730件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

全役職員約7万人が何らかのボランティア活動を年1回以上実施する取り組みで5年連続100%を達成している。... 特に営業職員は地域に根ざして活動している。... 活動例には、包括連携協定を結ぶ自治体と...

派遣期間も柔軟に対応しているほか、週末などには現地の市場調査といった協力隊の活動以外の活動も許可している。... 駒ケ根青年海外協力隊訓練所の堀内好夫氏は「これまで協力隊と言えば、ボランティアのイメー...

山田製作所(大阪府大東市)の山田茂会長は「研修にはボランティアとしてではなく、学びのために協力している。... ビジョン2030は活動を広げ内容も深めるため、ハードルは高くなる。... しかし、努力を...

「退職したら趣味の天体観測にちなんで、星を見る喜びを広めるためのボランティア活動をしたい」と夢を膨らませるのは、JFEスチール専務執行役員の瀬戸一洋さん。

サントリー、「水」テーマにボランティア 3―4月に全社員で活動 (2020/2/27 建設・生活・環境・エネルギー2)

サントリーホールディングスは国内外のグループの全社員を対象として、3―4月に水に関するボランティア活動に取り組む。... このほか全国各地で海岸清掃活動や森林整備活動を行う。 また海...

さらに都と市区町村が協力して妊娠希望の女性に麻疹風疹抗体検査を実施しており、20年度は対象を大会ボランティアにも広げていく予定だ。... ボランティア活動関連では、選ばれた5400人のボランティアに向...

一方、災害やスポーツなど「さまざまなボランティア活動に参加したい気持ちが高まることにつながるか」との問いに対し、「思う」は39・2%、「思わない」は58・0%だった。

「もともとボランティアをやりたいという思いがあった」。... 活動を通じて障がいを持つ社員への社内の理解を深め、社員全員が「家族」という考えの浸透を図る。 ... それを本人も強く自...

東京都は、ボランティア活動に関し、継続的で先進的な取り組みを行う企業などを表彰する「2019年度東京都共助社会づくりを進めるための社会貢献大賞」贈呈式を都庁で開いた。 ... 【大賞...

日本防災産業会議/防災・減災に企業の力結集を (2020/2/11 モノづくり日本会議)

阪神・淡路大震災ではさまざまな教訓が残りましたが、一つ重要だったのは、大震災の起こった1995年がボランティア元年になったということです。このボランティア活動の盛り上がりが、その後の東日本大震災の際に...

体力にあまり自信のないボランティアも、モデルYを使うことで翌日の筋肉痛が和らぐなどの疲労軽減効果が見込め、連日作業が容易になるという。 地震や台風などで自治体の間で被災地の復旧支援活...

堺市、浅香工業と災害時対応で協定 (2020/1/22 中小企業・地域経済2)

地震や風水害などの災害発生時に、シャベルやスコップといった同社の災害復旧支援用品を市内の災害ボランティアセンターなどへ提供してもらい、がれきの撤去や汚泥のかき出しなどの災害ボランティアの活動で使用。

外国選手団を学生ボランティアで支援する早稲田大学、研究センターで研究と産学連携を強化する筑波大学から、先進例を見ていく。... 外国人選手を支援するのは全学の学生ボランティアグループ「VIVASEDA...

現地では救援活動に当たった警察、消防、自衛隊やボランティア関係者とも懇談する。

九州電力は「九州の発展なくして、九電グループの発展なし」を旗印にCSR活動を進めている。... CSR活動も解決がより望まれる分野への選択と集中が求められる。... 「地域のNPO団体と連携したボラン...

豪雨災害からの復旧で2018年度は岡山県(倉敷市と高梁市)、広島県(呉市と海田市)の2県でHALの貸し出しとボランティア活動を行った。

多くは勤労者のため平日は休日の約3割の150人ほどしか集まらず、ボランティアセンターは年末まで活動を続ける予定という。 背景にはボランティア活動を個人の善意に頼っている現実がある。....

日本でも徐々に増えているがボランティアや民間非営利団体(NPO)の活動と混同されるケースも少なくない。... グループ各社は途上国が抱える社会課題解決を中心に、多岐にわたり活動を展開している。... ...

なぜボランティア活動に多くの社員が取り組むのか。... 「子どもの笑顔や施設の手助けなど、ボランティア活動を通して社会貢献ができるのはもちろんのこと、川上から川下まで一連の空間づくりに携わる面白さを知...

●SUBARU(スバル)は被災者、被災地支援のため日本赤十字社を通じて義援金1000万円、ボランティアやNPO法人の支援のため中央共同募金会に支援金500万円、群馬県と栃木県に各300万円を寄付する。...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる