52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.029秒)

科学技術で脱炭素貢献 次世代太陽電池に注目 2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロを目指す「カーボンニュートラル」の達成に向け世界が動いている。... 太陽光発...

車両価格に跳ね返る車載電池を低コスト化していくため、規模拡大に重点を置く。... 「30年までのできるだけ早い時期」に車載用の電池パック価格で1キロワット時当たり1万円以下の実現と並行して次世代電池・...

千葉大学大学院の吉田弘幸教授らは、次世代太陽電池として期待されるペロブスカイト太陽電池の表面構造評価法を開発した。... 新しい表面処理法の開発につながるなど、同電池の高効率化や耐久性向上が期待される...

京都大学化学研究所の若宮淳志教授らはフィルム型太陽電池の実用化を目指した連携体「フィルム型太陽電池研究コンソーシアム」を設立した。... ペロブスカイト太陽電池を中心に、フィルム型太陽電池のシーズとニ...

沖縄科学技術大学院大学のヤビン・チー教授らは、次世代太陽電池として期待されるペロブスカイト太陽電池で、安定性と効率を両立したモジュールを開発した。... ペロブスカイト太陽電池の各層の相互作用に着目し...

この相反する課題の解決を目指し、私たちの研究グループでは次世代太陽電池として注目されるペロブスカイト太陽電池の研究開発を進めている。世界初のペロブスカイト太陽電池は、2009年桐蔭横浜大学の宮坂研究室...

京都大学化学研究所は、名古屋市立大学と京大大学院工学研究科と共同で、有機薄膜太陽電池など向け半導体材料のスズ系ペロブスカイトの不純物を取り除き高純度化する「スカベンジャー法」を開発した。... 同技術...

GAPプログラム段階から支援したベンチャーとしてペロブスカイト太陽電池のエネコートテクノロジーズ(京都市上京区)や再生医療用心筋細胞のマイオリッジ(京都市左京区)、海洋データ解析システムのオーシャンア...

沖縄科学技術大学院大学(OIST)と英ケンブリッジ大学の研究チームは、次世代太陽電池として期待されるペロブスカイト有機太陽電池のエネルギー効率を低下させる欠陥の原因を突き止めた。... 同電池の高効率...

次世代太陽電池としてペロブスカイト太陽電池が注目を集めている。代表的なペロブスカイト太陽電池は鉛を含み、毒性の問題がある。... その結果、1万1025個という多くの化合物の中から51個の非鉛化ペロブ...

東京工業大学物質理工学院の脇慶子准教授らは、次世代太陽電池として期待されるペロブスカイト太陽電池で、初期の太陽電池特性が安定しなくても、常温常圧で放置するだけで発電効率を最大まで高められることを発見し...

東京大学大学院総合文化研究科の瀬川浩司教授らは、光エネルギーを電気に高い効率で変換できるペロブスカイト太陽電池を開発した。... 三つの太陽電池をつないだ電池面積2・76平方センチメートルの小型モジュ...

【電子版】先週の注目記事は? (2019/7/2 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(6/24~6/30) 1位 キヤノン、若者向け新デジカメ投入 液晶画面なし・自動追尾など 2位 「びゅうプラザ...

【山形】山形大学の佐野健志教授らは、150度C以下の低温形成プロセスで製作した「逆型」と呼ばれる構造のペロブスカイト太陽電池を開発した。... 高い変換効率を期待されるペロブスカイト太陽電池は、塗布に...

ペロブスカイト太陽電池 高い変換効率・低コスト 次世代太陽電池として本命視される「ペロブスカイト太陽電池」の研究成果が相次ぐ。... 膜ができる速度を制御でき、たわみやすいフィルムで...

【塗る太陽電池にも】 そこで千葉大学は、「千葉ヨウ素資源イノベーションセンター」(CIRIC)を4月に設立し、ヨウ素の高度利用に向けた産学連携に着手した。... 例えば、塗布により製...

今後、ペロブスカイト層だけでなく、ペロブスカイト太陽電池作製の全工程へのIJ法適用を目指す。 次世代太陽電池として注目されるペロブスカイト太陽電池は、塗布により簡単に製造できるのが特...

リチウム電池の原型を確立し、物理学賞の候補にも挙がる旭化成の吉野彰名誉フェローや、ネオジム磁石を開発した大同特殊鋼の佐川眞人顧問が候補。... 電池大容量化は航続距離を伸ばし、磁石の力が増したためモー...

【神戸】MORESCOは2018年度末にも有機薄膜太陽電池(OPV)を量産する。... 量産する製品は鉛を含まず、次世代太陽電池として期待されるペロブスカイト太陽電池と比べても、廃棄時の環境負荷を低減...

世界最大のペロブスカイト太陽電池、NEDO・東芝が開発 (2018/6/19 電機・電子部品・情報・通信1)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東芝は18日、面積が世界最大の703平方センチメートルのフィルム型ペロブスカイト電池モジュール(写真)を開発したと発表した。... さらにインク組成の調...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる