電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

455件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

日本ゼオン、米新興に投資 原料製造を脱炭素化 (2024/2/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

化石燃料を燃焼させる通常の反応器から代替することでアンモニアからの水素製造、二酸化炭素(CO2)とメタンからのメタノール製造時などのCO2排出量の削減が可能になる。

ニッポンの素材力 トップに聞く(7)日本酸素HD社長CEO・浜田敏彦氏 (2024/2/22 素材・建設・環境・エネルギー2)

ただしカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GHG〉排出実質ゼロ)への配慮から、二酸化炭素(CO2)回収やメタノール合成などのプロセスが一緒になった事業が求められてくる。

国内3社“全方位戦略”、メタノール・水素の使い分け探る 最大の焦点はアンモニアが船舶の脱炭素燃料として普及するかどうだ。候補はほかにグリーンメタノールや水素がある。 ...

温室ガス削減量売ります 商船三井など、トークン化 (2024/2/19 生活インフラ・医療・くらし)

開発にあたり、商船三井が加メタネックス・コーポレーションとの取り組みでバイオメタノール燃料を使った運航により創出したGHG排出削減量をトークン化し、実証した。

H2グローバル財団は2021年に設立され、世界60社以上の企業が活動を支援しており、欧州でアンモニアやメタノールなどの水素派生商品の取引所を設立している。

インタビュー/三井E&S社長・高橋岳之氏 脱炭素へ市場見極め (2024/2/1 機械・ロボット・航空機2)

液化天然ガス(LNG)は高コストで完全な脱炭素にならず、メタノールは供給が需要に追いついていない。

日立造船系、舶用エンジン設備増強 熊本・長洲町と立地協定 (2024/1/31 機械・ロボット・航空機1)

日立造船マリンエンジン(HZME、熊本県長洲町、山口実浩社長)は、メタノールと液化天然ガス(LNG)を燃料とする舶用エンジンの関連設備を増強する。....

展望2024/三菱ガス化学社長・藤井政志氏 CO2回収、メタノールに (2024/1/25 素材・建設・環境・エネルギー2)

水素を中心に据えてメタノールなどがつながる。... 例えば岡山の水島コンビナートで製鉄業や石油化学が出した二酸化炭素(CO2)を集めたり、豪州から水素を調達したりなどしてメタノールを作...

川汽、省エネバラ積み船発注 日本シップヤードに (2024/1/22 生活インフラ・医療・くらし)

環境負荷の低いメタノール燃料への転換を想定して設計した“メタノールレディ”船となる。

自動車用流体制御システムの設計・製造を手がけるMMMは、培ってきた加工技術などを生かしメタノールと水で水素を生成する装置「メタノールリフォーマー」の製造を始めた。

植林で育てた木材資源を活用した低炭素メタノールやバイオエタノールの生産を推進し、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)や循環型社会の形成を後押しする。

展望2024/商船三井社長・橋本剛氏 世界と戦える人材育成 (2024/1/16 生活インフラ・医療・くらし)

多くの港に入るコンテナ船や自動車船では安全面から、多元燃料船でのグリーンメタノールやバイオ燃料など複数燃料の併用が有望だ」 「アンモニアは製造工程の特徴からメタノールより安価になると...

さらにエネルギーと化学・金属の部門がしっかり組むことで、クリーンな水素・アンモニアやメタノールなどサステナブルな案件が育ってきている。

大同メタル、船舶・産業向けエンジン軸受で中・韓開拓 (2024/1/12 機械・ロボット・航空機)

船舶分野ではメタノールやアンモニア、水素など次世代燃料への移行が進む。

マースクはメタノール燃料船に関する知見やグリーンメタノールの調達網などを持つ。三菱ガス化学はバイオメタノール生産の知見などを有する。それぞれの強みを組み合わせ、国際的な貿易港である横浜港でのグリーンメ...

住友化学、CO2からメタノール高効率製造 愛媛に試験設備 (2023/12/14 素材・建設・環境・エネルギー1)

住友化学は愛媛工場(愛媛県新居浜市)で、二酸化炭素(CO2)からメタノールを高効率に製造するパイロット設備の運転を始めた。従来のCO2からメタノールを製造する技術に比べ...

メタノールや合成樹脂、塗料など多岐にわたる化学品の流通は、一つの商材の用途や顧客が多い上に取引の規模や頻度もさまざまだ。

出光、米社から合成メタノール 調達・事業開発で協業 (2023/12/5 素材・建設・環境・エネルギー1)

出光興産は合成燃料を製造するHIFグローバルの米国子会社と、同グループからの合成メタノール(e―メタノール)の調達および合成メタノールの事業開発に向けた検討に共同で取り組むことで合意し...

商船三井、バイオ燃料船の運航成功 (2023/11/30 生活インフラ・医療・くらし)

使用したバイオ燃料は、従来の廃食油とメタノールを化学処理して生成するバイオ燃料に比べ低コスト化が期待される。

商船三井、台湾で洋上風力メンテ船を建造 (2023/11/23 生活インフラ・医療・くらし)

メタノール燃料に対応できる設計とする。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン