5,880件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

公表したプロジェクトの一つが、最大の海ゴミである漁具をリサイクルする課題の洗い出し。

製鉄所や発電所などから排出される二酸化炭素(CO2)を回収し付加価値のある製品にCO2を有効利用する「カーボンリサイクル技術」は気候変動対策の一つとして期待されている。現在、無筋コンクリート製品を対象...

出光、フィルム型太陽電池モジュール 3分の1に軽量化 (2020/8/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

リサイクルでは、ソーラーフロンティアの生産拠点である国富工場(宮崎県国富町)に市販サイズのモジュールを処理する実証プラントを構築し、リサイクル技術を連続運転で実証する。

東洋紡は成長戦略の重点項目にバイオポリマーやリサイクル技術の開発を掲げる。

J&Tなど4社、22年春メタンガス発電開始 新会社設立 (2020/8/4 機械・ロボット・航空機2)

1日最大40トンの食品廃棄物を新施設で受け入れ、発電に生かすことで、食品リサイクルの向上につなげる。

【A】ペットボトルや食品トレーなどはリサイクルが進んでいますが、パッケージや容器などに使われた他のプラスチックゴミの回収については、自治体によってルールがバラバラなのです。... 【A】これまで3R(...

認証対象はオーガニック製品やリサイクル繊維を使った製品、動物福祉に配慮したウール・ダウンを使った製品など。

脱プラスチック、リサイクル、軽量といったニーズに応える製品だ。 ... さらに、紙管は段ボールと同じルートではリサイクルできず、利用者が分別する必要がある。

企業信用情報/30日 (2020/7/31 総合2)

【数字の見方】 (1)業種(2)所在地(3)資本金(4)代表者(5)負債額(6)事由 【30日】 ◎丈長屋ほか1社 (1)ガソリンスタンド経営ほか...

米ベンチャーのテラサイクルと協力して使用済みジップロックからリサイクル傘を作り、西武鉄道の都内と埼玉県の駅で9月から貸し出す。... リサイクル傘はNature Innovation Group(東京...

一方、カーボネクストはリサイクルした製品を販売している。... 同社では、すでに子会社の新菱(北九州市八幡西区)が日本で炭素繊維リサイクルを手がけているが、CFKが炭素繊維リサイクルで有するノウハウは...

規格外瓦のリサイクル材で、組合が一丸となって取り組むが「毎月かなりの量が蓄積され続けている」ため、頭を悩ませる。

国内でも古紙や古着などのリサイクル網が滞った。

双日はトクヤマ、ナノミストテクノロジーズ(徳島県鳴門市)と共同で、カーボンリサイクル研究開発事業を行う。... 取り組みは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)からカーボンリサイクルの技術開...

欧米発のスクラップが市場に流通しなくなった結果、「比較的割安感のある日本製スクラップにニーズが集まり、少ない玉を取り合う状態が続いた」(乗田佐喜夫日本鉄リサイクル工業会専務理事)。

中国電のCO2再利用技術、NEDOが事業採択 (2020/7/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

【広島】中国電力などが開発している「トリプルCリサイクル技術」が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の公募事業に採択された。... 同トリプルCリサイクルは石炭灰とコンクリート製電柱廃材を混...

経営ひと言/セメント協会・麻生泰副会長「水害復旧に貢献」 (2020/7/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

今回の水害による廃棄物も「セメント工場でのリサイクルを考えていかなければいけない」と復旧に一役買いたい考え。

容器包装プラの再資源化進む 鉄鋼大手、技術開発加速 (2020/7/27 素材・医療・ヘルスケア)

容器包装プラの処理方法には、粉砕後に再成形し再生材にする材料リサイクルと、ケミカルリサイクルがある。日鉄が採用するのはケミカルリサイクルの中の「コークス化学原料化法」。... 回収対象が広がり、処分量...

プラスチックや古紙などをリサイクルする静脈産業もコロナ禍の影響を受けた。... 土肥英幸環境・化学ユニット長は「欧州ではリサイクルメジャーが自動化や技術投資を進めてきた。

極東開発、秋田・鹿角でゴミ再資源化施設を受注 (2020/7/23 機械・ロボット・航空機1)

極東開発工業は22日、秋田県鹿角市の鹿角広域行政組合から、不燃ゴミリサイクルセンターの建設工事を受注したと発表した。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる