電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,416件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

日本原燃、ジュニアロボコン開催 青森の小中学生159人参加 (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

競技はこのほか、10基のフラップにボールをぶつけて反転させ、フラップ数を競う「フラップ10―II」と、コート内のボールやペットボトルを3×3のマス目ボックスへ運び、ビンゴ数を競う「ビンゴマス...

トクヤマ、窒化ケイ素ベアリングボール開発の拠点新設 (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

トクヤマは高精度な回転機器の軸受に用いる、窒化ケイ素製ベアリングボール(写真)の開発拠点を新設した。窒化ケイ素製ベアリングボールは軽量で高硬度、電気を通しにくいなど...

日進工具、多結晶ダイヤエンドミル2種発売 (2024/2/22 機械・ロボット・航空機2)

日進工具は多結晶ダイヤモンド(PCD)材種のボールエンドミル「PCDボールエンドミルPCDRB=写真」に、ボール半径(R)が0・15ミリメー...

THK新潟は、ボールスプラインなど機械要素部品の開発や製造を手がける。

初めての試みであり、チームメートには誰が障がい者なのか伝えなかったが、「懸命にボールを追っていて、障がいの有無を感じさせなかった」(白井さん)と、当日の光景を思い出す。 ...

鋼球製のボールネジと異なり、潤滑油不要で保守作業も減らせる。

ミネベアミツミ、ツバキ・ナカシマからボールネジ事業買収 (2024/2/12 電機・電子部品・情報・通信)

ミネベアミツミは工作機械で刃がワーク(加工対象物)に入る際の位置決めなどに使うボールネジやボールウェイの製造事業を、精密部品を手がけるツバキ・ナカシマから買収する。... ボールネジは...

ゼブラ/スリム・軽量の3色ボールペン (2024/2/12 新製品フラッシュ1)

軸色はボール径0・4ミリメートルで赤やミントブルーなど、0・5ミリメートルで透明や紺などを用意する。

ソミック、静岡・磐田駅近にオフィス移転 (2024/2/9 自動車・モビリティー)

SMHDはボールジョイントなどの自動車部品を手がけるソミック石川(浜松市中央区)をはじめソミックグループの各事業会社を統括管理する目的で、2018年に設立した。

なかなかバットにボールが当たらないので、球種の読みが当たって、うまくヒットを打った時はうれしい。

ワークを360°スムーズ移動 井口機工製作所(東京都練馬区、井口威佐美社長)のボールトランスファー「イグチベアーIM―25型」の販売が好...

展望2024/日本精工社長・市井明俊氏 電動車向けシェア拡大 (2024/1/16 機械・ロボット・航空機2)

電動駆動装置『eアクスル』向け軸受や電動油圧ブレーキ用ボールネジなど幅広い製品でナンバーワンを目指す」 ―シェア拡大に向けた具体的な施策は。

滑りやすさを生かしフィルム成形用のローラー、リニアガイドの摺動(しゅうどう)部、ロボット用減速機の歯車、ボールネジなどにも売り込み中。

経営ひと言/ファンケル・島田和幸社長「勢いよく成長」 (2024/1/12 生活インフラ・医療・くらし2)

意図するのは「皆で一つのボールを追いかけ、チームでプレーする」こと。

日本精工、中国でR&D拡充 EV向け軸受攻勢 (2023/12/28 機械・ロボット・航空機)

同社はeアクスル向け軸受のほか、タイヤのホイールを支える軸受と車体に取り付ける部品が一体化した「ハブユニット軸受」や、電動油圧ブレーキ用ボールネジなどの電動車向け新製品の拡販でEVシフトに伴う需要減を...

工作機械やロボットなど自動機器の直進動作を支えるボールネジ。... 滑らかに、高速で動かすため、ナットは複数のボール(鋼球)とボールを循環させるトンネルのような部品...

交流しやすい職場に 小林製薬、一部オフィス移転 (2023/12/22 生活インフラ・医療・くらし1)

人材交流を促すカフェエリア(写真)を設置し、通常の執務エリア以外にソファ席やバランスボール席など8種類のワークデスクも配置。

大学産業、段ボールの簡易ベッド 災害時向け (2023/12/20 生活インフラ・医療・くらし1)

同社は20年来、避難所で避難者の使用スペースを区分けする段ボール製の「簡易間仕切り・暖ボール畳」を販売している。

創業107年のソミック石川(浜松市南区)は、主力製品の自動車用ボールジョイントと、新事業である作業支援ロボット「サポット」を紹介。

DXの先導者たち(136)NTTスポルティクト 中継映像、AI編集配信 (2023/12/7 電機・電子部品・情報・通信2)

競技のルールを事前学習したAIが、全体の映像から人の動きやボールの位置に基づき、最も注目すべき部分を割り出して拡大。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン