電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

464件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

アマダ、レースチームとスポンサー契約 (2024/2/28 機械・ロボット・航空機2)

インディ500は米インディアナ州で開催される米国最大のモータースポーツイベントで、世界三大レースの一つ。

研究成果をモータースポーツ活動などで実証し、建設・鉱山車両用タイヤや、環境性能と運動性能を両立する商品設計基盤技術「エンライトン」への実装を目指す。

休日は趣味のモータースポーツでリフレッシュしている。... 私のモータースポーツの楽しみ方は二つある。... モータースポーツに関心を持ったのは九州大学の学生の頃から。

既存の手動変速機(MT)に加えATを用意することで、走る楽しさやモータースポーツの裾野の拡大を期待。... 日産モータースポーツ&カスタマイズ(神奈川県茅ケ崎市)...

60周年を迎えたモータースポーツ活動について「変わらないものはパッション。... 参加したレースや挑戦の歴史を振り返りつつ「思いはずっとつながっている」とし、モータースポーツ活動関...

トヨタ、タイの10時間耐久レースにプリウスで参戦 (2023/12/19 自動車・モビリティー)

モータースポーツを起点にCNに向けた取り組みをアジア地域でも加速する。

ブリヂストンはモータースポーツ活動60周年に合わせて、サステナブル(持続可能)を重視した取り組みを強化する方針を示した。... モータースポーツ活動を通じて、タイヤ...

トヨタ自動車は2024年もラリーやレースといったモータースポーツ参戦を通じて、車両の性能を鍛え・磨く「もっといいクルマづくり」と関連する人材育成に取り組む。

モータースポーツの普及が自動車産業の活性化を後押しする。 ... 日本の競争力を支える自動車産業だが、モータースポーツに対する認知は一部に限られている。トヨタではラリーチャレンジなどの活動を通...

このうち、キャンプやモータースポーツなどの趣味を軸とした「部活」ではスバル車の独自の使い方などの情報を、「保健室」では安全機能などの体験談を、「カフェテリア」では自己紹介などをそれぞれ投稿、共有できる...

トヨタ自動車は2024年も世界ラリー選手権(WRC)や世界耐久選手権(WEC)に参戦し、モータースポーツを起点とした「もっといいクルマづくり」を進める。... トヨタの...

WRC日本大会閉幕 “世界トップの走り”身近に (2023/11/20 自動車・モビリティー)

走行距離は道が車を鍛えることにつながり、トヨタ自動車ではモータースポーツを起点とした「もっといいクルマづくり」を進めている。... 最近ではモータースポーツの現場が脱炭素化技術の実証の場ともなっている...

モータースポーツの厳しい環境で磨いた水素エンジン技術を生かし、10月末に豪州の公道で走行実証を始めた。

モータースポーツ参戦は次代を見据えて新事業領域を切り開く『挑戦』を象徴するもの。... 提携で普及を推し進めていく」(横浜・青柳一弘) チェックポ...

娯楽やモータースポーツも含めてEVの可能性を広げることで「より幅広い皆さまに楽しさをお届けできるようになる」と将来を展望する。

トヨタ、EVコンセプト2種 「生活のパートナー」に (2023/10/17 自動車・モビリティー)

スポーツタイプの「FT―Se(エフティー・エスイー)」はモータースポーツを通じて磨く「もっといいクルマづくり」を反映し、新たなスポーツカーの姿を提示。

大王製紙、車部品にCNF複合樹脂 サンプル提供積極化 (2023/10/12 素材・建設・環境・エネルギー2)

大王製紙は従来、モータースポーツの車両や観光バスなど単体へのCNF部材供給を行ってきた。

モータースポーツ用シートメーカーであるブリッド(愛知県東海市)の製品で、裕進運輸も開発に協力した。

レース通じて交流、「絆」強める マツダがモータースポーツをきっかけとしたファン層拡大に注力している。... 目玉の一つで、決められた燃料で3時間低燃費かつ安全に走りきる耐久レース「E...

ラリー北海道にはトヨタのモータースポーツチームから、2人の選手が出場した。... 豊田会長は「エンジン音など五感が重要なモータースポーツを楽しむための、選択肢の一つだ」と力を込める。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン