672件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

ロイター通信によると、VWにディーゼル部品を供給していたドイツのボッシュも米消費者に3億ドル超の補償金を支払った。

独ボッシュの日本法人、ボッシュ(東京都渋谷区)は、独本社のガイドラインに基づき、日本独自の感染症対策の方針を即座に定め運用してきた。

独ボッシュはソフトウエアとエレクトロニクスに関わる新たな事業部「クロスドメインコンピューティングソリューション」を設立する。... ボッシュはソフト開発を効率化し、機能を実装するまでの大幅な期間短縮を...

独ボッシュは工場のネットワーク化を進め、製造と物流管理を効率化する「インダストリー4・0」関連の2019年の売上高が前年比25%増の7億5000万ユーロ(約900億円)と増加した。

現在の人工的なアンモニア合成法「ハーバー・ボッシュ法」は数百度、数百気圧の条件が必要で、より低温で低圧の条件下でアンモニアを合成する手法が求められている。

電力・データケーブル1本に イグス、独製モーター用発売 (2020/7/14 機械・ロボット・航空機1)

独ボッシュ・レックスロス製モーターに対応する。

清水建、ベルトコンベヤー監視システム IoTで不具合予兆検知 (2020/7/7 建設・生活・環境・エネルギー2)

清水建設は独ボッシュの日本法人と共同で、IoT(モノのインターネット)技術を駆使し土木工事向け長距離ベルトコンベヤーの不具合予兆を検知する「ベルトコンベヤー監視システム」の実証試験を開始した。... ...

「私たちの働き方は大幅に変化した」と強調するのは、ボッシュ(東京都渋谷区)社長のクラウス・メーダーさん。

独ボッシュは2輪車向けの自動緊急通報システム「ヘルプコネクト」を開発した。... 同システムはボッシュ製のモーターサイクル用スタビリティーコントロール(MSC)に搭載された慣性計測センサーにより、事故...

独ボッシュは横滑り防止装置(ESC)の安全に関する調査結果をまとめた。... ボッシュは1995年に独ダイムラー・ベンツ(現独ダイムラー)のSクラスにESCを搭載し、世界で初めて量産化を実現。... ...

すでにシーメンスやボッシュなどは自社工場のスマート化を進め、モデル工場を作り、他社にもパッケージとして工場のデジタル化を提供するようになってきている。

独ボッシュは人工知能(AI)の活用に向けて倫理指針を策定した。... ボッシュは指針の中で「AIは社会的責任を持って技術革新を追求する精神を反映したものでなくてはならない」とAI活用における基本的な姿...

独ボッシュの2輪車向け先進運転支援システムを採用した商品の発売も予定する」 ―電動2輪車では、国内メーカー4社でバッテリーに関する協議体を発足しました。

独ボッシュが高機能センサー「LiDAR(ライダー)」事業に参入する。... これまでボッシュは車載カメラと、電波や音波を基に対象物を検知するレーダーを中心に自動運転のセンシングを強化してきた。... ...

マキタ、タイに園芸機器試験場 最大規模、海外初開設 (2020/2/20 機械・ロボット・航空機1)

マキタは米ブラック・アンド・デッカー、独ロバート・ボッシュなどと並ぶ業務用電動工具の世界的大手。

独ボッシュなどのメガサプライヤーとの競争を制すべく、先行投資にも積極的だ。

CESで独ボッシュは25年をめどに扱う全製品にAIを搭載する方針を示した。

独ボッシュは人工知能(AI)の本格活用に乗り出す。... ボッシュは世界中の拠点で二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量削減している。... 彼らは17年に設立した『ボッシュAIセンター』に所...

トヨタ自動車と取引している分にはいいが、システムの一括調達への志向が強い中堅完成車メーカーが相手になると、独ボッシュや独コンチネンタルに勝てない。

独ボッシュと同ダイムラーの高級ブランド「メルセデス・ベンツ」は、米カリフォルニア州サンノゼ市で自動運転配車サービスの実証実験を始めた。... ボッシュは自動運転車両のコンポーネントの開発と製造を担当す...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる