電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

北海道大学の郜雲鵬研究員と久保田浩司准教授、伊藤肇教授は、ボールミルを用いてベンゼン環に官能基を結合させるバーチ還元反応を起こす手法を開発した。... ボールミルで溶媒が不要になり簡略化できる。......

市販の鉄クロムコバルト系ガスアトマイズ粉末に多段時効処理や連続冷却処理を施してからボールミルにかける。... ボールミルでつぶすと扁平になる。

ボールミルのように機械的に衝突するエネルギーを活用して温度を抑え、低温で生じる結晶相を合成する。

セラミックス原料を直径5ミリメートル程度のボールミルとともに容器に入れて回転させ、剪断力の作用によって摩砕する。

炭素材料の固体触媒とキチン、セラミックボールをポットに入れ、ボールミルで毎分500回転の速度で反応させると効率的にキチンオリゴ糖を得られた。

【仙台】亀山鉄工所(仙台市青葉区、平川章社長)は、水平・垂直のそれぞれ独立した回転軸を持つ2軸独自制御方式を採用した3次元ボールミル「ハイパーシェーカー」の本格販売...

北海道大学の瀬尾珠恵大学院生と伊藤肇教授らは、ボールミルで粉体同士のクロスカップリング反応を高効率に進める技術を開発した。... ボールミルで触媒と原料を撹拌すると化学反応が進むメ...

北海道大学の高橋里奈大学院生と伊藤肇教授、久保田浩司准教授らは有機合成に欠かせないグリニャール試薬をボールミルで合成することに成功した。有機ハロゲン化物とマグネシウム片、少量の有機...

だが、従来のボールミルなどを用いた方法では長時間の粉砕が必要だった。 研究グループは効率的に非晶質化するため、大きな衝撃力を持つ振動ロッドミルに着目した。ただ、ロッドミルに...

2種類の高分子化合物を、自転と公転の複雑な動きによる遠心力を利用する混合装置「遊星型ボールミル」で混ぜ合わせ、複数の分子が組織化した超分子材料として実現。... 遊星型ボールミルも一般的な混合装置で応...

アルミペーストはアルミ粉末を脂肪酸や溶剤と混ぜ、ボールミルでフレーク状に粉砕したもの。

ボールミルという破砕機を使い、室温で30ヘルツで1時間振動させることで生成できた。

北海道大学の伊藤肇教授と久保田浩司特任助教らは、ボールミルで混ぜると固体状態でも化学反応が進む有機合成技術を開発した。

マキノ、粉砕力3倍のボールミル 逆回転シャフトで高効率 (2018/12/17 機械・ロボット・航空機1)

【名古屋】マキノ(愛知県常滑市、牧野良信社長、0569・36・0111)は、回転する円筒容器の中央に逆回転するシャフトを設けて生産効率を高めたボールミル「J―ミルFRC=写真」...

マキノ、粉砕・濾過設備をIoT化 省人・効率化支援 (2018/12/3 機械・ロボット・航空機2)

第1弾として加工中の粉体の直径が測定できる湿式ボールミル、作動の「見える化」や遠隔監視ができる濾過装置(フィルタープレス)を12月に発売する。... ボールミルは球状の研磨材と原料を回...

従来、粉末セルロースと水を混ぜて遊星ボールミルで剪(せん)断処理するなど、水分散体のCNFを用いる手法が多かった。

【横浜】ナガオシステム(川崎市麻生区、長尾文喜社長、044・954・4486)は、アジア地域で粉体などを混合・粉砕する装置「ボールミル=写真」の販路を構築する。... これまで...

川崎市が4月1日からベトナムのホーチミンに設置したレンタルオフィスに入居し、大企業のR&Dセンターや大学、研究機関向けに粉体を混合・微細粉砕する装置「ボールミル」を市場投入していく。... 同...

現在、広く使用されているボールミルは鉱石を1ミリメートル程度までしか粉砕できない。... 大型ボールミルなどを多く販売するが、微粉砕技術は持たない。... 今回、両グループが手を組み、大型で微粉砕が可...

薬品やボールミルによる製法より環境負荷も低く、連続して大量生産できる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン