60件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

塩ビ工業・環境協会(VEC)は、メタルハライドランプを用いた樹脂製建具の促進耐候性試験法の日本産業規格(JIS)化を目指し、7月中に申請を行う。

シーシーエス、画像処理検査向け光源 明るさ1000万ルクス (2018/9/24 電機・電子部品・情報・通信)

明るさは、画像処理検査用として最も明るいメタルハライドランプの約2・5倍、発光ダイオード(LED)タイプの約7倍。... メタルハライドランプを複数台使って照度を高める場合は、1台で済む利点がある。レ...

ゴルフ練習場用に最適な照明−日動工業、300m先まで明るいLED (2017/6/28 電機・電子部品・情報・通信2)

スクエアマックス600Wの投入により、既存のゴルフ練習場に多いメタルハライドランプ照明からの置き換えを狙う。... 20台導入する場合、メタルハライドランプ照明に比べて電気代を年間66%以上削減できる...

IDEC、高効率スポット照明開発−消費電力30%削減 (2016/11/17 電機・電子部品・情報・通信2)

スポット照明の光源は、従来のメタルハライドランプからLEDへの置き換えが始まっている。

並行して全工場の照明を水銀灯から発光ダイオード(LED)やセラミックメタルハライドランプに交換を進めており、今秋中に完了予定だ。

ワキタ、電子安定器を採用した投光器 (2016/3/15 機械・ロボット・航空機1)

照明は出力700ワットのメタルハライドランプを使用し、別売りの発電機から電源を供給する。

ワキタ/LEDランプ使用の投光器 (2016/1/25 新製品フラッシュ2)

メタルハライドランプ400ワット相当の明るさで、従来品に比べ素早い点灯・再点灯が可能。

アイリスオーヤマ/スポットライト46%に小型化 (2016/1/18 新製品フラッシュ2)

セラミックメタルハライドランプと比べて消費電力を約65%削減する。

岩崎電気、消費電力6割削減−テニスコート専用LED照明器具 (2015/12/3 電機・電子部品・情報・通信2)

消費電力1000ワット相当のメタルハライドランプを用いた従来品と同等の明るさで、消費電力を約6割カット。

工場照明などに使われるメタルハライドランプで400ワット相当の明るさが得られる。... 水銀灯やメタルハライドランプなどの光源からの置き換えを提案する。

従来のメタルハライドランプや水銀灯などに比べ、約半分の電力消費で同等の明るさを可能にした。

船に10―15個ほどのメタルハライドランプ(メタハラ)をつり下げてイカをおびき寄せる。

水銀灯やメタルハライドランプからの置き換え用途で年間1万台の販売を目指す。

またコンパクトメタルハライドランプ(CDM)や高輝度放電灯(HID)分野などニッチ市場では強い。

特殊光源形状で照射のムダを省いたメタルハライドランプを使用しており、異素材を組み合わせた反射板によって2000種類以上の光を表現できる。

同製品はハロゲンランプやメタルハライドランプなどが搭載された光源装置を置き換えるのが狙い。高出力LEDと集光技術によって250ワットのメタルハライドランプを超える明るさを実現したのが特徴。

新LED照明付器具「XIシリーズ」は70ワットの消費電力で水銀灯700ワット級、メタルハライドランプ400ワット級と同等の明るさが得られる。

メタルハライドランプなどの高輝度放電灯(HID)での実績があるからこそという面もあるが、やはり他社よりも性能で優位だと認めてもらえているからだ。

日立アプライアンスは施設用LED照明「高天井用LED器具メタルハライドランプ1000クラス中角・広角」(MTE4401NN―J24など3機種)を発売した。メタルハライドランプ1000ワット形や水銀ラン...

ワキタは出力700キロワットのメタルハライドランプを採用した小型・軽量の投光器「ぼんぼり君=写真」を発売した。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる