27件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

GMはリチウム金属電池やシリコン電池、全固体電池などの技術や生産方法について研究開発を進めている。

電気自動車(EV)はじめ家電・ドローン・航空宇宙などの次世代電池向けに、急速充電対応のリチウム金属負極と、固体電解質の技術を持つ。

ホンダは19日、電気自動車(EV)用電池の研究開発を手がける米SESホールディングス(HD、マサチューセッツ州ボストン)と、リチウム金属二次電池に関する共同開発契約を結...

ニュース拡大鏡/ソフトバンク・NTT、二次電池開発アクセル (2021/11/3 電機・電子部品・情報・通信)

ソフトバンクは2日、質量エネルギー密度を向上したリチウム金属電池や、全固体電池用正極材料の実証に成功したと発表した。... 質量エネルギー密度が1キログラム当たり520ワット時のセルのリチウム金属電池...

現在、最も注目され、ノーベル賞の対象にもなったリチウムイオン電池は日本で開発されたが、市場では中国や韓国などの企業が活躍している。... 対象の新型電池としてはリチウム金属空気電池、マグネシウム金属二...

施設では、リチウム金属電池や全固体電池などの次世代のEV用電池の開発加速を目指すほか、電池の生産方法を迅速に生産現場に伝える役割も担う。

【ソウル=ロイター時事】韓国の現代自動車は、リチウム金属電池製造の米スタートアップ企業ソリッドエナジー・システムズ(SES)に約1億ドルを出資した。... 米マサチューセッツ工...

我々は現在、リチウム金属を二次電池の電極として利用するための研究開発を行っている。リチウム金属は過去に実際に利用されていたが、発火事故など安全性が問題となり、姿を消していた。... 多くの研究は、市販...

リチウム空気電池は、リチウム金属が酸化するエネルギーを電気として取り出す仕組みだが、酸化には大気の酸素を使うから、電池に組み込んでおく必要がない。... さらにリチウムはイオン化しやすく、比重も小さな...

【実用化へ】 リチウム電池では、リチウムの分布の簡便な分析法が望まれているが、これまでは手法が限定されていて、実電池への適用は難しかった。最近、我々は汎用性の高いSEMによる反射電子...

約2年半の研究で、1キログラム当たりの電力密度が最高でリチウムイオン電池(LIB)の約2倍となる800ワット時の正極材料を開発。... 電極を作製し、負極にリチウム金属、数種類の電解質...

リチウムイオン電池(LIB)の電解液を固体電解質に置き換えた「全固体リチウムイオン電池」。... 東京工業大学の菅野了次教授は、負極にリチウム金属、正極に硫黄を用いた全固体電池を研究し...

首都大学東京の金村聖志教授らの研究チームは、新たな構造の「全固体リチウムイオン電池」の試作に成功した。... 負極にリチウム金属、正極にはコバルト酸リチウムを用いた。 ... 全固体...

電解質に固体材料を用いた「全固体電池」や、空気中の酸素を電池反応に使う「リチウム空気電池」など電池のタイプごとに研究チームを構成。... 全固体電池とリチウム空気電池の他に、現行のリチウムイオン電池で...

リチウム金属の負極と組み合わせた二次電池を試作し、100回の充放電を安定的に繰り返せることを確認した。... 試作した電池は、負極にリチウム金属、正極に現行のリチウムイオン電池で実用化されているリン酸...

【用語】アルミニウム二次電池=負極にアルミニウム金属を用いるタイプの二次電池。アルミニウム金属の容量は、1リットルあたり8000アンぺア時で、現行のリチウムイオン電池で利用されているグラファイ...

1960年頃より開発が始まり、リチウムイオン電池の実用化に伴っていったんは開発が低調となったリチウム金属電池。... リチウム金属電池は充電の際にリチウムが樹枝状(デンドライト状)に析...

携帯端末や電気自動車(EV)などに普及したリチウムイオン二次電池(LiB)。... レアメタルフリーで材料コストを抑えられるだけでなく、金属など無機系にないさまざまなメ...

電解液には溶出して使えない活物質を使えるようになり、理論的には最も高容量化できる正・負極である硫黄系とリチウム金属との組み合わせも可能性が出てくる。 ... この物質はリチウム10個...

三菱自動車は16日、東芝のリチウムイオン二次電池を今夏発売を予定する電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」の低価格モデルに搭載すると発表した。通常モデルは従来通り、リチウムエナジージャパン...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン