166件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

ヨウ素を材料とする有機系のペロブスカイト電池や、異なる素材の電池を組み合わせるタンデム化を研究する。

がん細胞にヨウ素を取り込ませてX線照射で電子を発生させ、がん細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を切断して細胞死させる。... 研究グループはヨウ素を含んだ多孔性シリカを合成し、がん細胞の塊で実験した。粒...

高いヒドリド伝導を持つ化合物に、電荷密度の小さい塩素や臭素、ヨウ素からなるハロゲンを加えた。

激動の経営/キミカ(1)SDGsに貢献 (2021/5/11 中小・ベンチャー・中小政策)

そのため焼いて灰にし、カリウムやヨウ素を回収していたが、第二次世界大戦下の物資不足の中、文雄は「さらに高度に利用できないか」と考え、漂着海藻からアルギン酸を抽出して利用することを構想した。

さらに、同層はメタンやヨウ素を多く含む特殊環境であるにもかかわらず、この古細菌以外にも多様な微生物群集の存在が確認できた。

ヨウ素学会、24日に高校生向け講演会 (2021/1/18 科学技術・大学)

ヨウ素学会は24日10時から高校生を対象にした講演会を開く。... 千葉ヨウ素資源イノベーションセンター、ちば国際コンベンションビューローとの共催。ヨウ素の用途や製造方法などを海宝龍夫ヨウ素学会理事(...

装置は使用する薬品に応じて複数種類ラインアップしており、ヨウ素やホウ酸、水酸化ナトリウムなど20種類以上の薬液に対応している。

「東日本大震災の時は“ヨウ素入りのうがい薬を飲めば放射性物質の影響が低減する”などの発信元が怪しい情報が伝わったが、今回は純然たる公的機関の発した情報という点で性質が異なる。

基板上の薄膜状の物質をヨウ素溶液に浸し、その酸化作用を使って電子を抜き取ると、高いp型伝導性と透明性を同時に示した。ヨウ素溶液による酸化反応により、ニオブ原子と酸素原子が作る特殊な電子状態をうまく調節...

原発で冷却機能が失われるなどの事故が発生した場合、おおむね5キロメートル圏内の住民は放射性物質が放出される事態に至る前に、避難を始めたり、被ばくを低減するためのヨウ素剤を服用したりする。

量研機構など、熱利用水素製造を7割省エネ 膜透過抵抗を低減 (2020/4/17 国際・商社・科学技術・大学)

そのため、二酸化炭素排出ゼロの製造法として、ヨウ素と硫黄の化合物による三つの化学反応を組み合わせて水素を得る「ISプロセス」が注目されている。

従来のヨウ素を電解質に使用した色素増感電池と比べて安全性のほか、高い開放電圧を得られる。

三洋化成はヨウ素化合物メーカーの合同資源(東京都中央区)と共同で、この課題を解決する最適な分子量調整剤を開発した。

約30年前から販売するヨウ素系防カビ剤「ヨートルDP95」をシクロデキストリンでカプセル化して、水に溶けるようにした。

三菱ガス化、新潟で水溶性天然ガスなど増産 (2019/9/18 素材・医療・ヘルスケア)

三菱ガス化学は17日、新潟市内で水溶性天然ガスとヨウ素を増産すると発表した。... 生産能力は天然ガスが年約2000万立方メートル、ヨウ素が同約400トン。 今回の開発では、地下水を...

平沼産業/水分量1マイクログラムまで測定 (2018/10/22 新製品フラッシュ2)

ヨウ素と反応させ水分量を計測する、カールフィッシャー電量滴定方式を採用。

つまり、日本はヨウ素を原料として海外に輸出する一方、X線造影剤などヨウ素を使った製品の多くは海外から輸入しているのだ。... ヨウ素は今後も需要の伸びが予想される。... 同年からヨウ素学会理事。

平沼産業、水分測定装置 1マイクログラムまで定量可能 (2018/9/20 機械・ロボット・航空機2)

ヨウ素と反応させることで水分量を計測する、カールフィッシャー電量滴定方式を採用した。

水をヨウ素(I)や硫黄(S)の化合物と化学反応させるISプロセスを使えば、高温ガス炉にマッチした900度Cの温度で水素を製造できる。

原子力機構ではこのため、ヨウ素と硫黄を用いて高温ガス炉にマッチした温度レベルで水を分解して水素を製造する原理を世界で初めて実証した。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる