電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

462件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

シミュレーションで探査機が天体に衝突する様子をモデル化。

供給と稼働を安定的に支える工場内のバリューチェーン(価値の連鎖)による全体最適化が評価されたという。 ... 工場内のバリューチェーンとしては、例えばハードウエアの設...

人が不正に走る仕組みのモデル化としては「不正のトライアングル」が有名だ。... 最後は正当化である。... 経理現場の不正でも前述のモデルはよく当てはまる。

NTT、OISTと連携 基礎研究の成果をAIに (2024/3/29 電機・電子部品・情報・通信)

基礎研究を通じて自然現象の原理や人間の情動のメカニズムを解明し、環境問題の解決やウェルビーイング(心身の幸福)の最大化を目指す。基礎研究の成果を人工知能(AI)としてモ...

基盤モデルと研究自動化(3)創造的な仕事に活用 (2024/3/28 科学技術・大学1)

煩雑なデータ整理の自動化のような地味な仕事以上に、研究仮説の生成や発見支援、複雑科学のモデル化などの創造的な仕事への活用が期待されている。... 従来は科学シミュレーションをAIで高速化するサロゲート...

国産生成AI基盤の未来 NTT「ツヅミ」始動(1)「小鼓」の特徴生かす (2024/3/25 電機・電子部品・情報・通信)

LLMはテキストデータを学習させて次の単語のつながりを高精度に予測し、文書作成などを自動化するモデルだ。... 川添副社長は「ベースとなる部分は徹底的に一番効率の高い基本知識をモデル化する。その上に用...

「生命研究で三つの基盤モデルを開発する」と語るのは、理化学研究所生命機能科学研究センター副センター長の泰地真弘人さん。... 「基盤モデルが分野をつなぐ役割を果たす」という。...

米CES、日本勢が最新技術 ソニー、XRで3Dモデル制作 (2024/1/10 電機・電子部品・情報・通信)

吉田憲一郎会長兼最高経営責任者(CEO)は、XR環境で実寸大のモデルを確認しながら、「クリエーターが3次元(3D)モデルを制作、修正できるようになる」と説明。... パ...

都10部局、新興14社と連携 都政現場の課題解決 (2023/12/29 中小・ベンチャー・中小政策)

例えば、都市整備局は歴史的建造物の情報発信や来訪者の増加につながる分析ツール、港湾局は飛行ロボット(ドローン)映像や写真を3次元(3D)モデル化し、現場に行かずに港湾施...

JR西、先端技術で便利に 高精度AIダイヤ復旧 (2023/11/27 生活インフラ・医療・くらし)

スマートロッカー拡大 JR西日本は人工知能(AI)やスマート化技術などの先端技術を応用し、業務品質向上やサービス拡充を進める。... AIのダイヤ復旧への活用は仮想線...

この課題に一つの解を与える可能性があるデジタルツインは、現実の世界に存在する物質や装置を計算機上でモデル化し、それらの状態や動きを実際に実験を行わずに計算機上で精密に予測する技術であり、航空機のジェッ...

大学、研究機関、医療機関、企業をネットワーク化しており、複数者をつないだプロジェクトを企画できる。... 同キャンパスでは従業員、求職者、学生に、高度なバイオ製造プロセスで重要となるデジタル化や自動化...

研究内容は制御理論という学問を切り口とした免疫システムの数理解析で、理化学研究所との共同研究にも携わり、生体内の実験データに対し、数理モデル化した後に挙動解析を行う分野の研究に熱中しました。

技研製作所、遠隔・自動で杭圧入 新手法開発 (2023/11/2 素材・建設・環境・エネルギー1)

生産性3割向上 技研製作所は地中に杭(くい)を打ち込む圧入施工で、作業を大幅に効率化する手法を開発した。... オペレーター業務の軽減や省人化によ...

一方で小さなキズの検出には、検出コイルを小型化し、複数配置することが有利だ。... そこで私たちは独自に開発した電磁場解析コードを用いて、伝熱管形状などを正確にモデル化。検出および励磁コイルの形状や配...

そこで光通信ノイズをモデル化し、信号品質を計算できるようにした。... 標準化活動を進め普及させる。

アイシン、設備移設を仮想空間で検証 子会社に展開 (2023/10/13 自動車・モビリティー)

アイシンは生産現場を3次元(3D)モデル化し仮想空間上に再現する活動を「ファクトリービュー」の名称で運用している。... 3Dモデル化の作業では独ナビビズ(ミュンヘン)...

5日に都内で開いた会見で三菱電機の加賀邦彦専務執行役は、「特に課題が大きいと認識するのは家電空調や工場自動化(FA)といった領域で、大量生産によってモノを提供している」と述べ、こうした...

日立プラントサービス、クラウドで設備・機器を遠隔監視 (2023/9/29 電機・電子部品・情報・通信)

人工知能(AI)の活用で保守熟練者のノウハウをモデル化し、異常の早期発見も支援する。監視における人手不足解消に貢献し、業務効率化を支援する。... 同社および導入企業の設備保守で従来の...

インタビュー/NEC執行役Co-COO・堺和宏氏 新体制、製品軸で収益管理 (2023/8/30 電機・電子部品・情報・通信1)

(顧客と向き合う)個別SIではモデル化と自動化を駆使し、生産性を高め、少人数でも数多くの案件を素早くこなすようにしたい。“モデル化SI”の推進チームを作り、スピードを価値として認めても...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン