)

プロロジス(東京都千代田区、山田御酒会長兼最高経営責任者〈CEO〉)は、2025年8月に完成する物流施設「プロロジスパーク岡山」で、100坪(約300平方メ...

プロロジス、新物流拠点の入居募集開始 南大阪にBTS型 (2024/4/16 生活インフラ・医療・くらし)

プロロジス(東京都千代田区、山田御酒会長兼最高経営責任者〈CEO〉)は、堺市東区に開発する特定企業専用物流施設(BTS型物流施設)「プロロジスパーク...

大ガス、プロロジスから太陽光電力買い取り 物流施設屋根に設置 (2024/4/1 素材・建設・環境・エネルギー)

大阪ガスはプロロジス(東京都千代田区)と、物流施設の屋根に設置した太陽光発電の電力を長期買い取りする契約を結んだ。... プロロジスが「プロロジスパークつくば2」(茨城県つくば...

物流DXの旗手(4)souco 倉庫シェア仲介サービス (2023/6/23 生活インフラ・医療・くらし2)

試行錯誤を重ねる中、物流不動産大手のプロロジス(東京都千代田区)や日本GLP(同中央区)の協力を得ることに成功し、事業が軌道に乗りだした。

プロロジス、物流施設入居企業のグリーン電力化支援 (2023/6/14 生活インフラ・医療・くらし2)

プロロジス(東京都千代田区、山田御酒会長)は、非化石証書の調達や太陽光発電により、自社物流施設に入居する企業が使用する電力のグリーン化を支援する。

タイミー、フォークリフト運転免許取得の無料講習 (2023/4/12 生活インフラ・医療・くらし1)

物流施設運営企業傘下のプロロジス財団と共同で行う。... プロロジスが提携する埼玉県内の教習センターで行う。... 応募条件はプロロジスの物流施設で働く意思のある人。

モノタロウ、尼崎DCを猪名川に集約 在庫能力60万点 (2022/12/21 機械・ロボット・航空機2)

猪名川DCはプロロジス(東京都千代田区)の「プロロジスパーク猪名川1」に入居。

プロロジス(東京都千代田区)運営の物流施設「プロロジスパーク神戸3」が完成。

モノタロウ、兵庫に最大級拠点 物流の在庫増で短納期化 (2021/12/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

新拠点はプロロジス(東京都千代田区)の「プロロジスパーク猪名川1」に入居、延べ床面積約17万8800平方メートルを使用する。

物流施設を専門に不動産開発・リースなどを行う米プロロジスは、グリーンエネルギー倉庫の開発に今後3年で15億ポンドを投じる。

総合力で競合引き離す 国内の主要な物流施設開発デベロッパーとしては、外資系の日本GLP(東京都港区)やプロロジス(同千代田区)、国内勢では大手不動産会...

兵庫県立地企業を代表して在京企業のプロロジスの村上隆志開発部長が登壇。官民一体となって新時代に挑む「プロロジス猪名川プロジェクト」を紹介し、兵庫県の物流拠点としての高い利便性やウィズ・アフターコロナの...

2部は兵庫で活躍する在京企業のプロロジスの村上隆志開発部長が「ともに新時代に挑む―最新鋭の物流拠点開発を通じた『まちづくり』の新しいカタチ」と題し講演する。

プロロジス、マルチテナント型施設 千葉・八千代市に2棟 (2020/4/10 建設・生活・環境・エネルギー)

プロロジス(東京都千代田区、山田御酒社長、03・6860・9107)は9日、千葉県八千代市で大型物流施設2棟を開発すると発表した。

プロロジス、物流施設2棟に740億円投資 兵庫・猪名川町で来年着工 (2019/11/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

プロロジス(東京都千代田区、山田御酒社長、03・6860・9107)は、総額約740億円を投じて兵庫県猪名川町で複数企業が入居するマルチテナント型の大型物流施設2棟を同時に開発する。....

物流施設運営の米プロロジスは不動産投資信託(REIT)会社リバティー・プロパティ・トラストを97億ドル(約1兆500億円)相当で買収する。... リバティー株主は1株に...

三井倉庫サプライチェーンソリューション(東京都港区)およびプロロジス(東京都千代田区)と長期実証実験を市川市の物流施設で実施し、有効性と正確性を実証した。

衣料通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO(ゾゾ)を顧客に持つ米物流大手プロロジス。... プロロジスの標準施設ではコンビニエンスストアやカフェテリア、女性のためのパウダールーム、...

大和ハウス、マルチ物流の開発加速 ECに照準 (2019/8/6 建設・生活・環境・エネルギー2)

マルチ型物流施設市場は首都圏・関西を中心に、日本GLPやプロロジスをはじめとする外資系が事業を拡大しているほか、国内デベロッパーが相次いで参入。

モノタロウ、兵庫・猪名川に物流拠点 22年めどに4カ所目 (2019/8/6 機械・ロボット・航空機2)

マルチテナント型物流施設を展開するプロロジス(東京都千代田区)が新設する、6階建て施設「プロロジスパーク猪名川1=完成イメージ」の1―4階を賃借する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン