電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

93件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

地球内部は金属の核と岩石のマントル、地殻で構成される。マントル最下部には地震波が伝わる速さが周囲と違う領域が2カ所あることが知られ、古い海洋プレートが深く沈み込んで蓄積しているとの見方があった。...

岡山大学の芳野極教授と高輝度光科学研究センターの肥後祐司主幹研究員らは、マントルの岩石に存在する水がプレート運動を駆動することを示した。... マントル深部にある岩盤層「アセノスフェア」が水を含んで柔...

自然災害など、7テーマ戦略目標に 深海掘削は1959年にマントルへの到達を目標とする「モホール計画」を米国が提唱したことが起源とされている。

沈み込み帯深部に存在する含水率の高いローソン石と呼ばれる鉱物が水を貯蔵し、マントル深部に輸送すると考えられている。

地盤の動きを引き起こすマントルの流動やプレート境界で断層がゆっくりすべる「余効すべり」も検出できる。 ... 東北地方では現在も活発な地殻活動が続き、特に余効すべりやマントル流動によ...

研究グループは、オマーン国で過去に沈み込み帯の上盤を構成したマントルの岩石が地表に露出した地質体を分析。すると、このマントル岩にケイ素に乏しい特徴的な反応帯を伴う高温型蛇紋岩の鉱物脈がネットワーク状に...

地熱発電 新たなステージへ(下)「超臨界」貯留層の構造探る (2022/10/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

NEDO、国内4地域選定 火山深部のマグマ・マントル由来の400度―500度Cの地熱で10数万キロワットの大規模発電を実現する「超臨界地熱発電」の構造試錐井(しすいせい...

高輝度光科学研究センターと東北大学、ドイツ・バイロイト大学バイエルン地球科学研究所などの国際研究グループは、地球深部にある上部マントルと下部マントルの境界がプレート沈み込み帯付近で陥没する原因を解明し...

コペルニクスの地動説からマントル対流、地下資源、地球温暖化など幅広い内容を扱った。

その結果、大陸プレートの下に沈み込む海洋プレート下のマントルに、地震波速度が顕著に遅くなる異常体が存在することが分かった。

地震や火山の成因解明には、プレートの沈み込みによる地殻応力場の変化やマントル対流などを知る必要がある。だが、従来の地震波データ解析手法では、マントル対流のような動的な情報は分からなかった。 &...

上部マントルと下部マントルの相互作用の理解や地球の化学的進化の解明につながると期待される。 ... マントルは鉱物学的に上部マントルと下部マントルに分かれる。境となるマントル遷移層は...

窒素は石英層に取り込まれ、一緒に下部マントルまで運ばれて蓄積する。... この石英層は下部マントルまで分解せずに到達し、窒素は下部マントルの構成鉱物に貯蔵される。

地球の全体積の55%を占める下部のマントル全域に存在すると考えられている。... 高温高圧実験でアルゴンの密度を計算すると、地球マントルを構成する鉱物より軽いことが分かった。マントル深部に存在...

我々はこれらの地質構造の発達過程が海底熱水活動域の存在にも影響すると考えており、特にマグマ生成の場となる海洋地殻と最上部マントルの境界に注目して研究している。 ... かんらん岩の組...

▽石井良太(京都大学)「超ワイドギャップ半導体光物性を可視化する深紫外近接場光学顕微鏡の開発」▽井上正樹(慶応義塾大学)「人と調和するエネルギー管理システム設計論」▽今...

独自の高温高圧実験から、マントル主要構成鉱物の相転移を決定した。... 地球マントルは、深さ660キロメートル付近で上部マントルと下部マントルに分けられる。... 上部、下部マントルが同じ主要鉱物から...

また、この余効すべりと地殻下にあるマントルの流動との相互作用が、地盤沈降の回復に大きく影響することが分かった。

地球内部ではマントルが対流し、地表に熱を放出しているが、この対流様式などはよく分かっていない。 ... 地殻下にある上部マントルと、より深部にある下部マントルとの接合面付近の層につい...

10年に再発・難治性低悪性度非ホジキンリンパ腫およびマントル細胞リンパ腫を適応症とするトレアキシンとして国内製造販売の承認を取得。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン