電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

78件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

老化を高精度で測定 レリクサが今夏日本人向け提供 (2024/5/28 中小・ベンチャー・中小政策)

DNAメチル化情報は細胞の分化や老化に関わる反応で、たんぱく質や遺伝子発現マーカーなどと比べ定量性が高く頑健性があることから、欧米を中心にデータの蓄積や研究が進んでいる。... 欧米ではすでに医療機関...

研究グループはこれまでに、受精後の胚成長に生殖細胞のDNAメチル化が必須であることを発見。さらに、DNAメチル化修飾はDNMT3AとDNMT3Lというたんぱく質により導入されることを見いだした。...

生体内で合成されたtRNAは、不要な部分を取り除くスプライシングや、メチル化、硫黄化、アセチル化、アミノ酸付加などといった化学修飾のプロセスを経て「成熟」し、機能を発揮できるtRNAになる。tRNAの...

DNAのメチル化は遺伝子発現の異常に関わっている。... DNAメチル化の計測システムの違いで生じるバイアスやノイズの影響を緩和する。まず9756サンプルの大規模なメチル化データから潜在特徴を抽出した...

この時、代謝酵素のメチル化修飾の有無が薬剤耐性を得るための代謝経路切り替えのスイッチとして働くことが分かった。薬剤抵抗性乳がん株ではメチル化レベルが高かった。 そこで、マウス実験で酵...

研究グループは、腸上皮化生細胞には特有のDNAメチル化異常が蓄積していることを発見。DNAにメチル基が結合するDNAメチル化異常はがん抑制遺伝子の機能をなくし、がん化につながる。 &...

大塚薬の新規抗がん剤、欧で製販承認取得 (2023/9/21 生活インフラ・医療・くらし)

INAQOVIは、1日1回5日間服用した後、23日間休薬することを1サイクルとした経口のデオキシリボ核酸(DNA)メチル化阻害配合剤の抗がん剤。現在承認されているメチル化阻害剤は静注製...

これをメチル化、ハロゲン化すると再度PEEKの重合に利用できる。 ... 分解反応の触媒化を進める。

研究グループはこれまでに、受精後の胚の成長に卵子のDNAメチル化が必須であることや、このメチル化に重要な酵素を発見。 ... だが、ゲノムの大半を占める残りの領域でのメチル化の仕組み...

ヒドロキシメチル化されたDNAの結合たんぱく質を組み替えるなどし、発光基質などと混ぜるとヒドロキシメチル化部位で発光するようにした。... ヒトゲノムDNA中のシトシンはメチル化などの修飾により遺伝子...

細胞の分化や老化に関わる反応である「デオキシリボ核酸(DNA)メチル化」の維持に必要な分子「UHRF1」が関節炎組織で多く発現することが分かった。... そこでメチル化したDNAと結合...

破骨細胞の制御には従来注目されてきた低酸素誘導因子でなく、デオキシリボ核酸(DNA)の炭素原子の化学修飾「メチル化」関連分子が重要だった。メチル化DNAの酸化反応を担う酵素を欠損したマ...

次にデオキシリボ核酸(DNA)のメチル化修飾の低下を起こし、胎内後期の状態を再現。... 作製した精子幹細胞は、標識分子の変遷や産生するリボ核酸(RNA)、細胞分裂の周...

医療改革 次世代がん医療を語る(6)リキッドバイオプシー (2021/8/19 素材・医療・ヘルスケア1)

腫瘍細胞の量がごくわずかな早期病変を検出するにはctDNAの変異だけでなくメチル化を調べる、あるいはマイクロRNAなど、がん細胞に由来するさまざまな物質の変化を統合的に評価する検査法を開発し、がん検診...

従来の100分の1の約10ナノグラム(ナノは10億分の1)のDNAで、疾患や発生・分化に関わるメチル化状態を調べられる。... 以前のDNAメチル化解析手法は短いDNAを読み取るもので...

妊娠中の運動、子の肥満防ぐ 東北大が解明 (2021/4/9 科学技術・大学)

SOD3は親マウスの母体内で子マウスの肝臓に働きかけ、遺伝子の発現を増強する変化である、デオキシリボ核酸(DNA)脱メチル化を介して、主要な糖代謝遺伝子の発現を増加し、肝機能を増加させ...

一度に大量の遺伝子配列解析を行う「次世代シーケンサー」を使い、加齢の父親マウスの精子を用いて全遺伝情報(ゲノム)の化学修飾の役割を持つメチル化について解析。加齢マウスの精子DNAに96...

インクォヴィは、デオキシリボ核酸(DNA)のメチル化を阻害することで、がん抑制遺伝子の発現を回復させる。

“腹利” 社食で健康増進 (2020/1/7 深層断面)

同社は社員向け健康メニューの開発を通じ、減塩調味料などの商品化にも積極的に取り組む方針だ。 ... 内臓脂肪を減らす効果があるという農研機構開発のもち麦「キラリモチ」を白米に50&#...

メチル化など、DNAへの化学修飾状況(エピゲノム)を読み取れ、2021年に試作機の提供を始める。... 細胞の中ではメチル化でDNAの働きが調整され、メチル化の異常はがんにつながる。....

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン