74件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

幅広い分野に向けて少量多品種生産を可能にした製造ライン、生産管理システムが強みだ。 ... IoT(モノのインターネット)機器を活用して、製造ラインの情報を一元化した生産管理システム...

生産工場内に新たにバディ専用の生産ラインを確保する。当初予定していたセル生産方式から、ライン生産方式に変更して増産を図っていく。専用生産ラインの正式稼働は21年12月を目標とする。

【電子版】先週の注目記事は? (2020/10/27 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(10/19~10/25) 1位 ソニー、アップルにHMD向けディスプレー供給 新たな収益源 2位 日立建機、欧...

従来は多品種少量生産に適したU字型生産ラインでモーターを製造していたが、新たに量産用ラインを構築。... 同社では需要が増えても人員を増やさず、30%増の生産を可能にする体制の構築を目指す。... 一...

DMG森精機、独に自動化モデル工場 生産性3割向上 (2020/10/20 機械・ロボット・航空機1)

効率的なライン生産により生産性が従来比30%向上し、年間生産能力を1000台(従来は600台)に拡大した。 新施設「モノブロック エクセレンスファクトリー」は延べ床面積4000平方メ...

主力工場の滋賀工場(滋賀県近江八幡市)ではライン生産でエンジン式とバッテリー式の両フォークリフトやショベルローダーといった機種を「1個流し同期化生産」する。... 直近では生産ラインを降ろした後に取り...

そこで1日7時間の2交代制を導入した」 ―自社一貫生産の専用機生産で交代制は難しいのでは。 ... ライン生産ではないから交代制は難しいが、人の命がかかっている。....

「エキスパンダー」と呼ばれる制動装置(ブレーキ)の機構部品の加工工程に約2億円を投じ、作業員が介在したライン生産から、加工機とロボットを組み合わせたセル生産に転換。... セル生産ラインでは現在、1日...

これにより生産能力5割増を目指す。... 従来の2倍以上のスペースを確保し、セル生産方式からライン生産方式に切り替える。

製造現場、DXの波到来 AIが生産計画を自動立案 (2020/5/19 電機・電子部品・情報・通信2)

これまで生産計画や要員計画は業務を熟知している熟練者が工場、ライン、生産品目や設備、納期、コストのほか作業者のスキルや勤務シフトなどの制約条件と過去計画履歴やノウハウに基づき立案していた。... 製造...

設備のほかにも、ライン生産の考え方を導入し、生産面でのコスト削減につなげる。... 生産するH3用部品は、第1段エンジンと第2段エンジンの液体水素や液体酸素のターボポンプ向け部品。... H3用部品は...

諸岡、木材破砕機で新工場 組み立て集約で納期半減 (2019/12/20 中小企業・地域経済1)

キャリアダンプなど多くの製品は、ラインに流しながら部品を組み付けるライン生産方式で製造している。... 本社工場に二つの生産方式が混在することが、生産効率低下の要因になっていた。 ....

明治、茨城工場に冷凍食品の新ライン 生産能力1.5倍 (2019/8/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

新ラインではドリア、リゾット、丼商品などを生産し、炊飯と具材のトッピング工程の自動化を図るなど生産効率を高めた。生産能力は従前に比べ約1・5倍に拡大した。... 新ラインで満足丼やリゾットなどを生産し...

5月に稼働し、工作機械の生産能力を現状比3割増強し、自動加工ライン生産を強化する米中2工場への単体機出荷も増やす。... 自社単体機が核の自動加工ラインの生産工程も他棟から移して単体機の工程と直結し、...

同社は機械単体だけでなく前後工程を組み合わせたライン(写真)受注を強化しており、その生産能力を高める。 ... 築約50年の本部・名古屋工場は老朽化しているうえ動線が悪く、広いスペー...

新たにベトナムに進出して10月に生産を始めたほか、2016年に現地の同業を買収したタイでは生産性向上のため工場の全面改築を進めている。... これまでは、買収前の生産のやり方を踏襲してきたが、タイ人ス...

当社は、ライン生産とセル生産を組み合わせた独自の生産体制を構築している」 ―具体的にどのような体制でしょうか。 ... 生産量が増えてからは、営業は納期が一定の期間...

工場も一品一様が得意、混流生産に強い、ライン生産主体などの差がある。... 生産技術などの意見交換も進める。... 三菱ブランドのエンジンフォークリフトの一部生産は京都から滋賀の混流生産ラインへ移管。

総生産の約8割を占める12の工場で工場全体や生産ライン、設備の稼働データを収集し、見える化する仕組みを導入。... 従来はライン生産を採用していたが、大口取引先である自動車・自動車部品メーカーからのコ...

第二工場稼働以降はシート関連の生産が増えた。... シンガポールや米国などにも生産拠点があるが、そのうち約6割を宮崎で生産した。 ... 実現すればライン生産を拡大することとなるため...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる