622件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

特に原子時計チップは、光原子時計やセシウム原子泉型一次周波数標準器の精度には遠く及ばないが、安価、低消費電力、小型が特長のマイクロ波原子時計である。

現在、時間の定義にはセシウム原子の持つ9・2ギガヘルツ(ギガは10億)のマイクロ波遷移が用いられているが、原子の光学遷移を利用し、3桁ほど高い精度を実現できる「光時計」が開発されており、近い将来「秒の...

さらに、大気中の水蒸気と温度を時間や気象に左右されずに計測できるセンサー「マイクロ波サウンダー」をキューブサット用に独自に開発する。  

ダイヤモンドはマイクロ波プラズマを用いた気相成長法により、水素およびメタンを原料ガスとして人工的に結晶成長できる。

マイクロ波化学、バイオ由来製品を生産 実証事業に参画 (2021/9/10 素材・医療・ヘルスケア)

マイクロ波化学は生産プロセスの低コスト・省エネルギー化などを実現する技術開発を担う。 マイクロ波化学はバイオ分野の研究開発に取り組んでいるが、事業展開は進んでいない。 ...

無人機や飛行ロボット(ドローン)への対処策として高マイクロ波照射技術の実証実験費用で86億円、高出力レーザーシステムの研究に39億円などを2022年度の概算要求に盛り込んだ。

川越東部工業会の特徴を「中小中堅企業が多いが、どの社も高い技術を持ち、その市場で高いシェアを保持している」と述べ、自らもマイクロ波応用加熱装置製造というユニークな企業のかじを取る。

中でも飛行ロボット(ドローン)については防衛用のため、マイクロ波を使った迎撃システムの装備や、艦艇や航空機の能力アップのため、ドローンを積極活用すべきだとの声が上がった。

マイクロ波減圧乾燥機の技術を軸にしたCNF関連事業に経営資源を集中投下し、事業領域を拡大する。 ... これまでにマイクロ波減圧乾燥法を応用し、CNF溶液を成分変化なく、短時間で濃度...

従来技術は鉱石を粉砕し、2000度Cに加熱・溶融・急冷後に酸で溶解するが、開発したアルカリ・マイクロ波溶融技術は、粉末状の鉱石と溶融を助ける塩基試薬(融剤)を混合し、マイクロ波で加熱することで220度...

レーダーは電波を照射し、地表からの反射波を観測するアクティブセンサーであるため夜間でも観測可能である。また、レーダーで利用されるマイクロ波帯の電波は雲などを通過するため、先述した光学機器による観測が困...

点滴流量、瞬時に管理 マーク電子がツール発売 (2021/7/7 素材・医療・ヘルスケア)

車載機器などに使うマイクロ波ドップラーレーダーを応用した。

マイクロ波ドップラー方式の動体検知で、近赤外線反射方式では難しい、内外の湿度差が大きい環境でも正確に動作する。

すると電子の運動エネルギーの一部がマイクロ波と呼ばれる波長1―3ミリメートルの電磁波となって放出され、これを窓から取り出して核融合炉まで伝送し、プラズマに吸収させる。... そして、最大の課題は、高パ...

油膜に覆われると海面が滑らかになり、観測のために照射したマイクロ波の散乱が少なくなるため油膜に覆われた地点は暗く映るため識別できる。

今回は物質への透過能力を持つマイクロ波、ミリ波など超広帯域電波を用いたレーダーを活用。

マイクロ波を用いた新たなリサイクル技術を採用することで、化石資源を原料とする樹脂に比べ、製造時の二酸化炭素(CO2)排出量を70%以上削減できる見通し。 ... 三菱ケミカルはホンダ...

新しく導入した入射器は、本体長さが従来の半分だが、電子ビームを加速するためのマイクロ波の周波数を高くし、加速度を倍にすることで、従来とエネルギーを同等にした。

同シリーズはマイクロ波ドップラー方式の動体検知を活用。... 冷蔵・冷凍庫内は結露の影響で赤外線センサーが誤作動しやすいが、同製品はマイクロ波による動体検知のため設置場所を選ばない。 ...

第33回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(1)一般部門 (2021/4/7 中小企業優秀新技術・新製品賞)

車載機器に使うマイクロ波ドップラーレーダーを応用し、小型でも点滴の開始から終了まで、継続して正確なモニタリングが可能。

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる